Daily Diary【7/16-7/22】この週のことは書くのがつらく、時間がかかった

【7/16(日)】
*雪とYくんを逗子海岸へ連れて行った。
e0374581_14512623.jpg

貝拾いをしたり
e0374581_14491809.jpg

泳いだり
e0374581_14502215.jpg

「ヤドカリ!」(このあとリリース)
e0374581_01362460.jpg


このあと、ふたりは貝をたくさん獲った。
カメノテ、ヒザラガイなど、食べられる貝。

これの10倍ぐらい獲った
e0374581_01352846.jpg

雪もYくんも、食べると言って持ち帰った。

そのあと、逗子のお祭りを見て、かき氷を食べたり(雪)、チェリー水飴を食べたり(Yくん)して帰った。
e0374581_14521102.jpg

先にYくんをおうちに送り届けてから家に帰り、
ただいまーと家のドアを開けたら、綺麗なお花に出迎えられた。
e0374581_15054359.jpg
私たちが逗子へ行っているあいだ、海と主人は、フラワーアレンジメント教室(グリーンセンター主催)へ行っていた。
海の作った作品がこれ。
お花選びから、活ける作業まで、主人は手を出さず見守っていたそうだ。
トルコキキョウ、デルフィニウム、ガーベラ、アンスリウムの葉っぱ。とっても素敵だね!

*雪が獲ってきた貝を、塩茹でする。
もともと貝が苦手な主人は、そのへんの海の岩に張り付いてた貝なんて食べるはずもなく、海も「見た目でダメ」と言って箸を付けず、
私と雪だけで食べる。
カメノテは確かに美味しかったが、食べられる部分まで剥くのが一個一個大変だったので、雪と「もう次はいいね…」。


【7/17(月)】
*海の日。
雪が釣りがしたいとずっと言っていたので、磯子海釣り公園へ行く。

e0374581_18141282.jpg
懸念していた駐車場はガラガラで助かったが、行った時間も遅かった(10時過ぎ)からか、全然釣れない。
ボウズで帰る。
釣りに興味のないふたり(海&主人)は、一緒に来てはくれたものの退屈気味だった。海は、アイスもなかを売店で買ってもらった。
今度、私も釣り竿を買って、雪と並んで釣竿を垂らそうかな。

*家の庭に、すずめが砂浴びに来るのを、海が目撃して、数日後に主人が目撃して、今日はレースカーテンのすきまからスマホ動画を撮ることに主人が成功したそうで、見せてもらった。
うわあ可愛い…!
庭の、まだお花を植えずあけてある場所にお椀のような丸い穴がいくつかあいているのを、雪が歩いた跡だとばっかり思っていたが、あれがすずめの砂浴び場だった!
雪、無実!(確認したら「雪はステップストーンの上しか歩いてないよ」)

*海が「坂道の自転車練習したい」と言うので、夕方涼しくなってから、特訓に出かける。
以前住んでいたところは平地だったけれど、丘の上に引っ越したものだから周囲に坂が多く、先週家族で自転車遠出をしようとしたときに
海が途中の坂道を降りられなかったため、家族みんなで家まで引き返して車で行くことにしたのだった。

今日は、ブレーキをしっかり握りながら自転車で坂を降りる練習をする。
練習始めとして、自転車を手で押して坂を下りさせてみるが、加速に耐え切れずブレーキから手を離してしまった。
そこで、ごくごく緩やかな坂から練習する。
自転車に乗って坂を降りては、また押して坂を登る。
ひとつクリアしたら、もう少し傾斜のある坂へ移動。
…と徐々に傾斜をきつくしていき、4種類の坂道で繰り返し練習した。
最終的には、先週おりられず断念した坂もクリア!やったね!
海、「きびしめの特訓のおかげでうまくなった」と言っていた。

*夜はカレー。

*食後は、記念日なのでケーキ。一番好きなケーキ屋さんのケーキ。でも、新作のレモンタルトがあまりにもすっぱくて、私涙目。


【7/18(火)】
*雪のバケツ稲(6/15記載)を引き取りに、小学校へ。
本当に重い。
ビニールシートを敷いた車の後部座席足元に乗せて、慎重に運転して帰る。
庭に置いた。

*午前中はタカハシで買い物。
柄にキラキラジュエリーが付いている折り畳み傘98円が目玉商品、絶対これ海が好きだ!
どの色が一番気に入るか分からなかったから薄紫、濃いピンク、サックス、ブルーグリーンの4本を買う。
もし気に入れば全部買ったっていい。6年間ぶんの折り畳み傘ストックにしていい値段。
雪には一回り大きな迷彩カラー折り畳み傘を、グリーン系迷彩とブラック系迷彩の2本買う。これも98円。

*午後、ヨーカドーで買い物中、いきなり空が暗く変わり、雨が降り出す。
急いで帰ったけれど雨が強くて洗濯物を濡らしてしまった。悔やまれる。
予報では、急な天候の変化ありと言っていたのに、家を出るときは晴天で、しばらくは大丈夫だろうと過信していた。

子どもたちはもう学校を出ているぐらいの時間だ。
ふたりとも置き傘があるから大丈夫だろうと家で待機していたけれど、雨がひどくなり雷が鳴り出し、
ドーンと近くに落ちる音も聞こえた段階で、これは海やK美ちゃんが怖がっているのではないかと気が気でなくなり、
いてもたってもいられず家を飛び出し、下校路へ向かう。

途中、雪とAくんが歩いてくるのと行き合った。
雪、なんで傘差してないのよ!
「えー、出るときは降ってなかったし、荷物いっぱいあって差したくなかったし」(メダカの入ったペットボトルを持ってる。真ん中を切り開いて横置きの水槽にしているから、縦に持てない)
もう!早く帰りなさい、カギあいてるから、お母さんは海のところに行ってくる。と言って、ずんずん先に進む。
急ピッチで威力を増してくる大粒横なぐりの雨、傘を差していても洋服がびしょぬれだ。
お友達のAちゃんと、Aちゃんのおばあちゃんと一緒に海がやってきた。
Aちゃんのおばあちゃんも、雨と雷を心配して途中まで迎えに行ったそうだ。
「ああ、お母さんが来てくれてよかった。よかったね海ちゃん」とおばあちゃん。
K美ちゃんは三者面談なので、そのまま学校に残っているらしい。
雨はどしゃ降り、会話も聞こえない滝のような轟音。
海の差してきた折り畳み傘を、私の大きい傘と交換する。「いいの?」と海が聞く。もちろん!いいに決まってるじゃん!命だってあげるよ!
あちらこちらで聞こえる落雷に怯えながら歩き続ける。落ちませんように…。
途中、Aちゃんのお母さんが立っていたので挨拶する。
お母さんはAちゃんと合流してどこかへ向かって行った。おばあちゃんだけ、ランドセルを持っておうちへ帰っていく。
ありがとうございました、とお礼を言う。
スカートは濡れて重くなり足にまとわりつき、長靴の中までタプタプになり、なんとか家まで帰り付く。
ふー。
ガーン。雪が帰っていない!ランドセルもないし、なにより内玄関が濡れていないから一度も帰っていない!
途中にあるAくんちに寄ったんだ……
とりあえず海の頭や体をタオルで拭いていると、携帯電話が鳴り、雪がAくんちの電話を借りてかけてきた。
雨がひどくなったから、うちに寄りなよとAくんが言ってくれたので、雨宿りをしていると。
もう、あんな濡れ鼠でお邪魔するなんて!
私:「傘持ってすぐ迎えに行くから帰ってきなさい!よくお礼を言って!」
もう、すぐAくんちに行ってお母さんに謝り、お礼を言い、この天候で折り畳み傘を持って帰ってこなかった雪の目論見の甘さを叱る。
Aくんママはとてもいい方なので笑ってた。そして、「このあと遊ぶみたいだから、着替えたらまたおいでね」と。
ぶつぶつ雪に文句を言いながら、家に帰ると、海が「お母さん、ちょっと悪いお知らせがあるんだけど」
ななな、なんだ。
海:「宿題で国語ドリルの直しをやらなきゃいけないんだけど、学校に置いてきたみたい」
私:「…それ、今日絶対やらなきゃいけないやつ?」
海:「うん」
私:「じゃあ、取りに行こう、車で」
雪には、Aくんちで食べるためのおやつを持たせ、「お邪魔します、お世話になります、と挨拶するんだよ!靴の向きをそろえてね!」と釘を刺し、海と小学校へ向かう。
朝、バケツ稲も取りに行ってるから、本日二回目の車での来校…
しかし!今、三者面談中だから、教室にすんなり入れないんだった。
教室前で、今やってる面談が終るのを待つ。
ガラガラと戸が開いて、面談が終わった親子が出てきた。
さっき、一緒に帰ってきたAちゃんだ。お母さんと来てた。
先生も出てこられたので、「宿題を忘れてしまって…ロッカー(教室後ろにある)から取ってもいいですか」と聞き、いいですよと言われたので海に取ってこさせる。
Aちゃんママに、「歩きで来たんですか?」と聞いたらそうだと言うので、良かったら乗っていきませんか、この雨ですからと声をかける。
「ええ!?いいんですか?ありがとうございます、朝顔も持ち帰るんですけどいいですか?」
「どうぞどうぞ」
後部座席に、AちゃんとAちゃんママと朝顔を乗せて、一緒に帰ってくる。
Aちゃんちはうちと同じ地区班。ちょっとだけ離れているけれど車なら2分もかからない。

なんてバタバタした午後だったんだ。
海とおやつを食べながら、私はコーヒーを淹れて落ち着く。

*さっき買ってきた折り畳み傘を海に見せたら大喜び!全部使う!と。
雪も、ダーク迷彩カラーの折り畳み傘が気に入って、これは使うと。というか、可愛くて使うのがもったいない!と。
え、ならお母さんもう一回買いに行ってこようかな?もう売り切れちゃってるかもしれないけど、ちょっと行ってくる!
もう一度車をタカハシに走らせると、やはり大人気でもうほとんど残っていなくて、海に最後の二本だった薄ピンクと水色を、
雪には最後の一本だったブラック系迷彩を買って帰る。
「折り畳み傘」というラベルを付けた収納ボックスが、シューズクロークの棚に仲間入り。

*雨が降り出す前に買っておいたアジで、アジフライを揚げる。
自宅で揚げたてのアジフライは柔らかくて美味しい!

*寝る前に読む本、今日海がリビング本棚から選んで持ってきたのは黒井健さんの絵が美しい『手ぶくろを買いに』。
長いので半分までね、と子狐が街へ出ていく直前まで読んで、続きは明日、と絵本を閉じると海が「ああ~気になる~!ちゃんと人間のほうの手、出せるかな?それともいじわるなおばあさん(帽子屋さんはおばあさんとなぜか思い込んでる)で、つかまっちゃうかな?」
なんて言ってる。
ふふ、お楽しみに~。

*夜は、主人も駅まで迎えに行く。
今日一日車に何度乗っただろうか。


【7/19(水)】
*朝、庭のお花にジョウロでお水をあげていると、やはり庭仕事に出てきたお隣のおばあさまが挨拶してくださった。
そして「かわいいですね、朝顔」と、海の朝顔を見て言ってくださる。
私:「娘が小学校から夏の間持ち帰ってきたんです。隣にあるこっちは、息子がバケツ稲という学校の学習で育てている稲で、泥と水を張っています。これも夏の間、家で管理しなきゃいけなくて、持ち帰ってきてるんですよ」
おばあさま:「まあ、稲!?お米になるの?朝顔と稲、毎日楽しみに見させて頂きますね」
私:「ありがとうございます。枯らさないようにします!(笑)」

*OKストアで買い出し。
e0374581_00293011.jpg


e0374581_00365593.jpg

・石垣 フジミネラル麦茶15包入り \150←有名処なのだけど、飲んだことがなかったので購入。
(試した結果、一番美味しいと思ったのは、これでもなく、6月にはまった伊藤園の黒豆麦茶でもなくやっぱりはくばくの丸粒麦茶だった。)
・グリコ 超旨細えだ豆(7/13に買ったもののリピート。昨日Aくんちに行くときに持たせたら、妹のSちゃん2歳に超好評だったそうで)
・牛豚挽き肉7:3 \139/100g
・パスコ 超熟10枚切 \132
・キッコーマン 無調整豆乳1L \153
・徳島産新れんこん \98/100g
・日清 ヘルシードレッシング アマニごま 190ml
・カンピー 甘味庵 こしあん 500g \259
・カルビー ベジたべる \74
・カルビー ジャガビーバターしょうゆ味 5袋入り \168
・長崎産ブロッコリー \158
・近藤牛乳 1000ml \152
・安曇野ミネラルウォーター 2L \59×2本
・小岩井 スライスチーズ7枚入り \154×2個
・タイシ 国産油揚げ 2枚入り \118
・キユーピー パン工房ツナ&マヨ 150g \155

*スイミング。
雪、半年以上ぶりの進級。涙が出そうになるね。(私が。)

*夜はれんこんハンバーグ。
お肉にみじん切りのれんこんを混ぜ込み、丸く成型した表裏に輪切りのれんこんも貼り付けて焼いた。
e0374581_01434938.jpg
*『手ぶくろを買いに』、後半戦。
海は続きが知りたくてワクワク。
子狐が狐のほうの手を出してしまったときは、緊張で息を深く吸ってた。
無事買って帰れて、ハッピーエンドでほっとしてた様子。
帽子売りのお店の人が意地悪ばあさんだったバージョンを想像して、面白おかしく話してたけど。


【7/20(木)】
*梅雨明け!
雪は朝、「なんか忘れてる気がする…」と言いながら家を出て、数分後にバタバタ引き返してきて、
「お母さん、プールバッグとプールカード!やっぱりなんか忘れてると思った!」
わりとすぐ気付いて戻ってこられて良かった。
こんな暑い日にプールグッズ一式忘れたら、親も胸が痛くなる。
五年生も今日で五回の水泳授業がクリアできて良かった。

*海が昨日スイミングスクールに水着を忘れてきたので、取りに行く。
忘れ物が多い雪とは違って、海がスイミングに忘れ物をするのは初めてなので、怒らない。
今度から、全部持ち物バッグに入れたかよく見てね、とだけ言う。

*私がリビングにいると、レースカーテン越しに、何かの気配。
すずめだ!
砂浴びに来た!
一眼レフを望遠レンズに切り替え、そっと窓に近付いて、隙間から撮影…
やったー、私も動画が撮れた。

静止画に切り抜いたのがこれ↓

チラッと窓辺を見る
e0374581_19321926.jpg


全身砂にうずめて、よーい

e0374581_19324906.jpg

バタバタバタッ 砂ぼこりを立てて大暴れ
e0374581_19343423.jpg


ふ~~と休憩
e0374581_19362832.jpg

穴の入り口に停まり、ふっくら毛を逆立てて
e0374581_19415861.jpg



ブルンとひとふり  このあと飛んでいきました
e0374581_19412376.jpg
*家のそばにある24時間ディスカウントスーパーが、朝採れ三浦野菜&果物コーナーを常設してくれるようになり嬉しい。
茄子、ピーマン、きゅうり、人参を買って帰る。

*子どもたち、今日で小学校の前期が終了。
明日から夏休みだ。

*雪は放課後、Aくんちに遊びに行く。
こんなにしょっちゅう遊びに行って平気なの?と聞くが、お母さんも気さくでウェルカムな雰囲気、雪以外にも遊びに来るお友達は多く、
リビングのテレビでテレビゲームをさせてくれるらしい。
まだ小さい妹さんも混じって遊ぶから、そういう面ではお母さんも助かるのかもな…と経験上思う。
今日はおやつにベジたべるを持たせた。
今日から北海道のおばあちゃん家に行っちゃう別のお友達も、出発前に一瞬だけ来て遊び、一緒にベジたべるを食べて行ったらしい。
寄合所のようになってる…

*同時期に引っ越ししたM紀さんから、先日3歳の誕生日を迎えた末っ子Kちゃん(男の子)の写真が送られてきた。
海がKちゃんのことを溺愛していたので、「海ちゃんに見せて♪」と。
さっそく海に見せたら、
「かわいい!かわいい…。ちょっと変わったね。でもそれは大きくなったってことでいいことだ」と言い、パソコンにかじりついてずっとKちゃんの写真を眺めていた。

毎年一緒に行っていた集合宿舎の納涼会(外部参加OK)が週末に控えているのだけど、「引っ越しても行こうね!」と約束した私とM紀さん。
ただ、Hくんの習い始めたサッカーで毎週土日は動けないらしく、今度の納涼会には行けないと書いてあった。
また、下の子ふたりに続いてM紀さん自身も「りんご病」にかかってしまって、うつしたくないから、来週のウォーターイベントに行くのも残念だけどやめておく、とのこと。
お子さんたちは軽く済んだけど大人のりんご病は厄介で、完治まで2週間ほどかかるそう。
関節が痛いらしい。つらいね…。
7年間ほぼ毎日一緒に過ごしたM紀さん&私とそれぞれの子どもたち、同じ時期(一週間後)に引っ越して、
同じ横浜の中でも電車の沿線も変わり、遠くなった。
お互いの新居もまだ見ていないので、夏休み中に遊びにおいでね、お泊まり会もしようね、と言い合う。

*夜ごはんは
・れんこんハンバーグ(2日目)
・かつおのたたきの乗っけ盛りサラダ
・厚揚げと三浦野菜の炒め煮
・にら玉汁


【7/21(金)】
*夏休みスタート。
朝6時半から大きな公園でラジオ体操。
地域の皆さんも多く集まり、町内会長さんもいらしてる。
雪たち五・六年生は、前に出てやるよう促されると
「えー、わからないよ」「忘れた」と抵抗しつつも、渋々前に出てやってくれる。
五日間のラジオ体操。
最終日にはごほうびがもらえ、5日間中、3日来ると、追加のごほうびがもらえるそう。

*海と上大岡で買い物。
今日からマザウェイズのセールなので、開店とほぼ同時に店内へ。
海が選んだ山のような洋服を抱えて試着室に付き添い、「上に着る服ふたつ、スカートふたつ、ワンピースはひとつ」と自分で選ばせる。
ワンピース1着、トップス2着、カーディガン1着、スカート2着、サンダル、レインブーツ、かごバッグ、白い麦わら帽子を買う。
「いつもはこんなに買わないからね!(セール期&ボーナス期だからね!)」と念のため言っておく。

*海、午後からはK美ちゃんと待ち合わせしてはまっ子で、学校まで歩いて行ってもらうつもりだったが、あまりの暑さに「車で送ります」とK美ちゃんママにメールする。
1時という真夏の暑い盛りに、一年生を汗だくで歩いて行かせるのがしのびなく、心配で。

*海とK美ちゃんを学校まで送り届け、一緒に乗ってきた雪に「雪はお母さんとどこか行く?」と聞くと
「うん」
「どこ行こうか」
「うーん…グリーンセンターとか?」
よし、行ってみよう。駐車場の花壇に植える苗も買いたかったし。

グリーンセンターへ行くと、夏祭りやってる!
千円の買い物で一回参加できるらしい。
私の苗やら、雪の買い物やらで千円は行くだろう。
雪と一緒に、まずは種コーナーを見ていると、ひとりのおばさまが近付いてきて
「あのさあ、ちょっとこれ…」と言いながら、かばんをごそごそ。
何か、勧誘のチラシかな?と少し警戒していると、
「これ、さっきもらったんだけど、やらないからあげる。金魚すくいできるって」と、夏祭り参加チケットをくださった!
「いいんですか?ありがとうございます!」と喜んで頂く。
夏祭りコーナーへ行ってみると、かき氷、金魚すくい、お魚フィギュアすくい、スーパーボールすくいの屋台が出てる。
雪、どれをやる?と相談しているところへ、おばあさまがやってきて、「これあげるわ」と、またまたチケットをくださった。
良かったね、雪!
雪にはお魚フィギュアすくいを一回やらせてあげて、もう一枚は、園内の植物を見て歩いて汗かいたあとに、かき氷を食べようということに。
e0374581_00582608.jpg
買い物でもチケットを一枚もらえたので、帰り際にふたりでかき氷を食べた。
雪はマンゴー、私はダブルベリー。
e0374581_00595556.jpg

雪:「これかき氷らしいかき氷だね!すごく美味しい」
私:「シロップをまずカップに入れて、それから氷を削って入れて、最後にもう一回シロップかけてたよ!普通シロップ足りなくなるのに、嬉しいね」

この日買った植物は、雪が自分の菜園コーナーに蒔くスイスチャードの種(前に育てて以来雪のお気に入り野菜)、
私はすべて苗で、ヨウシュコバンノキ「夕焼け雲」、アンゲロニア(白)、雪のアドバイスでブルーサルビア。
培養土も大袋で買った。
夕焼け雲、ピンクや白の班が入っていて可愛い。
e0374581_16575018.jpg

*まだ海がはまっ子から帰ってくるまでに時間があるので、大型スーパーへ寄って涼む。
雪印のなめらかレアチーズプリンを売っていたので買う。みんな、これ大好き。
でも、OKストアにも、近所のディスカウントスーパーにも置いてないんだよね。

*買い物を終え、車に乗り込んでエンジンをかけると、カーラジオ(InterFM)から大好きなリンキンパークのNumbが流れていたので、
口ずさみながら立体駐車場を降りていると曲が終わり、DJが、
「先ほどからお伝えしていますように、リンキンパークのチェスターが自殺したという報道が入ってきていますが」

「えっ!?」

大声で叫んでしまった私に
雪:「有名な人?」
私:「有名だよ、日本でも世界でも、今かかってた曲お母さん大好きなんだよ、嘘でしょ、信じられない」

真っ白になる頭、とにかく衝撃に耐えて、まだ確定した事実じゃない、誤報も有り得る、と平常心を努めて運転し、家に帰る。

帰宅し、ニュースで事実だと確かめたら、もう全身に力が入らない…
何もする気になれない…
もうあの歌声が新しく産み出されることはないなんて!
自殺するなんて!なぜ!

*何時間経っても何もやる気が起きないが、買ってきた植物を放っておくわけにはいかないので、
夕方から庭に出て、雪に手伝ってもらって駐車場花壇の植え替え。
もともと外構業者さんがセレクトして植えておいてくれた植物がだいぶ伸びてきて、この際もっと好みに入れ替えようと思い、
あるものは抜いて、あるものは残し、あるものはプランターに植え替えて雪に引き取ってもらい、あるものは庭の隅に植え替える。
根っこが深くてすごく大変だった。
途中で帰ってきたお隣の奥さんと話す。
挨拶はいつも交わすのだけどフルタイムでお仕事をされている奥さんなので、なかなかじっくり話す機会がなかったが、
話したいなーと思っていたのが通じたようで、初めてたくさん話せた。暗くなるまで話した。
すごく気さくで面白くて、なんでも話せる人だった。
うちより10歳ぐらい若いご夫婦だと思っていたけれど、童顔なんで若く見られるだけなんですよ!でも実際若くないんですよ!と力説する奥さん。
お隣の奥さんが、うちの主人と同い年。
お隣の旦那さんが、私と同い年。
ということが分かり、ぐっと親しみが増す。
またゆっくり話せるといいな。

*夜、親友HIROMIに、メールする。
「リンキンパークのボーカルが自殺して、力が入らない。大好きな歌声だったんだよ。」

洋楽には詳しくないHIROMIだけど、音楽をやっているので、そして彼女も大好きだったアーティスト(親交のあった人も、憧れだけの人も)を何人も突然に亡くしているので、こういうときの一番気持ちを分かってくれるのはHIROMIだと思った。

HIROMIはリンキンパークは知らないけど、聞いてみると言ってくれた。
「好きな歌声だったんだね。何とも言えない気持ちで落ち込んでるんだね。」
と、気持ちを汲み取ってくれるのがありがたいし、HIROMIの好きなところだ。
(そして後日、Numbを聞いてくれたそうで、透明感のある声だね、震災後に色んな活動もしてくれたんだね、と。)


【7/22(土)】
*朝起きて、何をするよりも早く頭の中にNumbが流れ出して、また悲しみと喪失感に深く沈み込む。
熱いものを呑み込んだように喉の奥が苦しくて、胸が何かを打ち込まれたように痛くてたまらない。
家事をしながら涙を拭う。

まだ病死、事故死ならここまでショックを受けなかったと思う。
人はみな死んでいくものだから。
でも、なんの前触れもなく自殺だなんて、ファンは置いて行かれた感、取り残された感が強過ぎて、トラウマを負って、ここから立ち直るのに時間がかかるだろう。
人生はヘビーだけどもがきながらでもしがみついてでも生きろと、自分の苦しさや痛みをこめて歌い続けていた人が、ファンはそれで救われてきたのに、なぜ?何があったの?人生は本当は、生きるに値しないものだったの?あなたがたどりついた結論はそうなの?
答えを彼の口から聞けないことがつらい。突然の断絶。ただのファンでもこんなに苦しいのだから、家族はどれだけ地獄だろう。家族のことも殺すようなもの。自殺はやっぱりしちゃいけない。

*ラジオ体操(今日は主人も一緒に)をして、トイザらスに行って、ノジマ電機の夏祭りで金魚すくいと射的をする。
夕方から、前住んでいた町内の納涼会へ家族で行く。
N沙さんやその他たくさんのお友達が歓迎してくれた。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★



これからはもう二度と、痛みなくこの曲を聴くことはできない。
だけど、それでもNumbを繰り返し聴きながら生きていこう。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
トラックバックURL : https://ruricafe2.exblog.jp/tb/25941954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by machin-now at 2017-07-28 23:01
雪君の後ろ姿、お兄ちゃんになったなぁ。Ruriちゃん、魚釣りきっと楽しいと思うよ♪
そして海ちゃんのフラワーアレンジメントの素晴らしいこと!!
坊ちゃんとお嬢ちゃんが両方いることの醍醐味だね(って言っていいかな)

雀の砂浴びが見られる丘の上のお庭。すてきだねー。
Commented by Ruri at 2017-07-29 01:55 x
*まちんちゃん*

こんばんは!
飲み会で終電で帰ってきた主人を駅まで迎えに行っていたので、こんな時間です。
久しぶりにまちんちゃんからのコメントがあってぐっと来ました。元気ですか。

すずめの砂浴び、毎日のように見られます。
面白いのは、一回に1羽来るときも数羽で来るときも、すずめの全員が、複数ある穴の全部で砂浴びをしていくことです。
主人が「温泉に来て、ジャグジーとか薬湯とかいろんな種類のお湯にちょっと入っては出て、また次のお湯に入るかのように」と表現していたのがおかしくて、
私が「Ruri温泉…」とつぶやくと
主人が「Ruriの湯」と応えました。

盛大に砂浴びをする個体もいて、ステップストーンの上に砂が撒き散らされていたりもしますが(笑)、
お花や野菜の苗で庭が埋まるまでは、砂浴びスペースを開放してあげようと思っています。

男の子と女の子が両方いて、どちらの良さも楽しめるので本当にありがたいことと思っています。
(実際にはとても口にしづらいことではありますが…)
Commented by machin-now at 2017-07-29 23:42
FBの動画で雀の砂遊びを見たことがあるのですが、生で毎日見られるRuriの湯!すばらしいね♪
私の方は、母が5月に足腰が痛くて歩けなくなってしまい、通院や介護で忙しくしていました。骨粗鬆症も進行しており、脊椎管狭窄症や元々悪かった膝関節も段々進行して、寄る歳に勝てない面もあります。。。でも母はその後見事復活して今は室内は自分で歩け、屋外では腕を支えたり、杖をつけばごく短距離なら歩けています。

なるべく楽しい毎日を過ごしてもらうように、お茶や外出のメニューを作って、選んでもらったりしています。『落ち込むこともあるけれど、わたしは元気です』(笑い)
Commented by Ruri at 2017-07-30 10:08 x
*まちんちゃん*

お母様、まちんちゃんの献身的なサポートで回復されて、素晴らしいことです!
お茶や外出をメニューから選ぶの、なんて楽しいんでしょう。
単調になりがちな毎日も、そんな遊び心がちりばめられていたらフレッシュな気持ちで過ごせそうです。
名前
URL
削除用パスワード
by ruricafeonthehill | 2017-07-27 18:34 | Daily Diary | Trackback | Comments(4)