人気ブログランキング |

【6/30(日)】
*雪は初の記録会に出かけて行った。
一日がかりだし、会場に見にきてほしくないようなので、主人と海と私とでお買い物。

*夜は、先日届いたルウを使ってトマトハヤシ。
e0374581_19074381.jpg


玉ねぎ1.5個たっぷり使うのでまろやかになりそう(あっ、牛肉でなくて手軽に豚肉で作りました)
e0374581_19075506.jpg
海は大のトマト嫌い。
なので、このルウの箱がみつからないように隠しながら料理をして(笑)

完成!
e0374581_20525650.jpg

「できたよ~濃厚チーズのハヤシライス!(トマトハヤシとは言わない)」

美味しそう美味しそうと言いながら家族が集まってくる。
そして、まず主人が「美味しいねこれ!」
私:「海はこれどう?」
海:「すごくおいしいよ」
私:「じゃあこれまた買うね」
心の中でガッツポーズ!
ありがとうトマトハヤシ!
これからも買ったらすぐ箱は海にみつからないように隠しちゃうけど…
本名も呼んであげられないけど…(笑)
でも、ずっとお世話になります!


【7/1(月)】
*雨続きで洗濯物がカラッと乾かない。
この時期、仕方ないけど。
そして大雨被害がないだけ良いと思わなければ。

*マザウェイズ破産のニュースにびっくり。
人気店で、セール時期などめちゃめちゃ混んでいるのにね。
もともとお値段が手ごろなうえに、セール期の安売りは安過ぎると思っていたが、安くし過ぎたのか。

*今日は新しいスイミングスクール初日。
K美ちゃんママが乗せて行ってくれると言うのでお言葉に甘えて初回だけ親子で乗せて行ってもらう。
IDカードの通し方、更衣室などK美ちゃんが親切に海に色々教えてくれるので助かった。
「お母さん、一緒に来るの?泳いでるとこは見ないでしょ?」と聞かれたので、「見ないでほしい?」と念のため確認したらやはり「うん」と言うので、
「じゃあ…プールサイドに行くところまで見たら、抜けて、近所のスーパーでお買い物してるね」と言う。

月曜日は六時間で、学校が終わってから行くのがギリギリなので車になってしまう。
当面は車送迎するつもりだけど、いずれは五時間授業の水曜日に変更したい。

*夜ごはんはあじフライ、小松菜とベーコンのチーズ炒め、枝豆、茄子と大根と油揚げのお味噌汁。
今日から雪が塾に行く前に食べられるように、夕飯を準備することにする。

*塾、スタート。
月・火・金と週3回。
部活を早めに抜けてきて、夜ご飯を軽く食べてから行く。
塾に行っている子が部員の半分以上なので、抜けやすい雰囲気で、みんな好きなタイミングで抜けて行くそう。
帰ってきたらご飯の続きを温め直して食べ、ヨーグルトを食べ、シャワーを浴びて就寝。

今日は雨なので車で送迎する。

帰ってきたら、「楽しかった!」と言ってる。
「夜の学校みたいで楽しいね」と。
同じ水泳部一年生の男の子Mくんもいて、「俺も最近入ったんだよ」と言っていたらしい。
同じ日に入塾テストを受けたTくんもいるし、水泳部一年女子のHさんもいるし、知ってる顔ぶれがあるだけでもちょっと安心するだろうな。
違う学校の子がいるのもまた新鮮でいいよね。

Fちゃんからは、T子さんづてに「雪、〇〇(←Fちゃんの塾)に来て!雪と同じ中学のBくんもいるよ。一度見学においでよ。」と言われているが、駅が隣になってしまうし、
「こっちの塾のうちの中学へのテスト対策はFBI並みだから多分変えない」「駅もそっちよりこっちの方が近くて楽だから」「ごめんね」とお返事しておいた。
Fちゃんがいたら、毎回授業のあとに延々おしゃべりして帰りが遅くなりそうだし(笑)


【7/2(火)】
*K穂ちゃんはお熱&お咳でお休みなのでK美ちゃんとふたりでおうち遊び。
海の部屋に様子を見に行ったら穏やかに、可愛らしく遊んでいた。
このふたりだけだとわりと静かに、しっとりと遊ぶ。
K穂ちゃんが混ざると全員テンションが高めでとても元気。


【7/3(水)】
*K美ちゃんがお熱とお咳でお休み。
マイコを疑われ検査をしたら陰性だったそう。

*雨の予報だったのに朝からよく晴れ、お天気の気が変わるまでに急いで洗濯物干し!
雪の柔道着(体育で使用)も洗ったので晴れてくれて助かった。
タオルケットも洗ってしまおう。
空模様を見ながら、学校より帰宅した海のプールタオルや水着まで洗えてラッキー。

*お昼から小学校のボランティア。
今年はカーテンレール清掃ボランティアに選ばれた。
このボランティアは初登場だそう。
カーテン洗いボランティアは毎年あったのだけど、カーテンレールが何年も(何十年も?)洗っていなくて汚れているから
ボランティアに加えることにしたらしい。
新聞紙をちぎって濡らしてカーテンレールをこする。
ゴム手袋も新聞紙もバケツも委員の方が用意して下さっているのでただ掃除するだけ。
拘束時間も30分ぐらいと早くて楽だった。

*放課後はA香ちゃんが遊びに来る。
おやつのあとかるたで遊び、それから公園へ行った。

*夜ごはんはキャベツ、玉ねぎ、ピーマンを炒めて鮭のちゃんちゃん焼きを作る。
何度となく色々なレシピで作ってきたちゃんちゃん焼きだが、やはり好きではないという結論に。
鮭×味噌の組み合わせが好きじゃないのかも。
そういえば石狩鍋も好きじゃないし。
鮭には塩か醤油だと思う。

副菜で里芋と厚揚げの煮物。
丁寧に皮をむいてよく煮込んだ。
美味しくできた。


【7/4(木)】
*雨なので、海の習字教室へ車で送迎。
そのあと海のお友達の誕生日プレゼントを買いに行く。
猫耳付きのピンククッションにしていた。

*帰ってきたら、「お母さん、大きなカニ!」
赤いはさみの立派なサワガニが玄関前にいるのを海がみつけた。
雪に見せるためボウルをかぶせておく。
(外用のボウル、うちでは貝殻を洗うためにたくさん置いてある)
帰ってきた雪が手持ちの虫かごに水を入れ、ソイルを敷いて隠れ家も設置した。
第一発見者の海も、生き物好きの雪も自分の部屋で飼いたがるので、とりあえずみんなでお世話することにして玄関で飼っている。
サワガニ…定期的に家の周りに現れるんだよね。
雨上がりに、よく。

*夜ごはんは
・野菜(玉ねぎ、人参、ピーマン)たっぷり豚肉の生姜焼き
・甘い粉ふきいも(私の大好きな番組『やまと尼寺 精進日記』で作っていたもの)←砂糖、塩、青海苔で味付け
・野菜スープ(具は玉ねぎ、オクラ、ブロッコリー、コーン、ウィンナー)
主人は異動する同僚の個人的送別会(仲のいい3名)で牛タン屋さんへ行ったそう。

*水曜日のダウンタウンを見ていたら、ロケ先に偶然催眠術師の川上さんがプライベートでいたので笑う。
昨日子どもたちとイッテQ録画を見て、川上さんのかける催眠術で大笑いしたばかり。
「秒でかかる」谷まりあ、すごかったな。


【7/5(金)】
*起きてきた海が「喉が痛い、気持ちも悪い」と言うので学校をお休みする。
みんなの待ち合わせ場所に連絡帳を持って行った。
A香ちゃん:「K穂からK美ちゃんにうつって、K美ちゃんから海にうつったね」
そうかもしれないしそうじゃないかもしれないし、子ども同士はお互い様だからいいんだよ。
(K美ちゃんママからも「K美からうつってしまったのでしょう…ごめんなさい」とおじぎマーク連発のメールが届いたが、
「いえいえK美ちゃんのせいではありませんよ」と返す)

*風があり日も射して過ごしやすい日。
さっと外の落ち葉を掃いて家に戻る。

*午前中は海をお部屋で好きに遊ばせたりテレビを見せたりしていた。
海の部屋にある金魚水槽、餌やりで海が手を滑らせて餌ボトルの1/3の量がザーッと水中に入ってしまった!
すぐに海から報告を受けていたけれど、説明が分かりにくくて緊急性が伝わらず、私が見に行ったのが遅くて、
粒状の餌のほとんどが、底の砂利に沈んでいる。大量に。
最初はすくっていたけれど、きりがないので仕方なく重い水槽ごと外に運んでいき、金魚とコッピーは避難させておいて水槽を丸洗いした。
金魚用の玉砂利、可愛いからと海が入れていたのだが掃除をしないため水垢やコケで汚れてしまって、
砂利の間にもたくさんのゴミがたまってた。
「砂利は、まめにお掃除する人しか入れちゃだめ。掃除しないまま入れておくのが一番不衛生」と海に伝え、砂利をすべて撤去。
クリアなベアタンク、水族館のようで美しい。
帰ってきてそれを見た雪には「砂利は入れた方がいいよ。バクテリアが増えないから」と言われたが、
「でも砂利が茶色くなって見た目にも汚かったし、フンも溜まってるし…」と私が渋ったら
「じゃあフンはまめにスポイトで取ってあげて」だそう。
百均に、水槽掃除用の大きなスポイトが売っていると教えてくれたので近々買いに行こう。

*お昼前には海の具合が良くなり、喉は飲みこむ時に少し痛い程度になり、気持ち悪さもなくなった。
パン屋さんのパン3個のあとに卵かけごはんまで食べるほど元気だ(笑)。

午後は海に私のベッドで本を読んであげ、そのままカーテンを引いて暗くし、お昼寝させる。
昼寝嫌いの海は渋っていたが、やはり本調子ではないのでいったん寝たら3時間も寝た。

夕方は、珍しく一緒にお風呂に入る。
夜ごはんは餃子(冷凍)。
海が大喜び。
味の素餃子、パッケージ裏の作り方がより親切に写真入りになってた。
副菜はほうれん草のシーザーサラダにした。

*雨なので雪を塾に車で送る。
数時間後迎えに行ったら「今日はなんかわからないけどすごく楽しかった」と言ってる。
数学の先生が面白いらしい。

*雪が学校の技術のテストで描いた等角図とキャビネット図がA+で返ってきた。
枡目を使ってすごく綺麗に描けていて、美しくて見入ってしまう。
なんでこんなの描けるの?とうるさく質問していたら、こうやって書くんだよと書き方のルールが書いてあるプリントを見せてくれたが、
これを見ても私には描けない。
こんなの中1で習った覚えもないぞ。
(なお、主人に聞いてみたら、等角図もキャビネット図も描けるとのこと!)
雪、技術は得意らしく、テストやプリントはどれもAかA+だ。
最近雪がまぶしく見える。
知られざる得意分野がどんどん発掘されるというか、私にはないものばかり持っているというか…。


【7/6(土)】
*雨で気温も低いが雪は朝からプール。
「くらくらする、気持ち悪い」と言って途中で抜けて帰ってきた。
帰宅した雪を熱いお風呂へ直行させ、よく温まるよう言う。
つらくて体重を傘にかけながら杖のようにして歩いてきたので、途中で傘がボキッと折れてしまったそうで、ふたつに分かれた傘のパーツを持って帰ってきた。
折れたのはいいけどまだまだ梅雨は続くから、傘がないと困るね。
買わなくては。

三年生のU先輩がとても優しくて、プールサイドに上がって休んでいる雪を見て「大丈夫か?」と気遣ってくれたり、
先生に言いに行ってくれたり、更衣室へまで一緒に付き添ってくれたらしい(更衣室の鍵を開けて、また先生に戻すため)。
「本当に大丈夫か?先生に車で送ってもらうよう頼もうか?」と最後まで気にしてくれたそうだ。
水泳部の先輩たちはみんな優しくて校内でも有名なのだが、この先輩も生徒会をやっているだけあって人徳者、涙が出るほど優しい…。

*お昼にフェットチーネカルボナーラを作る。
海はフェットチーネグミが大好きなんだけど、本物のフェットチーネは多分食べたことがないので。
美味しいと言っていた。

*雪はゆっくりお風呂で温まり、ごはんも食べて休んだら少し楽になった。
買い物に行きたいと言うので車を出す。
ウィローモスの栽培のために炭酸水と、高さのあるタッパーウェアがほしいとのこと。
一緒に探して決める。
傘、テープ糊の替えも買う。
何かおやつを買っていいよと言ったらトリプルナッツサブレにしていた。

*夜はクリームシチュー。

*毎日私にいろんな「もしも~」という質問をしてくる海だが今日のお題は
海:「おかあさん、家にかば、くま、いのししのどれかが突っ込んでくるとしたらどれが一番いい?」
私:「いのしし」
海:「えぇ~、かばじゃないんだ」
私:「かばは実は凶暴なんだよ!」


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

Favorites(Power music, motivational)

■Invaders Must Die(Liam H Re-Amped Version HD 720p) - The Prodigy■

これぞ私の好きなプロディジー!




Underworldの「Moaner」という曲が、ダークで攻撃的で大好きなのだけど、
後半3:40~から"Hey kiss me I kiss you..."と入ってくる歌がイヤで(最初は呟きのように始まり…だんだん偏執的な叫びになって怖くなってくる)、
いつも歌が始まると次の曲へ飛ばしてた(笑)。
ヴォーカルレスのバージョンはないものか、と最近思い立って探してみたら…
あった!存在した!

■Moaner [INSTRUMENTAL VERSION!] - Underworld■
オリジナルシングルに4バージョンが収録されているらしいのでそこに入っているのだろう。
これからはこのインストバージョンだけ聴こう。



■Butterfly Caught (Paul Daley remix) - Massive Attack■

前半のうねる感じも好きだが2:17~!

Coeur de la Nuit - Worakls
もう、ずっと聴き入ってしまう…。映像がまた鳥肌もの。
天使にいざなわれて雲間を漂いながら、今私は、天に召されているのか?
Woraklsのアレンジが神がかっているのでこう(Coeur de la Nuit - Worakls)表記されることが多いが、これはリミックスで、オリジナルは2013年に発表されたFerdinand DreyssigとMarvin Heyによる楽曲
従って本来ならタイトルはCoeur De La Nuit (Worakls Remix) - Ferdinand Dreyssig & Marvin Heyとするのが正しい。
そして、そのオリジナルも、2004年の仏映画『Les Choristes』(『コーラス』)で歌われている合唱曲「Vois sur ton chemin」(2005年アカデミー歌曲賞ノミネート)をベースにしたもの。
これらの経緯を踏まえたうえでも、やはりWoraklsのリミックスが頂点だと思う。
ちなみにWoraklsってどう発音するのかと思っていたが、本人のインタビューによればoracle(神託、神託者の意味…マトリックスのオラクルを思い出す)にwとsを付けたとのことなので、ウォラクルズらしい。



マトリックスつながりになってしまったけどもともと載せるつもりだった

Clubbed to Death - Matrix Soundtrack
マトリックスのサントラは名曲揃いだったと思う。
プロペラヘッズのSpybreak!、Rage Against the MachineのWake Up
プロディジーも使われてたね。


All Over Now - The Cranberries

2019年、ヴォーカルの死後1年後にリリースされたこの曲はクランベリーズのおそらく最後のシングルとなるだろう。
最後を飾るにふさわしい、悲しく力強い、心に残る楽曲だ。
2018年、クランベリーズのヴォーカル、ドロレスがレコーディングのために滞在していたロンドンのホテルで急死したニュースには、ショックを受けた方も多いはず。
この曲はドロレスの一周忌に合わせて発表されたクランベリーズのラストアルバム『In the End』に収録された新曲。
当然ドロレス生前に録音された音源なのだが、歌詞が"at a hotel in London"(ロンドンのホテルで)、
繰り返されるフレーズ"It's all over now"(すべておしまい)など奇妙にリンクしているところがぞくっとさせる。
ちなみにドロレスは自死ではなく、酩酊状態での入浴による不慮の水死と、検視により結論付けられた。
享年46歳だった。



Zombie -Ran-D
私にはなぜか、破壊と静寂が繰り返されるRan-Dのこのカバーの方が心に響き好きなのだが(攻撃的なパフォーマンスと裏腹に、優しく包み込むような歌声も良い)、
オリジナルはクランベリーズの名曲「Zombie」
ホラー映画のあのゾンビを歌っていると思っている方もいらっしゃるかもしれないので、少し書いておきたい。
クランベリーズが「Zombie」を作るきっかけとなったのは、1993年にイギリスで起きたIRAによる爆破事件。
IRAによる犯行ということもあり、アイルランド出身のクランベリーズは様々な思いをこめてこの曲を世界に発信した。
何故ゾンビを歌っているのか?何がゾンビなのか?
分かりやすく表現して下さっている3つのサイトから引用させて頂く。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
1.
雲の中の散歩のように様「クランベリーズの『ゾンビ』を訳してみた」より:

「ここに歌われる「ゾンビ」とは IRA の戦士たちのことらしい。
そもそもこの曲は、1993年3月20日、ウォリントンの爆弾テロ事件にインスパイアーされたというのだ。
このとき町の歩行者専用ゾーンにあるゴミ箱にIRAが仕掛けた爆弾が爆発する。
負傷者は56名。
命を奪われたのはジョナサン・ボール(3歳)とティム・パリー(12歳)のふたり。
ベビーシッターと現場を通りがかったジョナサンはその場で死亡(ベビーシッターは重傷)、
エヴァートンFCのシャツを買いに行ったティム少年は爆発が直撃、ほとんど脳の機能が停止、5日後に家族の了解を得て医療チームが生命維持装置を外したという。」

「テロによって命の奪われたふたりの子どもの姿とともに、どんな大義があろうとも、戦車や銃や爆弾などで戦う兵士たちは、どこかで相手を間違えながら殺し続けるゾンビと化してゆくおぞましさを通して、どこかに遠くにあるはずの平和を希求するものだからだ。 」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2.
「歌詞に登場する「ゾンビ」とは,爆弾テロのような残虐行為を耳にしても,被害者が自分や自分の大切な人間ではないので,さして気にも留めない人間を表すメタファー」

(素晴らしい対訳より:)
「所詮,実感なんか湧かないんだよ
だってみんな半分死んでる
「ゾンビ」みたいなものなんだから
その頭で何を考えてる?
心のない「ゾンビ」たち
教えてよ」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
3.
「この曲はいわば戦争への抗議歌だ。」

「“This song’s our cry against man’s inhumanity to man; and man’s inhumanity to child.”
「この歌は、人間に対する人間の非人道的な態度に対する私たちの叫びであり、人間に対する非人道的なものです」-ドロレス・オライダン」

「この悲惨な紛争に向けての圧倒的な表現力を持った声明だった。」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

…つまり、ゾンビは、IRAの兵士のことだけでなく、世界のどこかで無慈悲に人の命が奪われていくことに、他人事で何も感じなくなっていく私たちの虚ろな生き方を例えたものでもあるのだ。

*歌詞の中の「It's the same old theme since 1916」は1916年に勃発したイースター蜂起のこと。
イギリスの支配下から独立し、アイルランド共和国の樹立を目指すための武装蜂起だったが、
これ以降IRAの闘争が激化し、イギリスとアイルランドの間で北アイルランド問題が深刻になっていき、攻撃やテロが繰り返されている。

*なお、犠牲者パリーくんのお父さんは、2018年ドロレスが急逝した際に「zombie」が誕生した経緯を知ったそうだ。



Massive Attack feat. Hope Sandoval - Paradise Circus (Gui Boratto Remix)
あの素晴らしいオリジナルを超えてきたアレンジ。癖になる。




*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


# by ruricafeonthehill | 2019-07-09 13:04 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)

【6/23(日)】
*午前中…海のアイカツカードをしに大型ショッピングセンターへ。
百均を見たいと行って雪も付いてきた(が、結局何も買わなかった)。

*午後…家族みんなでシマホへ。
雪はお魚(レモンテトラ、コリドラス)、ソイル、水草など。
海はパステル紙粘土、工作用のデコパーツや容器など。
そして海、新しくコッピーを買った!
主人は、シマホ近くにあるベーカリーカフェが営業しているのかどうか散策しに行った。
(閉店していたそう。そのあとはマックでコーヒーを飲んで、みんなの買い物が終わるのを待っていた)


【6/24(月)】
*二階に掃除機をかけていて、なんだかすごい風の音がすると思いつつも気にせず掃除を続けていたら、
ガタガタッと書棚のガラス扉が震える音。
風じゃなくて地震だ!と気付き掃除機を止めたら、すごく揺れてる。
急いで雪の部屋へ飛んで行き、大きな水槽をふたつ両手で押さえる。
水が波打っていて、魚たちも落ち着かない様子に見える。
東日本大震災の時の揺れを久しぶりに思い出す。
このまま大きくなったら…と不安だったが、おさまって良かった。
テレビを点けたらうちの区は震度3。もっと大きく感じたなぁ。

*夕方には緊急地震速報が鳴り響き、朝以上の揺れが来るのかと戦慄したが、全然揺れなかった。

*海:「最近海よく泣くね」(と自分で言い出した)
私:「よく泣くと言っても、プールの時と、コッピーの時だけでしょう?」
海:「うん」
私:「海はお別れに弱いんだよね」
海:「うん」


【6/25(火)】
*夫婦でよく話し合って、雪の意思も確認し、あの塾に申し込むことにした。
とりあえずは7・8月の無料体験。
電話をし、木曜に保護者の面談と、入塾テストを行うことになった。
面談は私だけで、午前中。
テストは雪だけで、夕方。
「お知り合いか分かりませんが、雪くんと同じ中学校の一年生の男の子もその日入塾テストを受けに来ます」とのこと。
誰だろう、知り合いだといいね!

*女の子たち、放課後に我が家で遊ぶことになっていた。
しかし学校からの帰り道…ビーズをしたいK美ちゃん、粘土をしたいA香ちゃんで揉めてしまい(どっちもやればいいと思うけど、お互い相手のやりたいことはやりたくない)、
じゃんけんで決めることに。
A香ちゃん勝利。
だがK美ちゃんがやだと言って納得しない。
仕方なくA香ちゃん、もう一回じゃんけんをしてあげる。
またA香ちゃんが勝つ。
K美ちゃんがすねてしまい、今日は遊ばないと家にとじこもり…
K美ちゃんママからごめんなさい、気持ちが落ち着いたら途中からでも行かせます、少しお時間くださいと連絡が来た。

ママがお仕事のA香ちゃんはランドセルのまま海と一緒に我が家へ帰ってきて、K穂ちゃんもしばらくして到着。
K美ちゃんが来ないと言ってることをみんなに伝える。
おやつの準備をして、みんなが食べている間に提案してみる。
「おやつを食べたら、ちょっとお外遊びしておいでよ。
お外遊び半分、おうち遊び半分で、5時15分頃に戻ってきてちょうどいいんじゃない?
粘土出しておくから。
公園に行く途中にK美ちゃんちにピンポンして迎えに行ってあげたら?
それでも遊ばないっていうならしょうがないから3人だけで行っておいで」

K美ちゃんママにもあらかじめお知らせしておく。
「おやつを食べたら少し外遊びしようと思いますが、その時みんなでK美ちゃんを迎えに行くそうです。
そのまま公園で遊んで、また我が家へ戻ってこようと思います。
粘土以外でも遊ぶ予定なので、良かったらいらして下さい。
迎えに行ってもお気持ちが変わらないようなら、その時はご無理せずに!」

たまにはシャボン玉でもしてきたら、と買っておいたシャボン玉液のボトルを人数分持たせる。
付属の吹き棒が足りないので、ストローに切り込みを入れてみんなに作ってもらう。
海がK美ちゃんのぶんも作った。
「行ってきまーす!!」3人が軽やかに出かけて行った。
さあ、K美ちゃんは機嫌を直してくれるだろうか。

5分後、K美ちゃんママからメール。
「『みんな来てくれたよ、どうする?』と聞いたら、目がキラキラ☆
元気に『行ってくる!』と、みんなにゴメンねと一言、そのまま飛び出していきました、ありがとうございました!」

良かった~
一か八かの突撃作戦だったが、K美ちゃんが素直に受け入れてくれて良かった!

海は、「K美ちゃんえらかったよ、『みんな心配かけてごめんね』って最初に謝ったんだよ」
それを聞いて、じ~ん…
本当に、偉い!

ちなみに4人はこの日結局、シャボン玉遊びが楽し過ぎてずーっと公園にいた。
A香ちゃんママがお迎えにくる時間が近付いてきても全然戻ってこないので公園に様子を見に行ったら、
シャボン玉グッズもいっぱい増えてて(K美ちゃんが一度家に戻って持ってきてくれた)、
みんなキャッキャッとはしゃいでシャボン玉を飛ばしてた。
粘土なんて1秒もやらなかった…。


【6/26(水)】
*海は3,4時間目プール。
寒い寒いという女の子たちに、やんちゃなAくんは「全然寒くない」と強がっていたのに足を一歩水に踏み入れたとたん歯をガチガチ鳴らしていたそう。
でも「寒くないよ!」と言い張っていたそう。
男子だね(笑)

*そして海は放課後もスイミングだ。
海が年長さんから通っているこのスイミングスクールも、実は今日でおしまい。
来週から、近所のスイミングスクールに移籍することになったのだ。

今のスイミングスクールは引っ越す前のおうちからも車で行くような距離だったが、引っ越してからはさらに遠くなり、
それでも二年間は頑張って私が雪と海を別の曜日と時間帯で送迎していた。
でも雪も小学生の終わりにスクールを卒業したし、海はまだまだ長くかかりそうだし、近いところがいい。

新しいスイミングスクールはK美ちゃんが通っているところ。
そこなら近くて海一人で自転車で行ける。
K美ちゃんと同じ曜日と時間帯にすれば海も嬉しいらしい。

海は、仲良しの男の子(違う小学校の二年生)と会えなくなるのだけが寂しいとずっと言っていたが、
スイミング終わりにお迎えに行ったら号泣しながら出てきた!
私:「どっどうした!あっ、悲しくなっちゃった!?」

泣いてしゃべれない海からとぎれとぎれに事情を聞く。
その仲良しの男の子には先週、「来週やめるんだ」と伝えて驚かれていたそうなのだけど、
今日あらためて、プール開始時に「今日で最後だから」と伝えたところ、海より先にその子の方が泣き出してしまい、
コーチに「どうしたの!?」と聞かれたその子は、泣きながら海をゆびさしていたそう。
そこから1時間ほど泳いで、最後の最後、シャワーを浴びる段になって海が「じゃあね」と言ったらその子は平気な顔をして「じゃあね」と言ったので
海は「ああ、もう悲しくないのかな」と思ったそうだが、海がシャワーを浴び終わって振り返ったらその子がさっきの場所に立ったまま顔を覆って泣いていたそう。
そのまま他の子全員がいなくなるまでそこで泣き続けていて、最後はコーチに慰められていたんだとか。
その話を聞いて私ももらい泣き。
切ない…
泣いてくれる友達までできて、幸せなスイミングスクールだったね。
今は悲しいけどいつかいい思い出になるよ。
その子にもそうでありますように。
ありがとう。


【6/27(木)】
*午前中、塾の面談。
室長と。
塾のことについて詳しく色々聞く。
雪の苦手な科目、得意科目なども伝える。

*新しいスイミングスクールへ移籍手続き。
前のスクールが紹介状を書いてくれていたのでそれを提出。
K美ちゃんからの紹介ということにしてあるので、入会金無料、水着・バッグ・キャップをプレゼントしてもらった。
K美ちゃんにも水着とキャップの無料チケットが後日郵送されるとのこと。
実際にプールも見せてもらったが、観覧席が近くてびっくり!
あんなに間近で見られるとは。
ただ、海は見ててほしくない子なので、私は見ることはないだろう(笑)

*雪を入塾テストへ送る。
そのうち自転車で行ってもらうけど、最初なので車で送った。
「全然できなかった」と言って帰ってきた。
学校の中間テストの時みたいに一夜漬けもしてないし、そもそも範囲が広すぎて今さら勉強できないよね。
私は「単語帳ぐらい見たら」と再三言ったんだけど、それもやらなかったし…。
どれだけできなかったか後日しっかり結果を見て、謙虚な気持ちで塾をスタートしてほしいわ(笑)

私:「あ、そういえば誰だった?一緒にテスト受けた子」
雪:「それがね!Tくんだったよ。朝練のない日に雪とNくんが一緒に登校してるふたりのうちの一人。野球部の。」
私:「すごい!お互いびっくりしたでしょう」
雪:「うん、雪は先にテストを始めてて、後からTくんが入ってきて、あまり顔も見ないでこんにちはとだけ挨拶したんだけど、
そしたら『おお』って言われて顔を見たらTくんだった。お姉ちゃんがこの塾にいるんだって」
私:「へえ~。じゃあ兄弟割があるから、確実に入るだろうね。良かったね。仲いい子がいて」

Nくんのお母さんに、Nくんの通っている塾の駅前校に決めてとりあえず体験に申し込んだことをご報告し、
せっかくNくんが誘ってくれたのにNくんと違う校舎にしてごめんなさいと伝える。
雪はNくんのいる校舎に最後まで行きたがったのだけど、こっちの校舎の室長のお話を聞いて親の判断で決めてしまいました、と。
後日紹介のお礼に塾から2千円分のクオカードが送られるそうなので、その時はよろしくお収めくださいとも。
Nくんママからは相変わらず優しいお返事が届き、ほっとする。

ちなみに雪によればNくんは、雪が別校舎にしたと言ったらものすごくガッカリし、少し腹を立ててさえいたらしいのだけど、
それだけ一緒に通いたいと思ってくれていたってことだよね。
今日の帰り道は気まずく、言葉少なにふたりで帰ってきたらしいのだけど、

私:「そのうち元に戻るよ」
雪:「うん」


【6/29(土)】
*雪と海と買い物へ。
海のラッシュガード、雪の英語ノートを買い、海のアイカツカードをする。
そのあと子どもたちは部屋の片付け。

*夕方Aくんがおじいちゃんちから届いたという九州のお野菜を紙袋いっぱいに届けてくれた。
きゅうり、茄子、ゴーヤ、玉ねぎ、じゃがいも。
夏野菜嬉しい!
既に夜ごはんのメニューは決まって作り始めていたけど、なめこと絹さやとお豆腐のお味噌汁に茄子も追加した。

*夜はチーズインハンバーグとかぼちゃの煮物。
チーズが入っていることに誰一人触れないので
「みんな、チーズインなことに気付いてる!?」と聞いてみたら
口々に「気付いてた」「気付いてる」「うん」とのこと。
「何かコメントしてよー!」



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

「清潔に勝るインテリアなし」
座右の銘にしたいぐらい好きな言葉!


この方の子育て絵日記ブログ面白くて毎日チェックしてます。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


# by ruricafeonthehill | 2019-07-04 12:31 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)

【6/16(日)】
*父の日。
カルディで(レモン味好きの主人のために)色々なレモン菓子を詰め合わせて、ブルーマウンテンのドリップコーヒーと「ありがとうコーヒー」を付けてラッピングしてもらった。
車のトランクに隠しておき、朝、主人が起きてきたタイミングで子どもたちと一緒に「おとうさん、いつもありがとう!」と声を合わせて手渡す。
主人「どうもありがとう」と嬉しそうに受け取ってくれた。

*夜ごはんは主人の大好物、トンカツを揚げ、
コージーコーナーのケーキを食べた。

*メルカリで、一番売れてほしかったものが売れた。
海の卒業したおもちゃだ。
高額販売していて、いいねが30個以上付いていたが一年以上売れず、海に「もう2千円とかでいいから売っちゃって!」と言われていたもの。
粘りに粘って毎週100円ずつ値下げしていったら、200円下げたところで売れた!
海とふたりで喜んだ。
送料、手数料などを引いて、海に結構な金額をあげられた。(子どもたちの卒業したおもちゃと本に限っては、送料・メルカリ手数料・私の手数料を引いて子どもたちに還元することにしている。)
ただし一度に使うのはNGだし、何に使うかには毎回親の許可が必要。
でもしばらくの間、毎週末アイカツカードをできるだけでも嬉しいみたい。


【6/17(月)】
*用事で横浜駅まで出る。
暑い日、あまり履かないパンプスで。
頑張ったので、ドトールでハニーカフェラテを買って帰ってくる。

*雪の中間テストがとりあえず3枚(算国理)返ってきた。
理科は平均点を30点以上上回り、クラスで2位だったらしい。
すごいね!!とほめまくる。
算数も悪くない。
国語は、算数に比べると低いけどまあ平均は超えたので何も言うまい。
予想していた通りこの子は理系なんだね。
(ちなみに理科がクラスでトップだった子も、塾に行っていない女の子。
こう見てみると塾に行かなくても充分テストで結果は出せるのだと思う)

*夜は、録画しておいた『カメラを止めるな!』を主人と見る。
この日のために前評判をいっさい入れないようにして、ネタバレを避けて暮らしてきた(笑)

すごい!よく作ったねこんな映画!という感想。
アイディア、そして役者の演技と気迫、スピード感、もちろんあの素晴らしい37分間ワンカットの長回し。
それからカメラ、美術、アシスタントといった裏方へのリスペクト。
前半のあれこれ(不審に思ったり違和感を感じたところ)が伏線になっており全てを回収していってくれるところがかなりの快感。


【6/18(火)】
*今日も電車で横浜駅へ。
小さなことから、コツコツと…。
頑張っていればいつかいいことがある。
山ちゃんを見ていても、あらためて思ったよね。

*午後は女の子たちが家に遊びに来る。
5時半までの予定だったが今日はいつも以上に笑い声が絶えず、あまりにも楽しそうなのと、
5:27から廊下で大きなアルミ風船(アイスクリーム形)遊びが始まり、ワハハハ・ウフフとみんな笑って大はしゃぎなので
ママたちに急ぎメールを入れ、延長で15分ほど遊ばせてから帰した。

*雪の中間テスト、英語と社会が返される。
英語は点数だけ見るとまだまだいける点だと思うが、先生のgood!のサイン付きだったので、学年の中では良い方らしい。
社会は、見た瞬間あれ、低い?と思ったが、社会がめちゃめちゃ難しかったとクラスの全員がうめいている状況、
先生が平均点を明かせないほど低かったそうで(〇点ぐらい取れていれば合格です、とだけ言ったそう)、
雪の点数を見て周囲の子はすごいすごいと言っていたそうだ。
そうか…じゃあこれ、ましなほうなのか。

中学に入っての初めての中間テスト、五教科とも平均超えで、塾に行っていないことを思えばよく頑張ったと思う。
でも…かなり親のサポートがあったからね!
(算数&社会&国語:主人。英語:私。理科は一応私が担当したけれど教えることが何もないほど、何を聞いても完璧に答えられて尊敬さえ覚えた)
主人は粘り強く優しく教え続けた。
私はスパルタ。といっても決して怖くはない。
間違えても怒らないけど、覚えるまでしつこく繰り返し言わせる/書かせるだけ。
それに弱音も吐かず付いてこられたことを、高く評価する。


【6/19(水)】
*OKストアで山ほど食材を買い(主人が毎晩食べるパルムも箱買いしてきた)、家に着いて車を降りたところで、
顔見知りのおばあさん(50年前に、まだ開拓前のこの住宅地に先駆けで住み始めたという、町内で一番古くから住んでいる方)が通りかかり、こんにちはーと挨拶したら
「こんにちは。ところでお宅はお子さんは何年生になったんですか?」と話しかけられ、答えたら…
そこからおばあさんの昔話が止まらず(昔はここから房総半島が見えたのよーetc)20分立ち話。
うう、アイスが…
途中途中で「ごめんなさいね、荷物重いでしょう?」と気遣ってくれるのだけど、私も「大丈夫です」としか言えず。
アイスのことは言い出せず。
お話が終わって、ドアを閉めたら冷蔵庫までダッシュして(笑)とりあえずアイスを冷凍室へ!!
表面が少し溶けている気がするけど、まあなんとかセーフ!!

*夜は竜田揚げを作る。
…やっぱり普通の唐揚げの方が好きだと思う。

豆乳に切り替えて3週間経過。
2回だけ牛乳を飲んでしまったが(1回はトヨタでアイスカフェラテをお願いしてしまい、2回目は外出先でテイクアウトのカフェラテを買った)、それ以外はずっと豆乳ベースのソイラテを飲んできた。
特にストレスも、カフェオレへの飢餓感もなくこのまま続けられそう。
おなか周りのラインも全く気にならなくなってきたし、ウエストゴムでないスカートもきつくないし(笑)、体重もいい感じだ。


【6/20(木)】
*今日は海の学校プールがある予定で、うきうきとプールバッグを持って出かけたが、
水温が低かったらしく中止になり残念がっていた。
K美ちゃんなどかなりショックを受けていて、なかなか立ち直れないほどだった。
みんなプール大好きだね。

*海の習い事から一緒に帰ってきたら、ナツミさんが赤ちゃんを抱っこして外に涼みに出ていて、抱っこさせてもらう。
来月1歳、今9キロとのこと。
ふわふわで軽い~と思っていたけれど、10分ほど抱っこしていて、家に帰ってから腕が痛かった。
赤ちゃん抱っこの大変さを思い出した。
後から腕や腰に来るんだった。

*夜はぶり大根。
イナダで作ったのでイナ大根、と雪に言う。
あとはほうれん草と卵の炒めもの、竜田揚げの残り、もずく。
えのきとオクラとお豆腐のお味噌汁。

*雪、「やっぱり塾行きたいな」と言ってる。
週末に、塾を回ってみようか。

*Kからメール。
ついに職場復帰もできたらしい。
つらいときに支えて励ましてくれてありがとうと言ってくれた。
私のほうこそ、Kが病と明るく勇敢に闘い克服するさまを見て人生観が変わった。
自慢の幼なじみだよ。


【6/21(金)】
*モラタメさんから「エスビー食品 とろっとワンプレート ドリアミート/ゴールデンカレー198g 中辛/チーズ好きの濃厚トマトハヤシ」を頂いた。
e0374581_17125423.jpg

「ゴールデンカレー」は昔から知っているけど、「とろっとワンプレート ドリアミート」「チーズ好きの濃厚トマトハヤシ」は初めて!
どれから試そう♪

今日はドリアミートにした!
e0374581_17152449.jpg


作り方はとても簡単で、挽き肉と玉ねぎ薄切りを炒める→水を加えて煮込み、アク取り→ルウを加えて3分煮るだけ。
e0374581_17154161.jpg


驚くほどあっという間に完成!ごはんに乗せて、レタスとオクラをトッピング。
e0374581_17183487.jpg

わぁ、美味しい♪
香ばしくて、まろやかで、子どもの大好きな味!もちろん大人も(笑)
仕上げになんとなくチーズを入れて溶かしてみたけど、ルウ自体にデミグラスソースとチーズソースが合わせてあるので、不要だったみたい。
足しチーズしなくてもチーズ感たっぷり!
午後から予定が詰まっていて夜ごはんを作る時間がない時、このスピードメニューは大助かり。
ストックを常備しておこう。


【6/22(土)】
*午前中は車を車検に出し、豪雨の中主人と歩いて帰ってくる。
ひとりなら濡れて憂鬱になるけど、ふたりならこんなことでも楽しい。

*そのあと、主人は歯医者。
私は海の勉強を見る。
学校の漢字テストで間違えた字を、覚えるまで書き取り。

*夕方、主人&私&雪で駅前を歩き、片っ端から塾に飛び込み、パンフレットをもらい説明を受けて、可能なら見学させてもらってきた。
その中で突出していたのがひとつの塾。
活気があり、明るく楽しそうな雰囲気。
室長が教室を案内してくれ、少しお話をする。
雪の学校の各教科の担当教師の名前、個性、出題傾向を、そこまで!と驚くほど調べ上げていた。
「今回の社会なんかはかなりハイレベルで特殊でしたよね…」と室長がおっしゃるので
「そうなんです、先生が平均点も明かさないほどで」と話したところ、
「平均点ね、39点だったみたいですよ」
「ええ!?」
生徒や親も持っていない情報を。
(しかし39点の平均点…。自分が教師だったら、難しくし過ぎたと反省するレベル。先生も言いたがらないわけだ)

室長:「この社会の〇〇先生は教科書ではなく事前に配るプリントから細かく出題します。レベルで言うと中学三年生、受験生が解くような範囲まで出してました。この先生のクセのある出題傾向は毎年変わりません。前に赴任していた学校での過去問も入手していますので、対策は万全です」

こんな感じで各教科の分析と対策が緻密なので、基礎学力を付けるだけでなくテスト対策も信頼して任せられそうだと思った。
雪も、他の塾と比較してここがいいとのこと。
ちなみにこの塾は、Nくんが通っている塾の、駅前校。
雪も本当は、Nくんの校舎に行きたいらしい。
校舎違いでも紹介特典があるのでNくんに恩も返せるし、いずれNくんが駅前校に移ってくる可能性もあるかもよ!と雪に話す。
来週金曜までに申し込むと7月の通常授業と夏休み中の夏期講習が無料で受けられるということなので、家族でよく検討してみよう。
自分が塾とは無縁の人生だったので、中一から塾とは可哀想な気にもなるが、いまどきの子どもたちは小学校高学年から塾に行くのが当たり前で、中一から始める雪は遅いぐらい。
でも、本人が行きたいと言うまで待っていたから、今が雪のタイミングなんだろう。

*夜は昨日届いたルウでゴールデンカレー。
e0374581_17241730.jpg
これはもう、昔から知ってる間違いない味。


※後日、トマトハヤシも作りました


*雪、寝る前に「お母さん、歯が抜けた」。
おお、ラスト一本乳歯(奥歯)やっと抜けたね。
おめでとう。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

バックグラウンドでYouTubeのエイフェックス・ツインをかけながら今回の日記を書いていた。
そのまま自動ミックスリストで次々と再生される音楽を流していたのだけど、
突然クラシックに変わったと思えば、なんだか聞き覚えのある旋律が…
え!
これプロディジーだ!オーケストラでプロディジー!?
画面を切り替えて動画を見たら「Tribute to Keith Flint - The Prodigy Orchestra Medley」
鳥肌、鳥肌、鳥肌。
長年のファンとして、胸いっぱいで、ありがとうとしか言えない。

3月に命を絶ったキース・フリントへのトリビュート。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


# by ruricafeonthehill | 2019-07-03 10:12 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)