【6/24(日)】
*今日やりたいことを、前日リサーチしておいた。

[お父さんのやりたいこと]は特になしだったので
[海のやりたいこと]珈琲館でランチ
[雪のやりたいこと]アクアショップAREAで観賞魚を見たい(いいのがあれば追加で買いたい)
[お母さんのやりたいこと]あえて言えばOKストアで買い物

これらをまとめて全部一日でやった。
珈琲館では子どもたちは「丸ごと苺ソースホットケーキ」と、「北海道小豆ホットケーキ」を注文。
主人が頼んだ「丸ごとハンバーグサンドランチセット」は、
よくある冷凍のハンバーグの味だったらしい。
私が頼んだ「ナポリタンランチセット」は美味しかったけど、ナポリタンソースがちょっと甘すぎた。
カレーは、前に食べたとき「私には結構辛かった。」と書いてる。
今まで珈琲館で色々食べたけど、私にとっての当たりは
「ホットサンド(店舗によってはクラブハウスサンド)」、「ハヤシライスランチセット」の二つかな。

そのあと雪はAREAでブラックテトラ2匹とプラティ1匹購入。
昨日買ったお魚と合わせると11匹。と聞くと多いけど、
1匹1匹が小さいので一つの水槽に入って泳いでいる。
色がとっても綺麗で、ミニ水族館のようで癒される。

*セミが鳴き始めた。

*OKストアで、肉に比べて魚はあまりおすすめでないということはよく言われているけれど、
天然ぶりの3切れパックが売られている時は、買い!
今日もふっくら美味しいぶり照りが作れた。
青森産、3切れ入って398円。天然でこの安さ。

*ワールドカップ、日本×セネガル戦。
夜中の0時からということで、私は先に寝る。
…が、網戸を開けて寝ていたので、近隣の「キャー」「ウォー」という歓声&拍手で二度ほど目覚める(笑)。
「二回ぐらい見せ場があったの?」と翌朝主人に聞いてみるが、試合結果が2-2だったので、
多分ゴールした瞬間だったのだろう、ということ。


【6/25(月)】
*K穂ちゃんママに誘われて申し込んでおいた、図書室の壁面飾り付けボランティアの日。
K穂ちゃんママと一緒に行く。
図書室に入ると、既に二人のお母さんがいらしていて、司書の先生からリーダーを紹介される。
挨拶を交わし、今までに作成した壁面の写真ファイルなどを見ていると、「おはようございます~」と続々と人が集まってくる。
全部で9人なのだけど、私たち以外、全員三年生のお母さん(笑)
素朴な疑問として「三年生のお母さんばかりですけど」と聞いてみたら、
リーダー&仲のいいお友達というメンバーらしい。
一年生の時から続けているらしい。
一年間に四回、季節ごとに集まって。
学校からのお便りで募集もかけてもらうけど、新たに参加してくれる人はなかなかいない状況なのだそうだ。
内輪の集まりという入りづらい感じはなく(でも気の合う仲間ならではのあうんのリズムは随所に感じられた)、
全員気さくで優しく、ビギナーの私たちも溶け込むことができた。

今回は夏なので、海のある風景に決まった。
前からある材料も使いつつ、新たに描いたり(カーボン紙なんて使うの、何十年ぶり?)切ったり貼ったりして、
完成!
e0374581_22283204.jpg
かかった時間は3時間ぐらい。
副校長先生がお茶を差し入れて下さった。
思っていたほど難しい作業はなかったので、こんな私でもお役に立てるかも…。
残り三回、都合が合う限り参加しようと思う。

*昨日訪れた大型ショッピングセンターに、大きな笹が飾ってあり、用紙も準備されていて短冊が書けるようになっていた。
後日、神社に奉納して下さるらしい。
主人が買い物している間、残りの三人で書いて結んだ。

雪のは『スキューバダイビングのめんきょが取れますように』
海のは『お金もちになって、いろいろなばしょにいきたい。』
私のは『Kが早く元気になりますように』

海、私の短冊をしげしげと眺めたあと、自分の願いごととの違いを感じたらしく、「友達おもいだね」と。

三人の短冊、写真を撮ってKにメール添付した。
K、高熱があってつらかったらしいんだけど「短冊にパワーをもらった気がするよ。」と。
雪の短冊には、「お魚の絵がとても上手!大好きなんだね。スキューバもできるようになれば、もっといろんなお魚を実際に見ることができるね」と感想をくれ、
海のには「海ちゃんの短冊は笑ったよ。なんて即物的で現実的?私の甥っこの短冊写真も送る。まったくみんな…(笑)」

海と同い年の、甥っこくんの短冊:
「お金がたまってしょうらいしんぱいなくくらせるように。」

*夕方、A香ちゃんがピンポンして訪ねてきてくれる。
海はお風呂に入っていたので私だけ玄関に出て、A香ちゃんの目線にかがんで、「どうしたの?」
A香ちゃん:「これ、Kくん(A香ちゃん弟)が前に、木の実を踏んで、その汁が海のすみっコに飛んじゃったから」
と、ギフトラッピングしてある包みを渡してくれる。
後ろからA香ちゃんママとKくんも追い付いてやってきた。
A香ちゃんママ:「すみません、私は全然知らなかったんですけどそういうことがあったみたいで、今日A香とおばあちゃんで買ってきたらしいです」
私:「そんな、いいのに~!海も何も言ってなかったから、きっと気にしてないんだと思うよ、でもありがとう!」
A香ちゃんの気持ちなのでありがたく頂き、お風呂上がりの海に渡す。
そして、事情を聞いてみる。

数週間前のことなのだけど、海やA香ちゃんや他の女の子、そしておばあちゃんに連れられて合流したKくんと公園で遊んでいたとき、
滑り台の上でKくんがさくらんぼの実を踏み、その汁が、海のすみっコぬいぐるみ(しろくま)に飛んだらしい。
(女の子たち、遊ぶときには毎回手持ちのすみっコからひとり(一匹?)ピックアップして持っていくお約束がある。)
おばあちゃんがすくにお水とティッシュで拭いて下さり、ほとんど目立たなくなっていたそう。
そして、海が言うには、「クラスの男の子がやってたら怒るけど、Kくんだから、まあいいかって思って」。
そう、小さい子好きの海は年下の子には何をされても寛容で、怒ることがない。

今日A香ちゃんが持ってきてくれたプレゼントの中身は…すみっコの、タピオカ(水色)!
海が持ってないやつ!
海:「わぁ~嬉しい…A香ちゃんよく、海の持ってないすみっコ分かったね」

私から、A香ちゃんママとおばあちゃんにお礼のメールをする。
海がタピオカは持っていないこと、A香ちゃんよく分かりましたね!ということも。

A香ちゃんママ:「海ちゃんが持っていないすみっコ、もちろんわかるんだそうです。威張って話していました(笑)」

さすが仲間内で、一番最初にすみっコを好きになってグッズを揃え始めたのはA香ちゃんだけある。


【6/26(火)】
*ドラッグストアで、ORIHIROの「ぷるんと蒟蒻ゼリー」(この週はまった)を大量に発見!
グレープ、ピーチ、マスカット、グレープフルーツ、塩レモン、アップル、オレンジ、キウイ、パイナップル、梨を購入。
味がこんなにあるとは!

*梅シロップ、完成した!
冷蔵するための保存瓶に移す。
琥珀色も綺麗だし、爽やかな風味でとっても美味しい。
e0374581_00485163.jpg
炭酸で割ったり、お水で薄めたりして、子どもたちにも大好評。
お酒が飲めれば梅酒にしたいところ(笑)
たくさんできたので夏中楽しめそう。

*夜子どもたちが寝てからプリンを作り、冷蔵庫で冷やしておく。6/16に海と作ったレシピで。
主人が台所に立つ私を見て「何作ってるの?」
私:「プリン」
主人:「なんで?」
私:「明日友達来るって言ってあったでしょ?デザート用に。」
主人:「ふーん(ちょっと残念そう)」
私:「家族分も作ってあるから、明日の夜食べようね」
主人:「うん(ちょっと嬉しそう)」


【6/27(水)】
*風が強い。
家の中を気持ち良く抜けて行く。
洗濯物も1,2時間で完璧に乾く。

*今日はS子さんと二年ぶりぐらいに再会する日だ。
最後に会った日は、スーパーで偶然にバッタリ、レジ袋に買い物を詰めながらの立ち話だった。
海が幼稚園の制服姿で、「大きくなったね!」とS子さんが驚いていたのを思い出す。

ご本人もご家族も病気や手術で嵐のような一年だったS子さん、私が引っ越してから会えていなかったのだけど、
ようやく諸々落ち着き、S子さんもみちがえるように元気になり(ご本人いわく一時は激やせしてゾンビのようだったそう)、
先週連絡をもらい、会えることとなったのだ。
S子さんちの息子さんと雪は、幼稚園の同級生。
プレから一緒だったから、四年間一緒に過ごしたお友達。
S子さんと私はとても気が合って、子どもたちが幼稚園に行っている間、よくごはんを食べに行ったりしていた。
私はいつも、海を連れて。

前のブログで遡ってみれば、
ファミレスでランチ(2011.2
アウトレットでランチ(2011.夏
さとでランチ(2011.11
夢庵でランチ(2012.6
別々の小学校学区なので、入学後の2013,2014は会っていない
ベーカリーレストランでランチ(2015.10
一緒にフリマ出店(2015.11

11:10にS子さんをおうちまで迎えに行き、我が家でランチする。
「わあ、おうちここなの!?前より全然近い!もうRuriさん私におうち教えちゃったから、いっぱい来るよ~(笑)」と
いたずらっぽく笑うS子さんだが、さばさばした物言いとは正反対の中身で、ものすごく相手思いで遠慮がちな人なので、
いきなり押し掛けてきたりすることがないのはよく分かってる。
こちらはいきなり押し掛けてきてもらって全然いいのだが。
自転車でも来られる近さだ。

約束時間の11時を10分ずらせるか、3時間前に聞いてきたS子さん、その微妙な10分はなんだろう?と思っていたら、
11時焼き上がりの美味しいマフィン屋さんに買いに走ってくれたんだって!
S子さんちの近くにできた新しいお店だから、10分で帰ってこられるそう。
紙袋いっぱいの焼きたてマフィンをプレゼントしてくれた。嬉しいー!

おしゃべりしながら台所に立ち、出来上がった料理を食卓に並べて一緒に食べる。
今日のメニューは、うずら卵入りミートローフ、山芋ときゅうりとわかめの和風サラダ、野菜とベーコンのコンソメスープ。
e0374581_00454171.jpg
友達にごはん作ってもらったのなんて、初めて!と喜んでくれた。
ミートローフも山芋も大好き、美味しい、とほめてくれていたが、唐突に黙りこみ、
「…ごはんがおいしい」と真顔で。
私:「ごはん?」
S子さん:「ふっくらしてて、お米の味がすごくする。何で炊いてるの?」
私:「これ。ごはん土鍋」
S子さん:「バルミューダ!?」
私:「そんな高いやつじゃない(笑)。すごく安いよ。炊き上がりもあっという間だし、保温時間も長いし、炊飯器と違って丸洗いできて、美味しいの。キャンプにも持ってってる」
S子さん:「ほんとに美味しい!炊飯器で炊いたごはんと全然違う!お米が立ってるもん!すごく美味しい!私もこれ買いたい!」
私:「確か買った記録が楽天かアマゾンに残ってるから、あとで品番メールで送るわ」
S子さん:「ありがとう!」
ちなみにこの日のお米銘柄はゆめぴりか無洗米。
特にゆめぴりかとおぼろづきは、ごはん土鍋との相性が良く、最高に美味しく炊き上がるように思う。
アキタコマチ、コシヒカリ、ななつぼしよりも。

昨日完成したばかりのシロップを冷水で薄めた梅ジュースも添え、食後には昨夜作っておいたプリン。
「何から何まで全部手作り!」とびっくりするS子さんに、
「いや、たまたま(笑)。梅シロップは今まで避けて通ってきた道だけど、今年お友達から梅をたくさん頂いたからやってみた。タッパーだし、氷砂糖じゃなくて普通の砂糖だし、一日2回振るだけであとはほっとくだけで良かった。プリンも、すごく簡単。土鍋で蒸すの」と説明する。

*「最近もフリマやってる?」と聞かれたので、フリマはこういういきさつで出店できなかったことがあって、
それがきっかけでメルカリを始めたんだと話したら、
「わあ聞きたい!メルカリで買ったことはあるけどまだ売ったことはなくて。色々教えてほしい!」
私:「何が特に知りたい?」
S子さん:「送料(笑)」←即答

そこで私はパソコンで郵便局の送料一覧ページを開いて、
「規格内だとここを見て、あっ、規格内というのはこのサイズにおさまるものね」と、規格内最大サイズで作った自作の型を見せる。
薄い段ボールを34cm×25cm、厚さ3cmに成型してあるもの。
私はいつもこれに合わせて(はみ出ないようにして)梱包している。
「この規格サイズを超えるものは規格外になる。それで規格内か規格外かが決まったでしょ?あとは重さで値段が変わるの」と説明する。

送料については把握できたS子さん、次に気になることは、
「クレームはない?」
私:「ないよ。『良い』『普通』『悪い』の3種類があるんだけど私は今のところ『良い』評価しか付いてない。
でも、丁寧に一生懸命対応しても『悪い』評価を付けてくる人も一定数いるみたいだから、それは運が悪かったと思うしかないみたい。
取り引きが多い人になるほど、たくさん『良い』がある中で1つ2つ『普通』『悪い』があるのが当たり前って感じ。
それを見ても、こっちもなんとも思わないし。だから、もしも悪い評価が付いても気にすることないよ。」

続いて、
S子さん:「服売れる?」
私:「ブランドの服なら売れる」
S子さん:「すごく昔のだけど」
私:「昔のでも、汚れてたりヨレヨレでなければ売れる。その時期のがほしいという人もいるから」
S子さん:「ほんと?!コートいっぱいあるのよ~クローゼットいっぱい」
私:「コート?そんなに?」
S子さん:「私コート好きなの(笑)」
また知られざる一面を見た…。
「コートだったら秋冬になってから出品した方がいいよ、そのシーズンものしか売れない」とアドバイスする。

S子さん:「絵本は売れる?たくさん買ったけど子どもが全然読んでくれなかったから、新品同然」
私:「それは間違いなく売れる」

S子さん、無事出品できたかしら。
今度聞いてみよう。

*前住んでいた集合住宅の近くに用事があったので、車を停めさせてもらって歩く。
N沙さんちの3キッズのうち男の子二人(海と同い年で幼稚園一緒のRくん、その弟のKくん)が、「海ちゃんのお母さんだー」と駆け寄ってきてくれる。
Kくんが誕生日にもらったという新しい自転車を嬉しそうに見せてくれた。
Rくんは包帯が痛々しいね。転んで手を付いて、指が腫れて、家族全員突き指かと思っていたら実は骨折だったという話。
早く治るといいけど…。


【6/28(木)】
*久しぶりに天気が良く予定もないので、横浜へ出て買い物しようと思い立つ。
晴れてはいるけれど、なんだろうこの湿度は。
蒸し暑くて空気がべとつくように重い。
セスキウェットシートでフロアワイパーを念入りにかける。

まずは家から近い駅ビルで軽く雑貨などを見よう。
海風のせいかと思ったが、街中へ出てもじっとりする空気は同じ。
駅ビルに入ると、空調が効いてドライな空間にさっぱりする。

セリアでレジン駅やパーツを大量に買ったりしたあと(いつもクラフトをしてくれるK穂ちゃんのお姉ちゃんにあげるため)、
横浜へ出て…
アフタヌーンティー、フランフラン、ナチュラルキッチン、キッチンキッチン、キャトルセゾン、ヴィーダを見て回る。
ヒットはナチュラルキッチンで買ったヨット形の蚊取り線香スタンド。300円。




キッチンキッチンでは梅シロップ(この前の瓶に入りきらなかった分)を入れるWECKの瓶も買った。
シロップをすくうのにちょうどいい深さと形状のスプーン。
それからこの前(6/21)買って良かったお皿を買い足したり。
S子さんとのランチにも使ったフィッシュボウル。

Kのお見舞いプレゼントを選ぶ。
今、大事な治療中で無菌室にいるので(家族以外面会できない)、使えるもの、送っていいものも限られるなぁ。
もう少ししたら一時退院できるので、おうちで使えるものがいいかな。
ヴィーダでみつけた旦那さんとKのイニシャル箸置き(木製)とかもいいなと思ったけど、もう少し探してみよう。

*雪は委員長なので、代表委員会に出席して帰りが遅い。
海だけ、スイミングの前にAくんちに遊びに行く。
Sちゃんと遊ぶため。
海はもう使わないおもちゃ(プリキュアの携帯電話、3歳の誕生日プレゼントにもらったやつだ)をSちゃんあげて、すごく喜ばれていた。
ずっと電話かけてる(笑)、と翌日Aくんママより。

*ワールドカップ、日本×ポーランド戦を見る。
終盤のボール回しには、感情が高ぶって色々テレビに向かって言ってしまったけれど…
試合はどうあれ、決勝トーナメントに出場できるようになったのは良かった。


【6/29(金)】
*ゴミ出しのために外へ出たら暑くてびっくり!
今年初、扇風機を出す。
これは今夜あたりからクールアイス枕をほしがるな…と思い、去年の夏の後から倉庫にしまってあるのを取り出し、
水洗いして乾かし、冷凍庫で冷やしておく。ふたり分。

最近暑い暑いと騒いでいたら梅雨のことを忘れていた。
今日、早くも梅雨明け。
関東甲信地方で統計史上最も早い梅雨明けだそう。
雨量は足りているのかしら?
今日、都心は32.9度、5日連続の真夏日だ。

*普段あまり行かないシャトレーゼで買い物。
一昨日S子さんに、シャトレーゼのチョコバッキーというアイスが大好きではまっていると聞いたから。
おぉ、これね。

*見ていたドラマもことごとく終わってしまった。
こういう半端な時期は、次のドラマクールに入るまでは過去ドラマのブルーレイ録画を見て繋ぐ。
今は『ブラッディ・マンデイ』を見ている。
終わっても、2もあるからしばらく大丈夫。
川島海荷が初々しくて可愛いこと。成宮寛貴が重要な役で出てるから、再放送は永遠にされないだろうな…
録画しておいて良かった。

*今日はA香ちゃんも学童をお休みして海たちと遊んだので、放課後はいつにも増して楽しかったらしい。

*Aくんちで遊ばせてもらったあと、「ただいまー」と帰宅した雪、その後ろからAくん妹のSちゃんも現れ、
靴を脱いでトコトコと家に上がってきた。
雪が帰るとき、「Sも行く!」と言って聞かないので、Aくんに連れられて一緒に来たのだそう。
Sちゃんは雪にすごく懐いていて、女きょうだいがいないから海のことも大好き。
昔は「ねーね、ねーね」と呼んでいたが最近は「うみちゃん!うみちゃん!」と連呼する。
海も自分の部屋から降りてきて、嬉しそうにSちゃんと遊んでいた。

*子どもたち、やはり寝る時保冷剤がほしいと言うので、準備しておいたクールアイス枕を取り出す。
大喜び。良かった。

*夜は主人と、録画しておいた映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』を見る。
予告を見た時には、藤原竜也はよくこんな役を引き受けたなと思ってた。
実際に見たら、理由が分かった。
すごいオチがあるので絶対書かない。
展開が早くて無駄がなく、2時間あっという間!
映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』予告編/シネマトゥデイ


【6/30(土)】
*今日は[お父さんのやりたいこと]で、みんなでプールへ。
主人と子どもたちは泳ぎ、私はガラス越しの観覧席でみんなを見守る。
見守りつつ…読書。
主人に借りて読んでいる『超高速!参勤交代』が面白くって。
時代小説は読まない私だけどこれは時代小説ではなくカジュアルで読みやすい文章、
魅力的なキャラクターたち、胸打たれる人情小説、胸がすく結末。
ラストは思わず泣いてしまった。
これは映画を是非見たい!
参勤交代とは、行きが「参勤」で帰りが「交代」だということも、この本を読むまで知らなかった…。
江戸に行って、1年後に地元に帰ってきて、ようやく参勤交代1回が完了。
各地の大名にお金を使わせることで、幕府に反抗する財力を蓄えさせまいとした制度であることも初めて知った。
いや、教科書に書いてあったのかもしれないけど、全く記憶にない。

プールでは、大きな亀のように子どもたちを背中に乗せてすいすい泳ぐ主人を見て、惚れ直した。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

最近主人はわさび味のおやつにはまってて、見かけるたびに買ってくる(笑)
(そして私はカラムーチョは食べられるけどわさび味が辛くて食べられない)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2018-07-13 22:54 | Daily Diary | Trackback(10) | Comments(0)