Daily Diary【6/11-6/17】学校行事で忙しい週。

【6/11(日)】
*今日はほぼ一日、主人と家具の組み立てをしていた。
あとは記録(と記憶)がない…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/12(月)】
*さぁまた一週間の始まり!
月曜日は掃除の意欲がマックス。
拭き掃除、掃除機がけ、ワイパー、そして今日のプラスワンは子ども部屋の散らかり片付け×2だ。
片付けるだけでなく、収納も微妙に変えて使いやすくしたので、一部屋に30分ほどかかった。
子ども部屋をいじるのは、もう少し大きくなったらやめようと思っているけど
今はまだ、収納のコツを目で見て覚えていってほしいから、あえて手を加える。
雪も海もこの歳にしては収納上手な方だと思うのだけど、こうしたらもっと使いやすくなるよとか、
こうしたら見た目もすっきりするし取り出しやすくなるよ、というような収納魂を、日常的に感覚的に子どもたちに教えていきたい。
ぴたりと収まっている収納はとても美しいものだ。
モノたちが収まるべき場所に収まり、ひとつひとつが主張しない、静かで落ち着きのある空間も美しい。

*はまっ子でやってきた宿題を見て、間違っているところがあったので、海と算数の勉強。
私が例題を5問出し、3問合っていれば頭をナデナデ、というルールにする。
でも大体4,5問は合っているので、ナデナデに加えて、海を抱き上げてぐるぐる回ってあげる。
海、自分でも合っているのが嬉しいようで、花丸を付けるとキャーと抱き付いてくる。
自宅勉強は、なにか楽しい要素がないとね。

*雪は、休み時間のドッヂボール中に転んで足をひねったと言って帰ってくる。
保健室で湿布を貼ってもらったそうだ。
もうほとんど痛くない、と言い、湿布を剥がしてサンダルに履き替え、遊びに出かけて行ってしまった。
が、お風呂のあと、また痛くなってきた~と。
1/13に腕を打撲したときに処方された「スミルスチック」という塗る湿布薬を出してきて、塗ってあげる。

*夜ごはんは
・豚の角煮と大根の煮物(バラブロックが安かったので、こちらのレシピで)
・きんぴらごぼう
・ほうれん草と豆腐のお味噌汁

お味噌汁には、バラブロックを煮込んだ煮汁を少し入れた。
こうすると、豚肉を入れなくても美味しい豚汁風になると書いてあったので…。
でも、少量入れただけでもお味噌汁がギトギトしてしまった。
今後は、バラ肉を茹でた煮汁は迷わず捨てよう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/13(火)】
*足が痛い雪を学校の近くまで車で送って行く。
海は歩く!と言うが、ついでなので乗せて行く。
おろした場所…それはもちろん、学校の門から少し離れたところにある曲がり角(笑)
私が子どもの頃、大雨の日などに父で車で送ってもらうときもそうだった。

*放課後、海の仲良し、K美ちゃんが家に遊びに来る。
海がK美ちゃんのおうちまで迎えに行って連れてきた。
お母さんも小さい妹さんを連れて、うちの前まで来てお礼を言いに来てくれた。
k美ちゃん、家の中のあれこれを「わあすてきですね」とほめてくれる、とても女の子らしい子。
おやつを食べて、シルバニアやここたまハウスで遊んで、アイカツカードを見せ合いっこ&交換して、
そこへ雪が帰ってきたのでK美ちゃんは雪の部屋に入って、飼っている生き物やら男の子独特のおもちゃに興味津々(K美ちゃんちは女姉妹なので新鮮だったみたい)、
それからお絵かきをしよう!と言っているところにk美ちゃんママがお迎えに来てタイムオーバー。
今度また遊ぼうね!

*夜ごはんは
・さわらのカッちゃん(甘みそ味)(パルシステム
・野菜スープ(キャベツ、紫キャベツ、人参、玉ねぎ、ウィンナー、コーン)
・おいもほり(6/10)で掘ってきたじゃがいもを使ってコンソメチーズポテト(レンジで蒸したポテトにパルメザンチーズをたっぷり振りかけフライパンで炒め、コンソメとバターで味付け。雪の育てたかいわれ大根をトッピング。)
パルメザンチーズが焼けてパリパリ!

e0374581_09453013.jpg


子どもたちにごはんを出して、明日の学校に必要な準備をしていた私、帰宅した主人にごはんを出したあとも何かしらやっていたため、
やっと食べ始めたのは子どもたちを寝かし付けてからだった。
食卓に着いて、いただきまーすと箸を取る私を見て主人が、
「Ruriまだ食べてなかったのか。じゃがいものやつうまいよ!」と親切にも教えてくれる。
私:「うん、作ったから知ってる(笑)」

*夜から雨。ザーッと降っている。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/14(水)】
*雨上がり。
雨上がりの日はタイルを洗うと決めている。
ポーチと土間のタイルをデッキブラシでゴシゴシ。
終ったら玄関ドアを半分ぐらい開けて(先日ミカヅキモモコで買ったドアストッパーで重しをして)、風を入れて土間タイルを乾燥させる。

傘や長靴を干す。
傘立ても綺麗に洗ってから干す。
観葉植物たちもポーチに出して日光浴させる。

雨の翌日は心なしか床もべとつく気がするので、いつもより丹念にセスキウェットシートで磨く。

それから冷蔵庫のポケットを全部取り出して洗う。
だし用昆布と、乾燥わかめ(鳴門の乾燥わかめが定期的に実家から届くので、キッチンばさみで小さくカットしてある)も
先日CouCouで買ったスパイスボトルに詰め替え、きちんと冷蔵庫ポケットにおさまっている。
このボトル方式にしてからとても使い勝手が良く、昆布でだしを取るのも、お味噌汁にわかめを入れるのもほぼワンアクションでできるようになった。
(今までは、冷蔵庫から乾燥わかめの袋を出し、輪ゴムを外して袋から長いわかめを適量取り出し、
お味噌汁の鍋の上でキッチンばさみでチョキチョキ切って、またわかめの袋を輪ゴムでしばって冷蔵庫にしまってた。昆布もしかり。袋がかさばるし、面倒くさいし…でなんとかしたいと思っていた。)

*雪は、回復しつつもまだ足が痛いのでスイミングはお休み。
海だけ連れて行く。
スイミングまで送って私は戻り、大きなスーパーに車を停めて、周辺をうろうろと雑用で歩き回っていると…
交差点の向こう側に、Fちゃんが!
自転車に乗ったお友達のSちゃんと一緒にいる。
気付いたFちゃんが「あぁー!」とはしゃいだ顔になる。
そして、「雪いますか!?」
私、前回(5/12)同様、「ごめんまた私だけ」と答えると、Fちゃんみるみる肩を落とす。
慌てて「今度遊びに連れてくるからね!」と告げる。
そして、Fちゃんは交差点でSちゃんと別れ、習い事へ向かって行った。
自転車に乗って、Sちゃんが「雪のお母さん!」と追いかけてきた。
「はーい、なに?」と立ち止まる。
Sちゃん:「ドッキリでさ、」
私:「ドッキリ!?」
Sちゃん:「ドッキリで、私が雪に手紙書いたら雪どうするかな?」
私:「なんでドッキリなのよ」
Sちゃん:「だって、関係ない私からいきなり手紙が来たら雪驚くでしょ(笑)」
私:「いや関係なくないよ、一緒に遊んだりもしたし、普通に手紙書いてよ、ね!」
Sちゃん:「あはは」
じゃあね!と曲がり角で別れる。
さようなら~と、後ろからSちゃんの声。
手紙、来るかな。来ないだろうな。

*海に、メゾピアノけいさんドリルを買う。スイミングから帰ってきた海に見せると、
e0374581_22503917.jpg
以前ほしがっていたので、「これ買ってくれたんだ!」と大喜び。
中を開いては、

「お母さん、ふつう数えさせるものってただのまるやしかくだけど、見てこれ、ハートだよ!」
e0374581_22512361.jpg

「あと、出てくるものが全部海の大好きなものばっかり」
e0374581_22521813.jpg
ほんとだ、マカロン、キャンディ、ケーキ…
さすが天下のメゾピアノ、乙女心を分かってる!

付録でクリアファイルとプチノートが付いてるし
e0374581_22540130.jpg

できたねシールも可愛すぎてもったいなくて、貼ってほしくないそうです。(なので、一冊やり終えたらそのままシール台紙ごとあげることにしました)
e0374581_22545017.jpg

その隣でやっている雪のドリルは、先日も紹介したこれですが、
e0374581_22490807.jpg

世界観の違いに、めまいがしそうです。
e0374581_22562055.jpg
*夜ごはんは
・ハンバーグ
・トマトときゅうりとレタスのサラダ
・コンソメチーズポテト(残り)
・豆腐とわかめのお味噌汁

*学校から配られた読み聞かせボランティア募集の紙に、見学と入会の申し込みを書いて返信しておいたのだが、
読み聞かせ役員さんだという五年生のお母さんからメールが来た。
見学に来る日の希望を聞かれたので、一番早い日(6/13)でお願いしたら、「では詳しいことは明日の授業参観と懇談会の合間に少しお話しましょう!Ruriさんのクラスのぞいて、声かけます!」と。
お互いに顔を知らないので、「私は○色のバッグを持って行きます。どうか私をみつけて下さい(笑)」と送ると、
「はい、では明日、ブラインドデートで!(笑)」と返ってきた。
ふふ、楽しそうな人だ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/15(木)】
*今日は3・5・6年の授業参観。
その数時間前に学校でPTA役員の仕事が入っている。
(委員長があえて授業参観と同じ日にしてくれた)
今日の仕事は、「特別室」のカーテンサイズと枚数確認、そのために必要なボランティア数のカウント。
各クラスのカーテン洗い(学期末)は、クラス懇談会で有志を選出するのだけど(私も1年生のクラスのカーテン洗いに手を挙げた)、
たくさんある特別室のカーテンを洗う人が別に必要で、学校側から30人以上ボランティアを募集する。
特別室とは理科室、図工室、図書室、音楽室、視聴覚室、家庭科室、小人数教室、それに保健室、校長室、職員室など。
それぞれを回って、暗幕何枚、小さいカーテン何枚…と記録していく。
各教室をこんなにいっぺんに見られるなんて学校ツアーのようだった。
初めて入る特別室も多く、一保護者だったら六年間入ることのない部屋もあるだろうなと思った。

理科室のカーテンを確認していたら、向かいにある図工室の授業が終わって廊下へ出てくる子どもたち。
一人の男の子が立ち止まって、じっと理科室をのぞいてくる。
あ、うちにもよく遊びに来る雪の仲良しYくんだ。
手を振ると、図工室に引き返して、雪のお母さんいるよ、と雪を連れて来てくれた。
雪にも手を振る。
今日の図工では糸のこを使って木工工作をしたのが面白かったらしい。(雪は時間が余ったから、余り木片で父の日用にパーツを削っておいたということも後で知る)

家庭科室は、以前雪が「すごく綺麗だよ」と言っていた通りにピカーと綺麗で、入った瞬間、役員たちから歓声が上がった。
光差し込む白いお部屋。
ガラス棚の中には何台ものアイロンが綺麗に整列して収められ、大きな調理台の上には何も置かれずすっきり。
衛生命!の部屋だけど、冷たい感じは全くしなくて、家庭的な温かさと清潔感に溢れてる。
私の好きな、そして目指しているお部屋だわ。

打ち合わせは少し時間をオーバーしてしまったので委員長に謝られながら、みんな参観へと足早に向かう。
私は雪のいる五年生の教室へ。
雪が、私がいるかどうか気にして何度も振り返っているのが分かった。
お母さん来たよ!教室もういっぱいだから、廊下から見てるよ!

女神(Yくんママ)とも会って話せたし、子ども同士が毎日一緒に帰るほど仲のいいKTくんのお母さんとは、今までメールのやり取りのみだったけれど今回ようやく会うことができた。
やっと会えましたね!と互いに喜ぶ。
線の細い、はかなげで綺麗なお母さんだった。
ここではかげろうさんと呼ぼう。

授業参観を終えて、懇談会。
今子どもたちが育てていて、夏休みにいったん持ち帰らなければいけない「バケツ稲」が大変そうだ。
10リットルの大きいバケツに、たっぷり入った泥と、その上に2,3cm入っている水、さらに稲。
相当な重量があるので、家に持ち帰るのは子どもはもちろん大人でも歩きや自転車では無理です、
自家用車で学校まで来て構わないので、7月後半から夏休み入った頃までの間に保護者が受け取りに来てください、
そして夏休み明けから9月上旬までの間に再び車で届けてください、と先生がおっしゃる。
みんな、ざわざわ…。
そこへ、上のお子さんが何年か前にバケツ稲を育てたという、経験者のお母さんが、バケツ稲のお世話がいかに大変かをリアルに語り始め、先生と保護者たちを青ざめさせていた。
「うちの子の稲は夏休み入ってすぐに枯れちゃったので、その時の先生に相談して、刈り取って逆さにして夏休み中干して、新学期に持って行きました。
夏なのでバケツの水がすぐ干上がって土が乾いちゃうので、数日間水をやらないと枯れてしまいます。
帰省する人はポタポタ落ちて水やりできるペットボトルじょうろを差したりしておかないと悲惨なことになります。
また、日陰に置いておかないとすぐ枯れますよ。くれぐれも絶対に日向に置いてはだめです。
先生は9月半ばまでには持って来てくださいとおっしゃいましたが、夏休み明けに早く持って行かないと枯れますよ!」
うわー帰省中どうしようという声がたくさん上がる。
先生:「そうなんですね!学年の先生方と話し合って、持ってくる時期をもう少し早めます。子どもたちは意外と無頓着だから、実質的に水やりなどの管理はお母さんになるかも」
お母さんたちどよめく。
親のプレッシャー半端ない。
まあうちはガーデナー雪がいるからきっと大丈夫だろう。

雪のロッカーから、ビニール袋に入った重い重い粘土作品を回収して帰る。
作品というか、すでにバラバラになっているから粘土のかたまりにしか見えない物。
そして、びっくりするほど重い。これを歩きで持って帰るのか…。
知り合いのお母さんに「これ持って帰っていいんでしたよね?」と聞くと「はい。うちはだいぶ前に持ち帰ってきました」とのこと。
ですよね…雪も、ずいぶん前に「明日粘土作品持って帰ってくる」って言ってたのに一向に持って帰ってこず。
そしてそのお母さん、「処分に困ってこっそり捨てました(笑)」と。
私も「うちもアリバイ的に数日間飾ってから処分しようと思います(笑)」と。

帰ってから雪に「ロッカーの粘土持って帰ってきたよ!」と言うと
雪:「あれ、あった?ずっと忘れてたし、なんか気付いたらなくなってたからいいかと思って」
私:「ばっちりあったよ!本の陰に隠れてたよ!探そうよ!っていうか、重すぎない?この粘土。何粘土?紙粘土じゃない、小麦粘土でもない、鉄粘土!?
雪:「ふふっ。捨てちゃっていいからね」

*夜ごはんは、昨日多めに作っておいたハンバーグを使って、ロコモコ丼。
(ごはんにレタスを敷いてハンバーグを乗せ、デミグラスソースをかけて目玉焼きを乗せ、ブロッコリー添え)
副菜はサラダチキン(桜島どりのバジル風味)とパプリカとレタス、きゅうり、茹でたてとうもろこしのサラダ。
お味噌汁は油揚げとえのき、もやし、ねぎ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/16(金)】
*朝、家族を送り出して洗濯物を干したら、掃除機をかける暇もなく学校に向かう。
今日は読み聞かせを見学させてもらう日なのだ。
8:10には学校のPTA準備室に着き、ボランティアの皆さんにご挨拶。
熱烈に歓迎された。
なぜなら今年度、新規で読み聞かせボランティアに申し込みがあったのは私とあと一人だけなのだそう。
読み聞かせメンバーはかなり減っているらしく、聞いたら28人。1クラスあたり2人もいない計算になる。
前の小学校では1クラスに4~7人ぐらいボランティアがいたのに!
しかもこの小学校では卒業生のお母さんたちが地域ボランティアとして読み聞かせに参加して下さっており、
在校生のお母さんだけカウントしたら20人ちょっと。
前の学校のお母さんたちの方が、読み聞かせに対して熱心だったんだな。

ベテランの卒業生お母さん(もうお子さんたちが中学&高校&社会人だという)にくっついて行って見学させてもらうのは2年生の教室。
みんな、私語もなく集中して真剣に聞いてる。可愛い…。

10分間の読み聞かせタイムが終わって、そのお母さんにくっついて準備室へ戻る途中、昇降口にわらわらといる体操着姿の子どもたち。
知ってる顔が幾つかある。
雪のクラスだ。
辺りを見渡すと、水筒を飲んでいる雪をみつけたので、雪!と声をかける。
雪:「読み聞かせの見学?」
私:「そう」
用事で学校に行くと、雪と遭遇する率、高くないか。

読み聞かせの流れや準備室での事務作業を簡単に教えてもらい(前の小学校より事務作業は簡略化されていてとても楽)、ぜひ参加したい旨伝える。
シフトが7月分はもう決まっているため、私が参加できるのは9月になる。ずいぶん先だ。

さあ、いったん家に帰ろう。午後は海の授業参観と懇談会が控えている。

*家に帰ってきたら、再度出かけるまでにあまり時間がないのだけど、掃除機をかけ、ワイパーをかけ、洗濯機のゴムパッキンのカビ取り。
本当はゴムパッキン専用のカビキラー(があると最近知った)がほしかったけど、近隣のドラッグストアやスーパーでは取り扱っていない。
通常のカビキラーを垂れないようウエスで広げて放置、新しいウエスで拭き取ってから、洗濯機を一回空回し。
すっきり綺麗になった。
冷凍のエビピラフ(最近はまっている)を食べたら、再度小学校へ向かう!
今日は1・2・4年の授業参観なのだ。
雪と海は別日になった。
きょうだいが同じ日の方が来校が一回で済むし、懇談会も「上の子のクラスに行ってきます~」と抜けたりできて(←これにずっと憧れていた)いいけど、
別日の方がそれぞれの子どもたちの授業をじっくり参観できるし懇談会も全部話を聞けていいね。

*一年生の昇降口で女神におつかれ~と声をかけられる。下の子も同じクラスだからね。今日も会えた。
昨日懇談会を欠席した女神に、バケツ稲の大変さ(らしいよと)を伝える。
私の話を聞いて、車で運ぶにしてもそんな、泥やら水やら入ってる10リットルのバケツ車に乗せたくないよね!もしもひっくり返したら…と言っていた。確かに。

*授業参観では海、緊張気味。
私が見に来ていたかららしい。いつもはそんな風じゃないらしい(本人談)。
雪と違って、全く後ろを振り返らない。でも背中が意識しまくり(笑)
女神に「海ちゃんすごい集中してるね!全然後ろ見ないのね」と言われる。
女神のお子さんは1分に1回はニコニコと振り返ってお母さんを思いっきり確認していた。可愛いぞ!

*懇談会は来週の全校遠足の話などしてさらりと終わる。
終ったあと、顔見知りのお母さんたちとひとしきりおしゃべりする。
男の子ママはロッカーから、ぐしゃぐしゃになった新聞紙や丸まった上着を取り出していて、「もう!」と言ってる。
雪のロッカーから、忘れ去られた粘土残骸を持ち帰った昨日の私がオーバーラップする…
そして海のロッカーのすっきり綺麗なこと。
学校図書館で借りた「はじめての焼き菓子作り」という本が入ってる。
机の中も綺麗で、感心する。
女の子って、こういうものなんだなぁ。

2日連続、小学校へ午前と午後の2往復して、授業参観と懇談会2学年分にPTA役員とボランティアの用事…。
充実してたけど疲れた!たくさんの人と会って話したなぁ。学校のいろんなお部屋を回ったなぁ。
入学して以来「第二の忙しさピーク」(この日記のちょこっとおしゃべりで触れた)は、この二日間だった。

おいも料理は続いている。今日は、「コーンバターde粉ふき芋風♪」
e0374581_09533912.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/17(土)】
*主人とふたり、前住んでいた家の駐輪場までようやく自転車を取りに行った。
子どもたちには家でUVレジンで遊んでいてもらって、行きはバスを使い、帰りは自転車で20分。
前よく行っていたスーパーでN沙さんとばったり会って嬉しかった。
来月の夏祭りの日取りを教えてくれた。住民以外も参加できるので。
(うちと同時期に、横浜の別の区へ引っ越した)M紀さんにも連絡したらしいが、Hくんのサッカーがあるのでまだ来れるか分からないらしい。
うちは子どもたちがとても楽しみにしているので、予定を空けておいて行くつもり。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

我が家では、子どもをお風呂に入れるのは赤ちゃんの時からずっと私の仕事です。
子どもたちをお風呂で洗い続けて10年半。
ついに海も、自分で髪と体を洗えるようになったのでお役目卒業となりました!
雪は年中さんぐらいから自分で体も髪も洗えるようになったけど
海の髪はかなり長いので、最近までは本人に任せるのが心配でやらせていませんでした。
最近、一緒に練習して、自分でもシャンプーとコンディショナーをしっかり使い分けて丁寧に洗えるようになりました。
でも疲れたときは「お母さん洗って~」と甘えてくるので、まだしばらくは出番がありそうです。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
トラックバックURL : https://ruricafe2.exblog.jp/tb/25861363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by ruricafeonthehill | 2017-06-20 23:02 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)