カテゴリ:Daily Diary( 12 )

【6/20(火)】
*粗大ごみ回収の日。
よいしょ、よいしょと自宅前の道路に出す。
前の家で結婚当初から使っていて、新しい家にも一応持ってきてみた無印のコタツにもなるテーブル。
傷も多いのと、重くてオフハウスまで運ぶのが大変なので粗大ごみへ出すことに。
今までありがとうございました。

*溶連菌のあとの尿検査のため、朝一番で海から採取した物を持参して私だけ小児科へ。
尿蛋白も潜血もなく問題ありません、ただしくりかえる子は何度もやるので今後も気を付けてくださいと言われる。

*続けてOKストアで買い物。
明日の大雨に備えて、明日の分のごはん材料も買っておくことにする。
今夜はお魚と煮物とサラダ、明日は雨で濡れて冷えそうだからクリームシチューにしよう。
まだまだこの前掘ったじゃがいもも残ってるし。

*明日から大雨なので、今日のうちに洗濯機を3回回す。
1回目は普通に、2回目はシーツや枕カバー、3回目は学校から帰ってきた海の水泳授業で使ったタオル、水着、水泳帽。

*3人(私と子どもたち)で同時に歯医者。
5月半ばに出産してまさに今日から産休復帰した担当のM先生におめでとうございますを言えて良かった。
復帰早いですね!
しばらくは週2日勤務にするとのことなので、その曜日に合わせて次の予約を入れる。

*母から、実家の庭で穫れたびわが送られてくる。
こんなにたくさん詰まった箱が3つ。
e0374581_20170917.jpg
びわは大好きなので嬉しいけど、こんなに送ってこなくても…

*夜ごはんは
・かじきのバジルオイル漬けのソテー(雪が、これかじき料理のナンバーワン、と言う。魚の評判があまり良くないOKストアだが、これは当たりだった!)
・茄子の甘辛煮
・サラダ(きゅうり、パプリカ、レタス、ハム)
・えのきとお豆腐のお味噌汁
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/19(月)】
*雪が頭が痛いと言う。そしてお腹がゆるいと。
熱を計ったら微熱。
私が学校を休ませる基準は、7度を超える熱か、激しい咳か、歩けないぐらいの頭痛、立ち上がれないぐらいの腹痛。
雪はまあ普通に動けているし、今日は、4・5月に習った漢字のまとめテスト(50問テスト)があることもあり、頑張って行かせる。
どうしてもつらかったら保健室に行ってね、熱が上がっていたら車で迎えに行くから、と言う。

*保健室から電話がかかって来ないか、ずっと携帯をポケットに入れて気にしながら一日過ごす。
掃除を終えたあと、ソファ前のコーヒーテーブルの引き出しに合うケースを百均に探しに行く。ここの引き出し(3杯)に文房具や日用品を入れたくて。
キャンドゥにちょうどいいケースがあった。
そのあとケーキ屋さんへ行き、家族みんなからリクエストを聞いておいたリストを見て父の日用ケーキを買う。
(主人:1.チョコ 2.モンブラン 3.ショートケーキ。雪:チーズケーキかモンブラン。海:1.チョコ 2.ショートケーキ 3.チーズケーキ。)

百均で買ってきた透明ケースで用途別に仕分けて、コーヒーテーブルの引き出しに文房具をしまう。
油性ペン、細い水性ペン(お気に入りのSigno極細0.38mm。大学生の時からこれひとすじ。ちなみに超極細の方は好きじゃない)、
サインペン、子どもたちの宿題やる時セット(鉛筆・消しゴム・スティック糊・赤青鉛筆)、セロテープ、両面テープ、
はさみ、カッター、クリップ類、リモコン(照明・TV・エアコン)。
これらが見えないところ(でもすぐ出せるところ)にすっきり片付いて満足。

*学校から帰ってきた海が、「今日掃除の時間に海のクラスに雪とYくんが来て、掃除を手伝ってくれた」と言う。
えっ、どういうこと?
1時間後に帰ってきた雪にも話を聞くと、自分のクラスの掃除が早めに終わった雪とYくん。
弟大好きのYくんは「雪の妹と俺の弟(Tくん)のクラス見に行こうぜ(←同じクラス)」と雪を誘い、一年生の教室へ降りて行ったそう。
一年生はまだ掃除真っ最中だったため、Yくんは「掃除手伝っていいですか、って先生に聞いてよ」と雪に頼み(意外にシャイなんだねYくん)、雪が海の担任の先生に聞いたところ「大歓迎です!」と言われ、ふたりで手伝ったということだった。
Yくんの弟Tくんは「こいつ、俺のお兄ちゃん。こっちは雪(Tくん、常に雪を呼び捨て)。海のお兄ちゃん。」とみんなにふたりを紹介し、雪は陽気でひょうきんな性格柄すぐに一年生たちに溶け込んで掃除を手伝い、
海はあとから「海のお兄ちゃん面白いね」と男の子たちに言われたと言っていた(一体何をしたんだろう)。
掃除終了後、先生:「○○さん(Yくん名字)も□□さん(雪の名字)も、掃除がとっても上手ですね!みなさん、お礼を言いましょう」
一年生、声を揃えて:「あ り が と う ご ざ い ま し た」

(友達から誘われたとはいえ、)妹のクラスの掃除を手伝うお兄ちゃんになってくれてお母さんは嬉しい!

*雪は今日、結局保健室には行ったそうだけど、平熱+0.2度だったため、先生も親には連絡せず、雪を少し保健室で休ませてくれたそう。
雪はそのあと頭痛もなくなったそうで、普通に授業を最後まで受けて帰ってきた。
そして漢字テストは1問(「解」という字の刀が違った)間違えただけの98点。立派!すごいよ。
(私が子どもの時…と言っても中高生頃の話だけど、テストで98点や99点を取ってくると、母にいつも「惜しい」と言われた。惜しいじゃなくて、ほめてよ!と、母に対してよく怒ったものだ。あの感情を未だに覚えているから、私は自分の子が100点に少し及ばない点を取ってきても、絶対に「惜しい」と言わず「こんなに取れてすごいねよく頑張ったね」とほめようと決めている。)

*おやつを食べながら、今日はAくんと遊ぶ約束をした、と雪が言う。
同じクラスで少し近所のAくん。
私:「ふたりで遊ぶのは初めてなんじゃない?Aくんって面白いよね。お母さん一緒に帰ったことあるんだよ。海とAくんとあと何人かで。Aくんすっごく飛行機好きなんだよね。ずーっと飛行機について話してくれたよ」
雪:「Aくんね、確かに面白いけど、時々教室を脱走するよ」
えっ?
なんでも、道徳や総合など話し合いの時間に、自分の意見を友達から否定されると「もういいよ!」と言って椅子をガシャーンと倒し教室から飛び出して行ってしまうらしい。
なんと、今学期既に3回脱走しているらしい。
先生も慣れたもので、すぐに教室備え付けの電話から職員室に捜索と連れ戻しの依頼をかけ、「皆さんは探しに行かなくていいです」と授業を続けるのだそう。
去年一緒のクラスだった子によれば、去年もそういう行動が見られ、体育の時間にいなくなって探してみれば、教室の掃除用品を入れるロッカーの中で泣いていたこともあったのだとか…
本当にいろんな子がいるね!それも個性だね!徐々に、みんな落ち着いて大人になっていくから今だけのエピソードだね。

そして今日は公園でAくんと遊び、そのうち3分間ぐらいはAくんと上空を飛ぶ飛行機を見上げていたのだそうだ。
ふふ。可愛いふたり。

*夜ごはんは、オムライス。
いつもごはんを炊いている土鍋で、チキンライスも炊いてみた。
鶏肉と玉ねぎみじんを入れて、コンソメと、多めのケチャップを入れて。
おぉ、チキンライスでも美味しく炊けるね。
サラダは、レタス(静岡のビバグリーン)、オクラ、きゅうり、パプリカ、コーン、ハムを入れて具沢山に。
お味噌汁は、大根と油揚げ。
油揚げは、3枚パックで入っている安いやつはどうも美味しくないと思う…
2枚入りで、国産大豆と書いてあるのが美味しい。そして個人的にはあまり肉厚でないほうが好み。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/18(日)】
*父の日。
主人が髪を切りに出かけている間、子どもたちに「お父さんにあげるもの、大丈夫?」と見せてもらう。(準備しているのは知っていた)

雪は先日(6/15)の図工の時間の終わりに、糸のこで切っておいた丸い木片に、自分で作った押し花/押し葉を両面にコーティングしたストラップ。
いいな~
それと、天然石で作ったネックレス。
e0374581_09565416.jpg
海は、はまっ子でパートナー(はまっ子専属の先生のこと)と一緒に作った可愛い折り紙作品と、自分でアクアビーズで作った犬(お父さんが犬好きだから)。それと、拾った綺麗な貝殻。お手紙つき。
e0374581_09575060.jpg

お父さんが帰ってきたら、みんなで「せーの」と声を合わせて、「おとうさん いつもありがとう」と言って手渡した。
(私からはお洋服。)
お父さん、みんなにありがとうと言って喜んでくれたので良かった。

夜ごはんはごちそうにしたいところだけど、よりによって明日が主人の職場健康診断なので、「夕飯に肉&動物性油脂禁止」という注意事項が盛り込まれている。
なので、ぶりの照り焼きメインの和食を作る。
父の日ケーキも、今日でなく明日買ってくることにする。

*明日は4・5月で習った漢字の総まとめテストなので、例のドリルで雪と勉強する。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

(一週間の終わりに書き加えます…)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-06-22 11:02 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)

【6/11(日)】
*今日はほぼ一日、主人と家具の組み立てをしていた。
あとは記録(と記憶)がない…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/12(月)】
*さぁまた一週間の始まり!
月曜日は掃除の意欲がマックス。
拭き掃除、掃除機がけ、ワイパー、そして今日のプラスワンは子ども部屋の散らかり片付け×2だ。
片付けるだけでなく、収納も微妙に変えて使いやすくしたので、一部屋に30分ほどかかった。
子ども部屋をいじるのは、もう少し大きくなったらやめようと思っているけど
今はまだ、収納のコツを目で見て覚えていってほしいから、あえて手を加える。
雪も海もこの歳にしては収納上手な方だと思うのだけど、こうしたらもっと使いやすくなるよとか、
こうしたら見た目もすっきりするし取り出しやすくなるよ、というような収納魂を、日常的に感覚的に子どもたちに教えていきたい。
ぴたりと収まっている収納はとても美しいものだ。
モノたちが収まるべき場所に収まり、ひとつひとつが主張しない、静かで落ち着きのある空間も美しい。

*はまっ子でやってきた宿題を見て、間違っているところがあったので、海と算数の勉強。
私が例題を5問出し、3問合っていれば頭をナデナデ、というルールにする。
でも大体4,5問は合っているので、ナデナデに加えて、海を抱き上げてぐるぐる回ってあげる。
海、自分でも合っているのが嬉しいようで、花丸を付けるとキャーと抱き付いてくる。
自宅勉強は、なにか楽しい要素がないとね。

*雪は、休み時間のドッヂボール中に転んで足をひねったと言って帰ってくる。
保健室で湿布を貼ってもらったそうだ。
もうほとんど痛くない、と言い、湿布を剥がしてサンダルに履き替え、遊びに出かけて行ってしまった。
が、お風呂のあと、また痛くなってきた~と。
1/13に腕を打撲したときに処方された「スミルスチック」という塗る湿布薬を出してきて、塗ってあげる。

*夜ごはんは
・豚の角煮と大根の煮物(バラブロックが安かったので、こちらのレシピで)
・きんぴらごぼう
・ほうれん草と豆腐のお味噌汁

お味噌汁には、バラブロックを煮込んだ煮汁を少し入れた。
こうすると、豚肉を入れなくても美味しい豚汁風になると書いてあったので…。
でも、少量入れただけでもお味噌汁がギトギトしてしまった。
今後は、バラ肉を茹でた煮汁は迷わず捨てよう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/13(火)】
*足が痛い雪を学校の近くまで車で送って行く。
海は歩く!と言うが、ついでなので乗せて行く。
おろした場所…それはもちろん、学校の門から少し離れたところにある曲がり角(笑)
私が子どもの頃、大雨の日などに父で車で送ってもらうときもそうだった。

*夜ごはんは
・さわらのカッちゃん(甘みそ味)(パルシステム
・野菜スープ(キャベツ、紫キャベツ、人参、玉ねぎ、ウィンナー、コーン)
・おいもほり(6/10)で掘ってきたじゃがいもを使ってコンソメチーズポテト(レンジで蒸したポテトにパルメザンチーズをたっぷり振りかけフライパンで炒め、コンソメとバターで味付け。雪の育てたかいわれ大根をトッピング。)
パルメザンチーズが焼けてパリパリ!

e0374581_09453013.jpg


子どもたちにごはんを出して、明日の学校に必要な準備をしていた私、帰宅した主人にごはんを出したあとも何かしらやっていたため、
やっと食べ始めたのは子どもたちを寝かし付けてからだった。
食卓に着いて、いただきまーすと箸を取る私を見て主人が、
「Ruriまだ食べてなかったのか。じゃがいものやつうまいよ!」と親切にも教えてくれる。
私:「うん、作ったから知ってる(笑)」

*夜から雨。ザーッと降っている。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/14(水)】
*雨上がり。
雨上がりの日はタイルを洗うと決めている。
ポーチと土間のタイルをデッキブラシでゴシゴシ。
終ったら玄関ドアを半分ぐらい開けて(先日ミカヅキモモコで買ったドアストッパーで重しをして)、風を入れて土間タイルを乾燥させる。

傘や長靴を干す。
傘立ても綺麗に洗ってから干す。
観葉植物たちもポーチに出して日光浴させる。

雨の翌日は心なしか床もべとつく気がするので、いつもより丹念にセスキウェットシートで磨く。

それから冷蔵庫のポケットを全部取り出して洗う。
だし用昆布と、乾燥わかめ(鳴門の乾燥わかめが定期的に実家から届くので、キッチンばさみで小さくカットしてある)も
先日CouCouで買ったスパイスボトルに詰め替え、きちんと冷蔵庫ポケットにおさまっている。
このボトル方式にしてからとても使い勝手が良く、昆布でだしを取るのも、お味噌汁にわかめを入れるのもほぼワンアクションでできるようになった。
(今までは、冷蔵庫から乾燥わかめの袋を出し、輪ゴムを外して袋から長いわかめを適量取り出し、
お味噌汁の鍋の上でキッチンばさみでチョキチョキ切って、またわかめの袋を輪ゴムでしばって冷蔵庫にしまってた。昆布もしかり。袋がかさばるし、面倒くさいし…でなんとかしたいと思っていた。)

*雪は、回復しつつもまだ足が痛いのでスイミングはお休み。
海だけ連れて行く。
スイミングまで送って私は戻り、大きなスーパーに車を停めて、周辺をうろうろと雑用で歩き回っていると…
交差点の向こう側に、Fちゃんが!
自転車に乗ったお友達のSちゃんと一緒にいる。
気付いたFちゃんが「あぁー!」とはしゃいだ顔になる。
そして、「雪いますか!?」
私、前回(5/12)同様、「ごめんまた私だけ」と答えると、Fちゃんみるみる肩を落とす。
慌てて「今度遊びに連れてくるからね!」と告げる。
そして、Fちゃんは交差点でSちゃんと別れ、習い事へ向かって行った。
自転車に乗って、Sちゃんが「雪のお母さん!」と追いかけてきた。
「はーい、なに?」と立ち止まる。
Sちゃん:「ドッキリでさ、」
私:「ドッキリ!?」
Sちゃん:「ドッキリで、私が雪に手紙書いたら雪どうするかな?」
私:「なんでドッキリなのよ」
Sちゃん:「だって、関係ない私からいきなり手紙が来たら雪驚くでしょ(笑)」
私:「いや関係なくないよ、一緒に遊んだりもしたし、普通に手紙書いてよ、ね!」
Sちゃん:「あはは」
じゃあね!と曲がり角で別れる。
さようなら~と、後ろからSちゃんの声。
手紙、来るかな。来ないだろうな。

*海に、メゾピアノけいさんドリルを買う。スイミングから帰ってきた海に見せると、
e0374581_22503917.jpg
以前ほしがっていたので、「これ買ってくれたんだ!」と大喜び。
中を開いては、

「お母さん、ふつう数えさせるものってただのまるやしかくだけど、見てこれ、ハートだよ!」
e0374581_22512361.jpg

「あと、出てくるものが全部海の大好きなものばっかり」
e0374581_22521813.jpg
ほんとだ、マカロン、キャンディ、ケーキ…
さすが天下のメゾピアノ、乙女心を分かってる!

付録でクリアファイルとプチノートが付いてるし
e0374581_22540130.jpg

できたねシールも可愛すぎてもったいなくて、貼ってほしくないそうです。(なので、一冊やり終えたらそのままシール台紙ごとあげることにしました)
e0374581_22545017.jpg

その隣でやっている雪のドリルは、先日も紹介したこれですが、
e0374581_22490807.jpg

世界観の違いに、めまいがしそうです。
e0374581_22562055.jpg
*夜ごはんは
・ハンバーグ
・トマトときゅうりとレタスのサラダ
・コンソメチーズポテト(残り)
・豆腐とわかめのお味噌汁

*学校から配られた読み聞かせボランティア募集の紙に、見学と入会の申し込みを書いて返信しておいたのだが、
読み聞かせ役員さんだという五年生のお母さんからメールが来た。
見学に来る日の希望を聞かれたので、一番早い日(6/13)でお願いしたら、「では詳しいことは明日の授業参観と懇談会の合間に少しお話しましょう!Ruriさんのクラスのぞいて、声かけます!」と。
お互いに顔を知らないので、「私は○色のバッグを持って行きます。どうか私をみつけて下さい(笑)」と送ると、
「はい、では明日、ブラインドデートで!(笑)」と返ってきた。
ふふ、楽しそうな人だ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/15(木)】
*今日は3・5・6年の授業参観。
その数時間前に学校でPTA役員の仕事が入っている。
(委員長があえて授業参観と同じ日にしてくれた)
今日の仕事は、「特別室」のカーテンサイズと枚数確認、そのために必要なボランティア数のカウント。
各クラスのカーテン洗い(学期末)は、クラス懇談会で有志を選出するのだけど(私も1年生のクラスのカーテン洗いに手を挙げた)、
たくさんある特別室のカーテンを洗う人が別に必要で、学校側から30人以上ボランティアを募集する。
特別室とは理科室、図工室、図書室、音楽室、視聴覚室、家庭科室、小人数教室、それに保健室、校長室、職員室など。
それぞれを回って、暗幕何枚、小さいカーテン何枚…と記録していく。
各教室をこんなにいっぺんに見られるなんて学校ツアーのようだった。
初めて入る特別室も多く、一保護者だったら六年間入ることのない部屋もあるだろうなと思った。

理科室のカーテンを確認していたら、向かいにある図工室の授業が終わって廊下へ出てくる子どもたち。
一人の男の子が立ち止まって、じっと理科室をのぞいてくる。
あ、うちにもよく遊びに来る雪の仲良しYくんだ。
手を振ると、図工室に引き返して、雪のお母さんいるよ、と雪を連れて来てくれた。
雪にも手を振る。
今日の図工では糸のこを使って木工工作をしたのが面白かったらしい。(雪は時間が余ったから、余り木片で父の日用にパーツを削っておいたということも後で知る)

家庭科室は、以前雪が「すごく綺麗だよ」と言っていた通りにピカーと綺麗で、入った瞬間、役員たちから歓声が上がった。
光差し込む白いお部屋。
ガラス棚の中には何台ものアイロンが綺麗に整列して収められ、大きな調理台の上には何も置かれずすっきり。
衛生命!の部屋だけど、冷たい感じは全くしなくて、家庭的な温かさと清潔感に溢れてる。
私の好きな、そして目指しているお部屋だわ。

打ち合わせは少し時間をオーバーしてしまったので委員長に謝られながら、みんな参観へと足早に向かう。
私は雪のいる五年生の教室へ。
雪が、私がいるかどうか気にして何度も振り返っているのが分かった。
お母さん来たよ!教室もういっぱいだから、廊下から見てるよ!

女神(Yくんママ)とも会って話せたし、子ども同士が毎日一緒に帰るほど仲のいいKTくんのお母さんとは、今までメールのやり取りのみだったけれど今回ようやく会うことができた。
やっと会えましたね!と互いに喜ぶ。
線の細い、はかなげで綺麗なお母さんだった。
ここではかげろうさんと呼ぼう。

授業参観を終えて、懇談会。
今子どもたちが育てていて、夏休みにいったん持ち帰らなければいけない「バケツ稲」が大変そうだ。
10リットルの大きいバケツに、たっぷり入った泥と、その上に2,3cm入っている水、さらに稲。
相当な重量があるので、家に持ち帰るのは子どもはもちろん大人でも歩きや自転車では無理です、
自家用車で学校まで来て構わないので、7月後半から夏休み入った頃までの間に保護者が受け取りに来てください、
そして夏休み明けから9月上旬までの間に再び車で届けてください、と先生がおっしゃる。
みんな、ざわざわ…。
そこへ、上のお子さんが何年か前にバケツ稲を育てたという、経験者のお母さんが、バケツ稲のお世話がいかに大変かをリアルに語り始め、先生と保護者たちを青ざめさせていた。
「うちの子の稲は夏休み入ってすぐに枯れちゃったので、その時の先生に相談して、刈り取って逆さにして夏休み中干して、新学期に持って行きました。
夏なのでバケツの水がすぐ干上がって土が乾いちゃうので、数日間水をやらないと枯れてしまいます。
帰省する人はポタポタ落ちて水やりできるペットボトルじょうろを差したりしておかないと悲惨なことになります。
また、日陰に置いておかないとすぐ枯れますよ。くれぐれも絶対に日向に置いてはだめです。
先生は9月半ばまでには持って来てくださいとおっしゃいましたが、夏休み明けに早く持って行かないと枯れますよ!」
うわー帰省中どうしようという声がたくさん上がる。
先生:「そうなんですね!学年の先生方と話し合って、持ってくる時期をもう少し早めます。子どもたちは意外と無頓着だから、実質的に水やりなどの管理はお母さんになるかも」
お母さんたちどよめく。
親のプレッシャー半端ない。
まあうちはガーデナー雪がいるからきっと大丈夫だろう。

雪のロッカーから、ビニール袋に入った重い重い粘土作品を回収して帰る。
作品というか、すでにバラバラになっているから粘土のかたまりにしか見えない物。
そして、びっくりするほど重い。これを歩きで持って帰るのか…。
知り合いのお母さんに「これ持って帰っていいんでしたよね?」と聞くと「はい。うちはだいぶ前に持ち帰ってきました」とのこと。
ですよね…雪も、ずいぶん前に「明日粘土作品持って帰ってくる」って言ってたのに一向に持って帰ってこず。
そしてそのお母さん、「処分に困ってこっそり捨てました(笑)」と。
私も「うちもアリバイ的に数日間飾ってから処分しようと思います(笑)」と。

帰ってから雪に「ロッカーの粘土持って帰ってきたよ!」と言うと
雪:「あれ、あった?ずっと忘れてたし、なんか気付いたらなくなってたからいいかと思って」
私:「ばっちりあったよ!本の陰に隠れてたよ!探そうよ!っていうか、重すぎない?この粘土。何粘土?紙粘土じゃない、小麦粘土でもない、鉄粘土!?
雪:「ふふっ。捨てちゃっていいからね」

*夜ごはんは、昨日多めに作っておいたハンバーグを使って、ロコモコ丼。
(ごはんにレタスを敷いてハンバーグを乗せ、デミグラスソースをかけて目玉焼きを乗せ、ブロッコリー添え)
副菜はサラダチキン(桜島どりのバジル風味)とパプリカとレタス、きゅうり、茹でたてとうもろこしのサラダ。
お味噌汁は油揚げとえのき、もやし、ねぎ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/16(金)】
*朝、家族を送り出して洗濯物を干したら、掃除機をかける暇もなく学校に向かう。
今日は読み聞かせを見学させてもらう日なのだ。
8:10には学校のPTA準備室に着き、ボランティアの皆さんにご挨拶。
熱烈に歓迎された。
なぜなら今年度、新規で読み聞かせボランティアに申し込みがあったのは私とあと一人だけなのだそう。
読み聞かせメンバーはかなり減っているらしく、聞いたら28人。1クラスあたり2人もいない計算になる。
前の小学校では1クラスに4~7人ぐらいボランティアがいたのに!
しかもこの小学校では卒業生のお母さんたちが地域ボランティアとして読み聞かせに参加して下さっており、
在校生のお母さんだけカウントしたら20人ちょっと。
前の学校のお母さんたちの方が、読み聞かせに対して熱心だったんだな。

ベテランの卒業生お母さん(もうお子さんたちが中学&高校&社会人だという)にくっついて行って見学させてもらうのは2年生の教室。
みんな、私語もなく集中して真剣に聞いてる。可愛い…。

10分間の読み聞かせタイムが終わって、そのお母さんにくっついて準備室へ戻る途中、昇降口にわらわらといる体操着姿の子どもたち。
知ってる顔が幾つかある。
雪のクラスだ。
辺りを見渡すと、水筒を飲んでいる雪をみつけたので、雪!と声をかける。
雪:「読み聞かせの見学?」
私:「そう」
用事で学校に行くと、雪と遭遇する率、高くないか。

読み聞かせの流れや準備室での事務作業を簡単に教えてもらい(前の小学校より事務作業は簡略化されていてとても楽)、ぜひ参加したい旨伝える。
シフトが7月分はもう決まっているため、私が参加できるのは9月になる。ずいぶん先だ。

さあ、いったん家に帰ろう。午後は海の授業参観と懇談会が控えている。

*家に帰ってきたら、再度出かけるまでにあまり時間がないのだけど、掃除機をかけ、ワイパーをかけ、洗濯機のゴムパッキンのカビ取り。
本当はゴムパッキン専用のカビキラー(があると最近知った)がほしかったけど、近隣のドラッグストアやスーパーでは取り扱っていない。
通常のカビキラーを垂れないようウエスで広げて放置、新しいウエスで拭き取ってから、洗濯機を一回空回し。
すっきり綺麗になった。
冷凍のエビピラフ(最近はまっている)を食べたら、再度小学校へ向かう!
今日は1・2・4年の授業参観なのだ。
雪と海は別日になった。
きょうだいが同じ日の方が来校が一回で済むし、懇談会も「上の子のクラスに行ってきます~」と抜けたりできて(←これにずっと憧れていた)いいけど、
別日の方がそれぞれの子どもたちの授業をじっくり参観できるし懇談会も全部話を聞けていいね。

*一年生の昇降口で女神におつかれ~と声をかけられる。下の子も同じクラスだからね。今日も会えた。
昨日懇談会を欠席した女神に、バケツ稲の大変さ(らしいよと)を伝える。
私の話を聞いて、車で運ぶにしてもそんな、泥やら水やら入ってる10リットルのバケツ車に乗せたくないよね!もしもひっくり返したら…と言っていた。確かに。

*授業参観では海、緊張気味。
私が見に来ていたかららしい。いつもはそんな風じゃないらしい(本人談)。
雪と違って、全く後ろを振り返らない。でも背中が意識しまくり(笑)
女神に「海ちゃんすごい集中してるね!全然後ろ見ないのね」と言われる。
女神のお子さんは1分に1回はニコニコと振り返ってお母さんを思いっきり確認していた。可愛いぞ!

*懇談会は来週の全校遠足の話などしてさらりと終わる。
終ったあと、顔見知りのお母さんたちとひとしきりおしゃべりする。
男の子ママはロッカーから、ぐしゃぐしゃになった新聞紙や丸まった上着を取り出していて、「もう!」と言ってる。
雪のロッカーから、忘れ去られた粘土残骸を持ち帰った昨日の私がオーバーラップする…
そして海のロッカーのすっきり綺麗なこと。
学校図書館で借りた「はじめての焼き菓子作り」という本が入ってる。
机の中も綺麗で、感心する。
女の子って、こういうものなんだなぁ。

2日連続、小学校へ午前と午後の2往復して、授業参観と懇談会2学年分にPTA役員とボランティアの用事…。
充実してたけど疲れた!たくさんの人と会って話したなぁ。学校のいろんなお部屋を回ったなぁ。
入学して以来「第二の忙しさピーク」(この日記のちょこっとおしゃべりで触れた)は、この二日間だった。

おいも料理は続いている。今日は、「コーンバターde粉ふき芋風♪」
e0374581_09533912.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/17(土)】
*主人とふたり、前住んでいた家の駐輪場までようやく自転車を取りに行った。
子どもたちには家でUVレジンで遊んでいてもらって、行きはバスを使い、帰りは自転車で20分。
前よく行っていたスーパーでN沙さんとばったり会って嬉しかった。
来月の夏祭りの日取りを教えてくれた。住民以外も参加できるので。
(うちと同時期に、横浜の別の区へ引っ越した)M紀さんにも連絡したらしいが、Hくんのサッカーがあるのでまだ来れるか分からないらしい。
うちは子どもたちがとても楽しみにしているので、予定を空けておいて行くつもり。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

我が家では、子どもをお風呂に入れるのは赤ちゃんの時からずっと私の仕事です。
子どもたちをお風呂で洗い続けて10年半。
ついに海も、自分で髪と体を洗えるようになったのでお役目卒業となりました!
雪は年中さんぐらいから自分で体も髪も洗えるようになったけど
海の髪はかなり長いので、最近までは本人に任せるのが心配でやらせていませんでした。
最近、一緒に練習して、自分でもシャンプーとコンディショナーをしっかり使い分けて丁寧に洗えるようになりました。
でも疲れたときは「お母さん洗って~」と甘えてくるので、まだしばらくは出番がありそうです。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-06-20 23:02 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)

【6/4(日)】
*くりはま花の国へ、ポピーを摘みに行く。
去年も行ったポピー祭り。
今年は、無料摘み放題の日を調べて行く。
シーズン終わりに、2回だけ摘み放題の日がある。
前回はシーズン初めに行ったので満開で綺麗だったけど、来年は摘み放題の日に行きたいと、海に一年間お願いされていたのだ。

終りかけなので、ちょっぴり寂しいポピー畑。(を、みつめる雪。)
e0374581_15513268.jpg

e0374581_15580542.jpg


e0374581_14380696.jpg


e0374581_14383863.jpg

e0374581_14391337.jpg

e0374581_14392647.jpg


e0374581_14343471.jpg



花摘み大会まではアスレチックで遊んで
e0374581_16225041.jpg


e0374581_16251561.jpg
ロング滑り台
e0374581_14334431.jpg


e0374581_16163244.jpg


14時から花摘み開始
e0374581_15492016.jpg

「俺は摘まなくていいよ」と主人がみんなの荷物とカメラを持って写真も撮ってくれた。
3人は夢中で摘んだ!

海のブーケ  控えめで可愛らしい
e0374581_16032942.jpg

雪のブーケ  ヤグルマソウなども入って綺麗
e0374581_15341598.jpg


私のブーケ 何日間も楽しめるように、つぼみ多め
e0374581_15283525.jpg
帰ってきてから花瓶に活けて、みんな自分のお部屋に飾った。

【後日記:この日ポピー摘みに行った日記をブログに上げてる人がいる!
動画にうちの家族が映ってないかとドキドキしてしまった(笑) 微妙に花摘みエリアが違って、映ってなかったのでほっ。
同じ日にあのお花畑にいたのだと思うと親近感。私もあの日の帰りはテーマソングが頭の中をぐるぐるしてたなぁ。】

*夜ごはんは、午前中から雪が「今日の夜ごはん、グラタンがいい」と切望していたので
・ポテトマカロニグラタン
・カンパリトマトとレタスとチーズのサラダ
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/5(月)】
*気温が週末よりは低めで清々しい一週間の始まり。
子どもたちと主人を見送って、掃除に精を出し、今日は区役所や郵便本局に行かなければいけない予定満載なので
10時頃来るパルシステム配達を受け取ったらすぐ家を出よう…と準備を整えていたら10時前に電話が鳴り、取ると小学校の保健の先生からだった。
その時点で頭の中は、「あ~、どっちだ?雪か海か?病気かケガか?」と心配ではちきれそう。

先生:「海ちゃんのお熱を計ったら38.2度ありまして…」
ええっ!
朝は元気に出て行ったのに。
ハッ、でもそういえば喉が痛いとは言っていたな…
急いで学校へ迎えに行く。(タイミング良く、電話を切ったらすぐ生協が来たので受け取って冷蔵庫にしまってから車で学校へ向かう)

学校の駐車場に停めて迎えに行くと海は保健室のベッドに寝かせてもらっていて、少し赤い顔をして苦しげ。

保健の先生:「1,2時間目が体力テストで頑張ったんです。中休みに喉が痛いと言って保健室へ来たんですけど、熱を計ってみたら…。担任のS先生も先ほど来られて、『気が付いてあげられなくてごめんね~』って謝ってましたよ。クラスのお友達の女の子もふたり、心配そうにお見舞いに来ました」

私:「そうですか…ありがとうございます。海、だいじょうぶ?」

海:「喉と頭と足が痛い。あと気持ち悪い。体力テストの途中で気持ち悪くなって、S先生に言ったら、ゲーゲー出そう?って聞かれて、
そこまでじゃないって答えたら、じゃあ頑張ろうかって言われた。体力テスト終わってからもまだ気持ち悪くて、中休みは自由に動けるから、着替えてから一人で保健室へ行った。保健室の先生はいなくて、○○にいますっていう札がかかってたから、少し待ってたら保健室の先生が帰ってきた。まず熱を計って熱があったから、先生がお母さんに電話した。」

そうかそうか。よく状況が分かったよ。

保健の先生:「喉が赤いので、今溶連菌にかかってる子も校内で出てきているので、もしかしたらその可能性もあるかもしれません」

先生にお礼を言って、すぐさまかかりつけの小児科を携帯から予約して、家に連れて帰りソファをベッドのようにして休ませ、
その時は軽いお昼を食べる元気もあったのだけど、診察の順番が近付いて病院の駐車場に着いた頃には本当につらそうで、病院まで抱えて歩き、待合室でも涙目で苦しそうな声を出し、私がずっと立って抱っこしていた。

検査の結果…
溶連菌だった。
雪はかかったことなく、海も初めて。
熱、喉の痛み、気持ち悪さ、足の痛みは溶連菌の症状でしょうとのこと。
今後手足に細かい発疹が出てきたり、治りかけに手足の皮が剥けてくることもあるそう。
お薬をもらい、水曜にまた受診することになった。

病院から帰ってきて、お薬を飲んだあと20分ほど昼寝をした。
この抗生剤の効き目がすごく、一回飲んだだけで効果が目に見えて現れ、熱はどんどん下がっていくし本人の機嫌も回復していく。

夕方、海の担任の先生から電話。海さんの具合どうですか?と。
溶連菌でした、明日まではお休みします、連絡帳は兄に渡しますと伝える。
体調が悪いことに気付かず体育に参加させたことを謝ってこられる先生だが、
海にも保健室の先生にも私にも「具合が悪いことに気が付かなくて」という表現を使うところがどうしても引っかかる。
海が、体育の途中で「気持ち悪い」と訴えたことはなかったことになってる?という不信感が込み上げてくるのだ。
まぁ、海も吐くほどじゃないと答えたから大丈夫だろうと判断したのだろうし、
体力テスト中だったから、保健室に抜けてしまうと計測できない種目があり予備日にやり直しになってしまうから、
多少無理してでもやりきらせようと思ってくれたのかな、と考えることにする。
ただ、全部終わってから一人で保健室に向かった海を思うと、切ない。

夜ごはんは
・鶏ごぼう釜飯
・はんぺんとピーマンの甘辛炒め
・蒸し豆とかぼちゃのサラダ
・コーンスープ

海にはひとつひとつのおかずを「どれくらい食べれる?」と聞いて、そのぶんだけ盛り付けたので完食でき、
食後には主人が職場からもらってきたデラウェア2房を1/2房ずつに切って海にも「食べる?」と聞いたら「ぶどうは好きだけど今日はいい、重いから」と断ったものの、「ちょっとでいいから食べてみて」と食べさせたら「おいしい」と言いながら1/2房食べきっていた。
寝る前にはすっかり普段通りの体温と笑い上戸。(ちょっと機嫌は良過ぎる気がしたけど、これも高熱が出たせいか、はたまたお薬の副作用か…)
こんなに薬の効果が早く現れるとは、同じく高熱&喉痛コンボのインフルエンザやヘルパンギーナとは全く違う病気だということを感じた。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/6(火)】
*雪が、朝起きてきたら「超気持ち悪い」と言っているので、うつったか?と焦る。
しかし熱は平熱なので、具合が少しでも悪くなったらすぐ保健室に行くように言い聞かせて送り出すが、
元気のないトボトボ足取り…
これは雪も早退あるかもな、と思い一日電話を気にして過ごすが元気に帰ってきて友達と遊びに出かけて行った。
気持ち悪いのも学校に行ったら直っていたそうで良かった。

*溶連菌は出席停止にはならない病気で、熱や喉の痛みがなくなれば登校していいらしい。
ただ一応熱が下がっても明日一日はお休みしてください、と昨日かかりつけの小児科の先生から言われたので海は元気だけど今日もお休みする。
発疹は結局出なかった。軽く済んだのかもしれない。

*「そうだ、いいもの買っておいたよ」と切り出すと海が「なに?」とわくわくした顔で聞いてくる。

これ!
e0374581_18360519.jpg
UVレジンのクラフトセット。全部百均(キャンドゥ)で購入。
これで何かチャームを作ろうよ。
海:「これ、海のほしかった『ぷにジェル』と同じやつだ!」
私:「多分、そこまでいいものじゃないけど、これで充分楽しめるよね」

海、ヒトデ型と熱帯魚型で作る。
ラメを入れてキラキラに。
日射しの当たる窓辺に置いておいたらすぐ乾いた。

e0374581_00100831.jpg


すごい!楽しい!次はソフトタイプも買ってこよう。いろんな型も。

*レジンで遊びながら海から聞いた話。
海のクラスに、幼なじみ同士で登下校している仲良し男子三人組がいて、
そのうちひとり(Yくん)は温厚で優しい男の子で海にも親切にしてくれるし、時々は海とふたりで帰ってくることもある。
他のふたりはやんちゃないたずらっ子。
その三人組は、海とも家が近いため、登下校中にもたびたび遭遇するらしいのだけど、
いたずらっ子の一人××くんがしょっちゅう、
「あっ海が来たぞ!逃げろ!」と海に聞こえるように言って、他のふたりを引き連れて逃げるらしい。
海はもちろんいやな気分になるけど、そこで怒るとさらに何か言われそうだからと特に相手にせずやり過ごしているらしい。
私:(そういえば私も一緒に帰るときに一度そんな現場を見たわ…海、気付いてないと思ってたけど気付いてたのか)

またある時は××くんが、「○○(←海の名字)、△△(誰かの名前)」と、メンバーの誰かの名前を海の名字と組み合わせて、
これまた海の前でわざわざ大声で口に出すらしい。
それはさすがに海も、「ちょっとなんでうちの名字に変えるのよ」と突っ込んだらしいが。
そして、××くんも「へへ」と笑ってたらしいが。

さて先日そんな光景を、その三人組の一人のお姉ちゃん(六年生)が見ていて、
「どうして××くんは海さんにそんなことばっかりするか分かるよ。」と言い出した。
続けて、「言っちゃっていい?海さんが好きだからだよね」と!
その六年生女子の大胆さにも驚きだが、××くんが素直に「うん」と答えたというのに、もっと驚いた。
そうだったのか!
男の子が女の子にちょっかいを出すのは好きだから、という漫画でもベタ過ぎてそうそう使われないあの説を、今の時代に地で行く子だったんだね…
認めたらいきなりオープンになった××くんは、後日行われた席替えでも
「あ~海の隣にならないかな」と堂々と発言していたらしい。

私:「もしかして、前に言ってた、海の髪を引っ張ったり、海の持ってた木の実を奪って逃げた子もその××くん?」
海:「それは違う子」
そうか…
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/7(水)】
*海は2日ぶりに登校。
私はokストアへ車を走らせ食料や日用品の買い出し。
近藤牛乳2本、フルグラ、超熟、絡めるプリン、千代田珈琲、レモン&ヨーグルトクッキー、パンテーンビッグパックなど。
それからイオンに行き雪のスイミングキャップを買い(横浜はそれぞれ学校によって、その学年ごとの水泳帽の色が決まってる。6色ある。
雪の前の学校での学年色が、偶然この学校での海の学年色なので、ひとつ買い足すだけで済んで良かった)
そのあとタカハシへ行き、海のデニムキュロットを買う。
(…が、今日のは気に入らなかったようで採用ならず。後日返品に行く)

*ダイニングに飾ってあるポピー、つぼみが次々と咲いては毎日美しい花を開いている。
今日は、今にも開きそうなつぼみがあったのでカメラを構えてしばらく待機。
おっ…!動きがあるぞ。
つぼみを包んでいた「包(ほう)」がパラリと落ち、内側に畳まれていた花びらがのびやかに開いていく瞬間がムービーで撮れた!!
嬉しい!

*海が帰ってきたら一緒にキャンドゥへ行き、UVレジンの材料や型を買い足す。
中に入れるラメの粉や細かいビーズなども。
今日は香水瓶の型で作っていた。
e0374581_00135283.jpg

雪もやりたがっていたから、晴れた日に(←紫外線で硬化するから)みんなでやろう。

*海の小児科(溶連菌回復後の経過診察)経由でスイミングへ。
早く着き過ぎたので近くのレンタルDVD店でふたりにDVDを1本ずつ借りさせてあげる。
雪は怪談レストラン、海はたまごっちにしていた。

*夜ごはんは
・鶏の唐揚げ、サラダ添え
・にら玉
・ちくわにきゅうりとチーズを差したもの(海リクエスト)
・納豆
・ごぼうと人参と油揚げのお味噌汁

*家族に、ポピーのつぼみが開く瞬間のムービーを見せたが、実際に目撃した私ほどの感動はなし…
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/8(木)】
*海も雪も元気に登校。

*シューズクロークの整頓。
シューズクロークの整理はリビングやキッチンに比べて後回しで、少しずつちょこちょこやっていたのだけれど、ようやく完成した。
「ガーデニング」「掃除用具」「掃除洗剤」「軍手」「スポンジ」「工具」など種類別に収納ケースに入れてラベリング。
収納ケースに合わせて可動棚の高さを調整する。
下の方は可動棚を抜いてスペースを広く開け、サッカーボール、縄跳び、ドッヂビー、釣り竿など遊び道具の置き場所も作り、
折り畳みテントや折り畳みディレクターズチェア、子どもたちのスケーターも立てて置けるようにした。
その分中間部分の棚のピッチを狭くしてたくさん収納ケースを入れられた。
まだまだ、中身が空っぽの収納ケースも多い。これから埋まっていくだろう。
自分好みに整頓できたのが嬉しくて何度もシューズクロークを見に行ってしまう。
(でも…帰宅した主人の感想は何もなく、私から切り出すと「そういえばなんかすっきりしたね」のみ!)

*雪の友達Yくんが家に遊びに来た。
おやつと飲み物を届けに階段を上がると、「おぉ、さすが雪の部屋!魚の本だらけだなぁ…生き物も。」というYくんの声が聞こえてきた。
仲良くポケモンカードゲームをやっていた。

*夜ごはんは親子丼。
いつもは、煮立てた煮汁に材料を入れて煮込む親子丼だけど今日は、片栗粉をまぶした鶏肉と薄切り玉ねぎをこんがりするまで炒めてからいつもの手順で作った。
卵を流し込んでからは、フタをせずに火を通す。
いつもより、とろりとして見た目も美味しそうな親子丼ができた。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/9(金)】
*上大岡のセリア→キャンドゥ巡り。
今日の目的は、子どもたちのビーチサンダルを買うこと。
ビーチサンダルって指の間が痛くなるし波で脱げちゃうから、海に行くのにも我が家の誰も使わず持っていないのだけど、
今度の小学校では水泳の授業にビーチサンダルが必要!
学校水泳のプールサイドだけしか使わないなら百均で充分。
ダイソーセリアキャンドゥの2017年発売ビーチサンダルが比較紹介されているありがたいサイトを見て
海が気に入りそうなのはセリアの黒リボン柄だな…と思い、セリアへ。
雪のも、同じくセリアのマリンボーダー柄ブルーにした。
キャンドゥではレターセットを購入。
新柄が出ていたので。
エレガントなお花柄(薔薇、すみれ)は海に、シンプルシックな寒色のレターセットは雪に。

上大岡Wingの中に、可愛い300円ショップを発見!
CouCou(クゥクゥ)というお店だ。
ミカヅキモモコより大人っぽい品揃え。

買ったもの:(オンラインショップもあるのでそのページのリンクを貼ります)
マイクロファイバーのバスマット(ホワイトとブラウン)
ディープスクエアバスケット(ベージュ)を2個→シューズクロークの床に置く
スパイスボトル2pセット→ひとつにはだし用昆布を入れ、もう1本には乾燥わかめを一口大に切って入れる。冷蔵庫のポケットにおさまるサイズでちょうど良かった。
キッズ用のノンスリップハンガー3本セット(ハート柄)→これを4セット購入。これのリボンver.はニトリでたくさん買ったけど、ハート柄もあるなんて!
麻混のティッシュボックスカバー(グレー)を2個(リビングとダイニングに)。

オンラインショップを見ていて、次に行ったら買いたいのはウッド2段ラックだ。
プランターを置いたら素敵。
ナチュラルホワイトと迷うところ…。

*放課後は今日もYくんが遊びに来た。
毎回おやつを持参してくれるYくん、いつも悪いから手ぶらでいいからね!と伝える。
雪の部屋に飾られた貝殻に興味津々のYくん、2ミリくらいの小さいマメウニ(1/14の日記に写真あり)を「初めて見た」と言って気に入り、指先でつまんだら、体格が良く力も強いYくんはパリンと殻を潰してしまい、「俺はなんでも潰してしまうのかー」とガックリしていたらしい。
そして雪が、今度一緒に逗子に拾いに行こうと誘ったらしい。
よし、梅雨明けに一緒に行こうね。(Yくんママに大丈夫かメールで聞いたら、ぜひお願いします!と喜んでいた)

*主人が高校の頃からの仲間3人と飲み会。
…とくれば、今夜はスーパーのお寿司。
3割引になる時間をめがけて行く(笑)
主人はお魚があまり好きじゃないので、主人が飲み会のときはお刺身かお寿司を買って子どもたちと食べることにしている。
主人も久しぶりに会う仲間たちと楽しい時間を過ごせたようで良かった。
みんな、住んでいる場所もバラバラで、4人全員違う県在住だもんね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/10(土)】
*今日は、近くの農園でじゃがいも掘り。
主人がやりたくて、ずっと楽しみにしていた。
5月下旬~6月下旬までできる。1口5株700円なので2口申し込む。品種はキタアカリ。
e0374581_14445710.jpg

まずは土から出ている茎を抜いて
e0374581_14460148.jpg

e0374581_14462117.jpg

土の中のじゃがいもを掘り出して行く 宝探しのようで楽しい
e0374581_14464441.jpg

4人でこんなに掘れた!計測したら7~8kgありました。
e0374581_14465676.jpg

家に帰ってさっそくじゃがバター

e0374581_14500588.jpg

そして夜はじゃがいもたっぷりのカレー!

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

6/7に梅雨入りした関東ですが、この週全然雨が降らなかったな…。
おかげで色々遊びに出かけることができました。
今後増えるであろう雨の日に備えてUVレジンは多めにストックしてあります。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-06-19 18:44 | Daily Diary | Trackback | Comments(2)

【5/28(日)】
*OKストアで買い物。
お米、今回は山形の「つや姫」にしてみた。
カールはやっぱりないのね。
どこかの奥さんが「カールは?」と言いながら売り場を探し、旦那さんに「カールはもうどこにもないよ」と教えられていた。

OKストアの焼きたてベーカリーで買ったパンを水辺のベンチで食べる。
そのあとプリン山で遊ぶ。
何十回もチャレンジして、ついに海が一人で登れた!
家族みんなで拍手する。

夜ごはんは
・カジキマグロのメンチカツ、千切りキャベツ添え。
・"うちのごはん"の「梅しそごはん」←美味しくなかった…
・かぼちゃサラダ(KIRIのクリームチーズと新玉ねぎ入り)
・みょうがと大根と油揚げのお味噌汁
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/29(月)】
*今日のプラスワン掃除はトースターの焼き網とパンくずトレイ。
取り外してよく洗う。
ガラス扉も内側と外側から拭く。

*OKの近くまで行く用事を主人から頼まれたので、二日続けてOKストア。
明日の雪のお弁当(林間学校)用に、パスコの12枚入りサンドイッチ用のパンを買う。
なるべく小さくなる簡易容器で、という指定が学校からあり、おにぎりにしようかと思ったけど、
二日目に支給されるお弁当がおにぎりベースらしいのでサンドイッチにした。
あとは今日の夜ごはん用に鶏もも肉2枚。牛乳2本、野辺山ヨーグルト、アヲハタのりんごジャムといちごジャムなど。
自分のお昼に、昨日主人が食べて美味しいと言っていた「オニオンビーフカレーパン」を買う。
以前買ったキーマカレーパンは辛かったけど、こっちは確かに美味しい。

*地域最大フロア面積のダイソーに寄る。雪の歯ブラシケースを買うため。
Yくんママとばったり会う。
明日からの林間学校の準備のことなど話し、「この前の写真のこともそうだけど、これからも分からないことあったらなんでも聞いてね!」と優しい。やっぱり女神
私:「ほんとYくんはしっかりしてて頼もしいわ」
Yくんママ:「全然!うちだって一年生の時からうるさく言い続けててようやく少しましになってきたかなってぐらい。全然しっかりしてないよ」と言うが、"しっかりしてない"のレベルが違う…。

*2時頃雪が帰ってくる。
五年生は林間学校が明日に控えているので今日は4時間授業なのだ。
しかし雪が明日に備えて家でしっかり休むわけもなく、友達とすぐ遊びに出かけると言う。
SくんとKTくんが家の前でもう待っていると言うので、窓を開けて挨拶する。
スケーター&ボディバッグを持って「行ってきまーす」と飛び出して行く雪。
男子3人のはしゃいだ笑い声が私の耳にも嬉しく届く。
行ってらっしゃい。お母さんは学校へ行ってくるからね。

*3時半から給食試食会の前日準備で小学校のPTA会議室へ。
管理栄養士さんのお話を聞く図書室と、実際に試食をするふたつの教室のセッティング。
机やいすの並び替え、貼り紙など。
Iさんと私はそれぞれの教室での司会担当なので、原稿に目を通す。
当初使うことになっていたマイクは、同じ階で授業中のクラスに配慮して使わないことになった。
打ち合わせは長引き、5時にいったん抜けて別の棟にある「はまっ子」へ海を迎えに行き、会議室に一緒に戻って隣に座らせ、
5時半に打ち合わせが終わってから一緒に帰る。
朝顔の間引き苗を、短く切った牛乳パックに詰めて持ち帰ってきた海。
はまっ子へ行く前に一回外で転んで、教室に引き返し、先生に土を補充してもらったそうだ。
また土がこぼれないように私が持つ。重いランドセルも持ってあげる。

*夜ごはんは
・鶏もも肉のはちみつ醤油焼き
・かぼちゃサラダ
・もずく酢
・焼き麩とねぎのお味噌汁

明日は雪も私も忙しい日だ。早く休む。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/30(火)】
*雪は6時に家を出て行った。
お昼用に持たせたサンドイッチは、
・ピーナッツバター
・いちごジャム
・レタス&ハム&チーズ
・ツナマヨ
種類別にラップでくるんだあと、大きなジップロック袋に入れ、保冷剤と一緒にビニールに包み、リュックへ。
林間学校楽しんできてね!

*主人と海も送り出し、家の掃除をしたあと私は小学校へ向かう。
今日は給食試食会本番だ!
自転車に乗った誰かに「おはよう」と声をかけられ、目が悪いうえに、ちょうど日陰から日射し直撃の場所に出たところで目が慣れていなくて、誰だか認識できなかった。
が、急いでいることもあり、反射的に「おはようございます」と頭を下げてすれ違ったが、耳に残る声と全体の雰囲気からデータ分析して
「あれはYくんママ(女神)じゃなかったか?」と思う。
だったら敬語でおはようございますだなんて、違和感あっただろうな!
後でメールして説明しなければ…

*10時前に学校に着き、試食会の準備に取り掛かる。
10時半にはお客さんたちが入ってくる。席へと案内し、エプロンと三角巾の着用をお願いして回る。
副校長先生のお話を聞き、管理栄養士さんのお話を(スライドDVDを観ながら)聞き、これが40分に渡る濃い内容。
この学校の給食がどれだけ衛生面と安全性に配慮して作られていたものか、想像を超えており、みんな衝撃を受けた。
覚えていることだけ書き出してみると、全ての調理担当者が食品工場と同じようにマスク、ゴム手袋、帽子着用、コロコロをかけて調理室へ入るのは当然のことながら、食器は90度近い熱風消毒保管庫で乾燥保管し、
食材は産地にも気を遣い(例えば関東のたけのこは放射能が検出されるので不使用だそう)、
毎日届いた全ての食材の鮮度や状態を複数名で確認し、卵は1個1個小さい容器に割って血が混ざってないか確認してから混ぜ、
ひき肉は細かい骨が混入していることがあるのでしっかり確認し、野菜は3回、違うザルで洗浄してから全て加熱(サラダに使う野菜も短時間熱を通して殺菌)、肉や魚は他の食材を扱う鍋から隔離した位置に置かれ、他の食材調理者と接触することがないよう調理の動線も毎日計算して表に書き出し、全員が徹底して守る、アレルギー除去食の調理者はエプロンの色を目立つオレンジ色に変えて、誰も接触することがないよう注意する、毎日水道水の水質や塩素の濃度も計り、さらに実際に飲んでみて味がおかしくないか確認してから使用、
和風だしは昆布とかつおぶしから取り、洋風だしは豚骨を煮込んで作る、時々は鶏からブイヨンも取る、3時間煮込むことも。
マヨネーズもドレッシングもふりかけも、給食室で当日作る完全なる手作り。
揚げ物は火が中まで通っているか、専用の温度計を使って80度になっているか確認して決められた時間を守ってしっかり火を通す、
できあがった給食は全部の鍋から少量を抜き取って容器に入れ、マイナス30度の冷凍庫で2週間保管、
さらに校長先生が毎日、児童が食べる30分前に「検食」(という名の毒見)。
こんなに厳しく管理されて作られた給食を食べさせてもらっているのだと知り、本当にありがたかった。
見た目にもこだわり、調理チーフは中華料理が専門の方だったらしく、野菜の飾り切りが得意。
今日も手作業で600食近い給食の人参を…小さな小さな星形に…(気が遠くなる)

試食会は大成功。(私の司会も無難に終了。マニュアルがあるおかげで)
役員たちも給食を美味しく頂く。
皆さんには、食べ終わったら我が子のクラスを見学に行ってもらう。
役員たちは食器類を給食室へ運搬してから自分の子どもたちのクラスへ行くので、ほとんどの子が食べ終わってしまっていた。
私も海のクラスへのぞきに行く。
「海ちゃん、お母さん来たよ!」と、廊下に近い男の子が海に教えてあげていた。
あ、お母さん、とはにかむ海。
Yくんの弟のTくん(女神のお子さんたちは兄も弟もそれぞれうちの雪・海と同じクラスなのだ)が、「雪、山行った?」と聞いてくる。
私:「行ったよ。Yくんも行ったでしょう」
別の子:「山ってどこ?」
私:「あしがら」
別の子:「雪ってだれ?今どこにいるの?」
私:「雪は海のお兄ちゃんで五年生だよ。今日は林間学校で足柄っていうところへ行っているんだ」
別の子:「海ちゃんお兄ちゃんいたんだ!」
など、わいわい。
引き続き休み時間も見守っていると、海のところにはいろんな男子が近付いてきては、話しかけたり、背比べをしたり、冗談を言ったりと無邪気に絡んでる。
男の子とも仲良くやってるんだと分かりほっとする。
前、後ろから髪をきつく引っ張る男の子や、給食の前に机へ出しておいた海のハンカチを奪って教室の隅っこへ逃げる男の子がいるとか聞いていたからね(「転校してからの子どもたちの様子」)。

*Iさんと、「試食会を終えて」というプリントを作る日取りを決める。
忘れないうちにすぐやっちゃおう!ということで、2日後の午前中に、Iさんのおうちへ行って作ることにした。
その場でざっと紙に鉛筆でアウトラインを書く。
大まかな枠組みを4つ決め、各自2つずつ担当し、ワードで作って当日持ち寄って合体させようということに。
Iさんちの一番上のお子さんが、この学区の中学校ではなく、特別な部活のために越境して隣の中学校へ通学していることを聞き、
そうなんですね~部活頑張ってるんですね、と言う。
この時はただの世間話だったが、これがある人間関係の伏線となるとは、ふたりともまだ知らない。

*学校から帰ってきた海と、お花の種まきをする。
たくさんある種ストックの中から海が選んだのは美女撫子(びじょなでしこ)と忘れな草。
昨日学校から持ち帰ってきた朝顔の間引き苗も植え、ついでに去年取った朝顔の種も蒔いてみる。

*夜ごはんは
・北海道産鮭の塩焼き
・青梗菜と玉ねぎとウィンナーの炒め物(味付けは焼肉のたれと醤油少々)
・豆腐とにらのお味噌汁

*雪のいない夜。
私は寂しくて心配で、そわそわ落ち着かない。
海はどうかな?
うんと昔(5年前)、雪が幼稚園の年長さんでお泊まり保育をした夜、海は雪がいないことが寂しすぎて、どこか痛いんじゃないかと思うほど激しく泣いて全然泣き止まず大変だったものだが、今回は…
最初から雪がいない人みたいに(笑)、それはもうケロリとして全く普段と変わらず、夜ごはんを食べ、私と楽しく眠っていました。

私は、足柄の山のコテージにいる雪に思いを馳せる。
体調どうかな…
怪我してないかな…
山のお天気が急変したりしていないかな…
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/31(水)】
*午前中、前に住んでいた集合住宅に行く。
駐車場は引き続き許可証をもらっているので使えるし、買い物に便利な場所なので月に2,3回は行っている…
今日の目的はT子さん。
T子さんから数日前に、
「雪くんの四年生の時の習字作品預かってるよ、ずっと言おう言おうと思って忘れてた、ごめん」とメールが来たので、頂きに来た。
雪の去年の担任N先生(男)が、Fちゃんの今年の担任なのだ。
ちなみに、このN先生、雪史上最高の先生で、雪はいまだに慕っているし、この先生が雪の担任と分かったとき、この先生を知っているお母さんから「良かったね!一年間楽しくなるよ」と予言された通り最高の一年間になったし、
教わった保護者が絶賛する、私もこの先生を超える先生はもう現れないんじゃないか?と思うほど素晴らしい先生だ。
終業式、最後のお別れの時間、教室で先生は泣いていた。
涙が両目からあふれてあふれて拭う暇もないほど泣いていた。
「先生、自分でもこんなに泣くと思ってなかった。本当にいいクラスだった。一人ひとりが自分のいいところをすごく出していて、仲良くて、最高のクラスだった。みんなのことが大好きで、別れるのがつらい。このクラスのまま五年生に上がりたいけどそれもできない…。転校する雪もいるし…。」
思い出しただけで私も泣いてしまう。

T子さんちに着くと、ドアが半開きになっていて掃除機かけ中だった。
(私が来たのが分かるようにだったらしい。それでもピンポン4回目でやっと気付いてもらえた。)
習字を受け取って、少し立ち話したあと、T子さんが「忙しい?お茶飲んでく?」と誘ってくれたので、少しだけお邪魔することにする。
久しぶりのT子さんの家!
あちこちに飾られた大胆で素敵なファブリックと、味のある雑貨に彩られ、いつ来ても楽しくなるお部屋だ。

N先生のことを、「本当にいい先生だね!Fも、学校が楽しそう」と言うT子さん。
私:「多分あんないい先生は、この先もういないんじゃないかな」
T子さん:「いないね、あんな先生他にいないよ」
私:「全部の先生があんな先生だったらいいのに。根っからの先生。心から子どもたちが好きで、一人ひとりに熱意を注いでしっかり見てくれて、ユーモアがあって、でも真面目で」

そんなN先生は五年生になって百マス作文に燃えているらしく、
Fちゃんの書いた百マス作文を、T子さんが「うけるよ」と言って2枚見せてくれた。

「不思議だと思うこと」というお題だったかな?
こんな感じで書いてあった:

「私のふしぎだと思うことは、どうして男子は女子とくらべて髪が伸びるのが遅いのかということです。(略)みじかく切っているからかもしれないけど雪は3ヶ月に一度しか切らないと言っているからふしぎに思います。」
と、唐突に雪の名前が出てくる。
たまたま担任が雪の前年度担任だから、話が通じるので良いけれど(笑)。

最後、五七五で締める部分も面白い!
「なぜかみが すぐのびないのだんしたち」

もう一枚の百マス作文も見せてもらったけど、
私がその後思い出しては料理中でもお風呂の中でも笑いをこらえてプルプルしてしまう衝撃作品!

多分、「長生きのひけつ」というお題だったのだろう。
「わたしは、はげないことがながいきのひけつだと思います。なぜかというと、はげはじめにかがみを見てはげていたらひどすぎでしょっくししたりじゅみょうが3年ちぢんだりすると思うのと、はげのストレスでしぬと思います。」

締めの五七五は
「はげること それがいちばんいやなこと」

こっ、このセンス!!
Fちゃんの百マス作文、全部見たい!!

*百マス作文に続きT子さんとの次のトークテーマは、中学校に今春入学したばかりの、Fちゃんのお兄ちゃんの部活の話。
お兄ちゃんはそのスポーツをずっと習ってきたのだけどやっぱり中学の部活となると大変そう。
練習量が桁違いだし、先輩後輩の上下関係も小学校とは全然違うね…
うんうん、と頷いて話を聞いていたら、10分ぐらい経ったところではっとする。
昨日の話でIさんちのお子さんは、その部活をやるためにこの中学校に越境して通っているんじゃなかったか?と。
T子さんに向き直って話し始める。
私:「T子さん、私今年も新しい学校で役員やってるって話、したじゃない?」
T子さん:「うん、昨日給食試食会だったんだよね」
私:「そう、で、その委員会で仲良くなったお母さんがいて、家も近所だし雪と同じ学年の男の子もいて子ども同士も仲良くて遊んだりしてるんだけどね、しかも明日そのお母さんの家に行ってふたりで試食会のプリント作るんだけどね、なんでこんな話してるかって言うと、その人の一番上のお子さん、中学生なんだけど、越境してFちゃんのお兄ちゃんと同じ中学校に通ってるの。昨日聞いたの。」
T子さん:「なんで越境?」
私:「部活のために。Fちゃんのお兄ちゃんと同じ○○部」
T子さん:「だれ!?」
私:「Iさんっていうの」
T子さん:「Iくんか!ええ!」
Iくんは優しい先輩で、Fちゃんのお兄ちゃんが熱中症で具合が悪くなったときも面倒を見てくれたりしたらしい。
お母さんであるIくんにはまだ会ったことがないと言うので、伝えてほしいメッセージを頼まれ、明日会うから伝えるね!と引き受ける。
こんな、当事者同士が気付いていない糸の間に私がいて、繋がっていたなんて。
明日Iさんにも言わなきゃ。

*4時半、雪帰ってきた!
「ただいま~」と明るく元気な第一声に安堵する。
私:「おかえり!楽しかった?」
雪:「うん。すごく楽しかった」
私:「具合悪くならなかった?」
雪:「うん」
私:「怪我しなかった?」
雪:「うん」
私:「バスで酔わなかった?」
雪:「少し酔った」
私:「それでどうした?」
雪:「少し窓開けてもらった。そうしたらましになった」
私:「雪は軽い方で済んだけど、もっと酔った子もいたんじゃない?高速バス2時間だもんね」
雪:「うん。泣いてる子がいた」
私:「女の子?」
雪:「男の子」
それはつらかっただろうな…

クラフト体験で、森の材料を使ってキーホルダーを作ったと見せてくれたり、
本間美術館で作ったという寄木細工のコースターを見せてくれたり、
e0374581_19411057.jpg
地球博物館のリーフレットを広げて、見てきたものを説明してくれたり、雪の楽しかった様子が充分に伝わってくる。

私:「バーベキューはうまくできた?」
雪:「うん」
私:「火付いた?火おこし」
雪:「付かなかった(笑)付いたの1班だけ。あとはチャッカマン」
私:「バーベキューで何が一番美味しかった?」
雪:「ちょっと焦げた肉。カリカリで」
私:「へえ。次は?」
雪:「とうもろこしかな。それからウィンナー」
聞いてるだけで美味しそう。

私:「景色綺麗だった?」
雪:「すごく綺麗だった」
私:「何が綺麗だった?」
雪:「森の中で上を見上げると、透き通ってる葉っぱが見えた。透明ってことじゃなくて、光が葉っぱから透けて見えた」
私:「(想像して)それは綺麗だろうね…」
雪:「あと、巨大な木が何本もはえてた」
私:「へえ、カブトムシやクワガタがいそうだね」
雪:「既にいた。コクワガタだけど。何匹も木に群がってた」
私:「それは、捕まえたくてうずうずしたでしょう」
雪:「うー…ん」
私:「あ、そうでもない?」
雪:「足柄は植物や生き物を採っちゃいけないし、コクワガタだし。オオクワガタやカブトムシなら採りたくなるけど。」

この日の夜ごはん、雪の好きなものを作ったはずだけど、記録に付けていなくて忘れてしまった。
なんだったかな?まあいいや。雪が無事帰ってきてくれて、楽しい宿泊学習になって本当に嬉しい。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/1(木)】
*Iさんちを訪問。アイスコーヒー(マウントレーニア)をふたつ持って。
とことこ歩いて2分もかからず到着。
お部屋に上がってびっくり。金魚の水槽、それも大きいものが8個くらいリビングに並んでる!
どれも水が透き通っていて、全然臭わず、プロのように徹底した水質管理をしていることが分かる。
大きな水槽にそれぞれ金魚(これも大きく育っていて小さな鯉ぐらいある)を3匹ずつぐらいしか入れていないし。
アクアリウムに来たようだった。
金魚にみとれて立ち止まっている私を見て
Iさん:「ああそれ旦那の趣味なの」
私:「すごいですね!今度雪も見せてもらいに来てもいいですか、絶対喜ぶ」
Iさん:「いいよ!遊びにおいでよ!雪くんは、見ただけで生き物が好きな子だって分かる。」
私:「分かりますか?」
Iさん:「うん。T(五年生の息子さん)と同じ匂いがするなって思った(笑)。この前も、Tと、どじょう取りポイントについて熱く語り合っていたよ。雪くん何か飼ってるの?」
私:「そのどじょうと、ヒメダカっていう赤いメダカと、レッドスネールっていう小さな貝をたくさんと、あとはマリモとかピクシーシュリンプとか、陸棲のオカヤドカリ4匹が雪の部屋にいて、雪の部屋から繋がるベランダでは大きなクサガメを飼ってます。」
Iさん:「へえ~。いっぱいいるんだね。ヤドカリって飼えるんだ!大変じゃない?Tもメダカ飼ってる。この前繁殖に成功してたよ」

Iさんちの、テレビぐらいある大きなパソコンで、プリントを作る。
私は自宅で作ってきたものをメモリースティックに入れて来た。
Iさんの作った文書と合体させ、レイアウトを修正する。
私のデジカメで(当日別の役員が撮った)試食会の写真を一緒に選び、挿入し、「吹き出しでコメント付けようよ!」など。
主にアイディアはIさんに出してもらい、私が操作するという流れだった。
アイスコーヒーを飲みながら、楽しく作る。あっという間にできて、試しにプリントアウト。
そこへ委員長がチーズケーキを差し入れに来てくれた。
Iさん、委員長、私が、この役員の中でも近所なのだ。
試しに作ったものをチェックしてもらいOKをもらう。
ありがとうございます!と喜んでくれた。
委員長が帰ってから、私は昨日T子さんと話した内容を伝える。
Iさんも、「えーっ、○○くん!」と驚いてた。
一年生には優しくしなさい(嫌で辞めたら部員減っちゃうんだからね!)と息子さんには常日頃言い聞かせているそうだけど、さらに細やかに気にかけてあげるよう言っておくとのこと。
「何かあったらなんでも言って、ってT子さんに伝えておいて!○○日の試合の会場で会えたら話しましょうって!」との伝言をもらう。
これをT子さんにまたバックしよう。

*キャンプ場の予約。
夏休みにM美さんちと行くことになっているのだ。
M美さんちは一人娘のYちゃんと毎年行っているけれど、私たちも一緒にどうかと去年から誘われていた。去年はお互いの日程が合わず断念。
でも主人が、「どうしても雪をキャンプに連れて行きたい」という熱い思いがあって今年は早くから動き出した。
…つもりだったけど、5月じゃ全然遅いんだね。
キャンプ超ビギナーの私たち夫婦は右も左も分からないのだけど、共働きで多忙なM美さんち夫妻に代わって、空いてるキャンプ場を探したり予約したりは喜んでやらせてもらう。
M美さんちは毎年この時期が繁忙期で、いつもギリギリに決めるから高いところだったり、キャンセル待ちで胃が痛くなる思いをしてのキャンプらしい。
仕事から帰る途中のM美さんとメールでやり取りしながらキャンプ場を決め、無事予約完了。
私は大好きなM美さんと、子どもたちは大好きなYちゃんと、キャンプができるなんて楽しみ過ぎる。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/2(金)】
*洗濯機の上に何も置かないことにして、洗剤&柔軟剤ボトルを撤去(見えない場所へ収納)。
洗濯機上を綺麗に拭き清める。
景色がすっきりした。

*横浜開港記念日で、横浜市中の児童がお休み。
横浜市民である以上、一度は子どもたちを連れて行ってあげようと思い、横浜開港祭へ。
e0374581_19413692.jpg

式典(協議会会長の開港祭開会宣言&イーネッ!☆ガールズのスペシャルステージ)
e0374581_11311428.jpg

スタンプラリー
e0374581_11501533.jpg
(6箇所のスタンプをコンプリートするとガラガラが回せて、末等でも駄菓子とおもちゃがもらえる。更に雪はコスモワールドの800円チケットが当選。)


アクアボードのプロライダーによる空中ショー(「イッテQで手越がやってたやつだ!」)
e0374581_11333685.jpg

アクアマリンふくしまの移動水族館(タッチプール)

e0374581_11341501.jpg

e0374581_11490545.jpg


ぷよぷよすくい(去年の海の公園いきいきフェスタ10/15でもやったやつ)
e0374581_11493203.jpg

横浜のゆるキャラがたくさん来ていた (なんのゆるキャラかは分からない)
e0374581_11513096.jpg
おうちコープのブースで、子どもたちはソーダアイスをもらって(私はヨーグルト)涼む。猛暑だったのでありがたかった。
配送料無料6週間お試しキャンペーン(1000円分ポイント付き)に申し込む。既にパルシステムはやっているんだけど、久しぶりに比較してみよう。


横浜のシンボルでもあるこのホテルの名前がいつも覚えられないので今回ちゃんと覚える。
インターコンチネンタルホテル。正式にはヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル。
e0374581_11522838.jpg
*帰宅し、まだ時間が早かったので「グリーンセンターにでも行く?」「行く!!」子どもたち、大賛成。
一人一種類、種を買った。
雪はオクラ、海はトルコキキョウ。

*夜ごはんは、ピーマンの肉詰め。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【6/3(土)】
*土曜だけど、いつもと同じくらいの時間に目が覚めたので起きる。家族はまだ寝ている。
少し家事をやってから庭に出る。
先週剪定しておいた庭木の枝、かさを減らすためにしばらく寝かしておいたのだけど、まあまあしんなりしてきたので、
さらにチョキチョキ短く切って、ごみ袋に詰めて集積所に持って行く。今日が回収日。

それからお庭の草取り。
前回(5/23)抜いてから2週間ほど経ち、またすくすく生えていたので今日も178本抜いた。

充分(1時間ぐらい)酸素系漂白剤に浸け置きしてから洗濯した衣類やタオルをベランダに干し、コーヒーを淹れ、
カフェオレを飲みながら天然生活のバックナンバーを読む。

子どもたちが起きてきたら、一緒に朝ごはんを食べて、また一緒にお庭に出る。昨日買った種をまこう!
私は、去年海の公園いきいきフェスタ(10/15)でもらった観葉植物たちを大きい鉢に植えかえる。
そのために昨日グリーンセンターで「観葉植物がピンピン育つ土」と、「かる~い鉢底石」を買って来た。
ガジュマルは玄関の棚上に、カポックは浴室の窓辺に置く。
e0374581_12575873.jpg
土いじりをしたから、ポーチと玄関のタイルが泥だらけ…
毎回、子どもたちと庭作業をするとこうなる。
仕方ない。これコミのガーデニングだ。
私がタイル洗いにかかろうとすると、海もやりたいと言う。
大変だよ?お水を流してごしごしデッキブラシでこするんだよ、力が要るよ、と言っても、それでもいいからやりたいと。
ふたりでゴシゴシジャブジャブ。
綺麗になった。海ありがとう。

主人も起きていたので、朝ごはんとカフェオレを出す。
今日はどこ行こう?なにしよう?

*結局ボウリングに決めた。久しぶりのボウリング。
その前に寄った百均で、子どもたちは多肉植物をみつけてほしがり、お父さんに買ってもらって喜ぶ。

どんな多肉だったかな?
ちょっとふたりの部屋へ行って、写真を撮らせてもらってこよう。

…撮ってきました。
雪の多肉。左の小さい鉢が今回買ったもの(ハオルチア)、右の大きい鉢は雪が少しずつ集めていって自分で寄せ植えしたもの。
e0374581_13383071.jpg


手前にはナノブロックで作ったシロナガスクジラの骨格が置いてあってシュール。(この日、写真を撮ると書いて撮っていなかった)
e0374581_14561537.jpg


海の多肉(そのうち増やして、雪みたいに寄せ植えしたいらしい)。右にあるのは水やり用の霧吹き。
e0374581_13424779.jpg
話を戻して、ボウリング。
雪は上達して、ストライクを取れるようになった。
e0374581_15035234.jpg

海は…
e0374581_15044005.jpg
ほぼ全部、ガターです。
e0374581_15050402.jpg
いいよいいよ、楽しく投げられればいいんだよ。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★


給食会試食会準備~開催、そして報告プリント作りで、この週(5月最終週~6月1週)は今年度始まって一番の忙しさでした。
このあと少しゆっくりできて、今度はまた第二の忙しさピークを迎えてます(6月3週)。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-06-13 09:13 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)

【5/22(月)】
昨日三浦に行った疲れが取れず、強い日差しにも恐れをなして、買い物にも行かず家で過ごした。
伊坂幸太郎の『グラスホッパー』を一年半ぶりぐらいに読み返す。

*夕方、雪の眼科へ。アレルギーでかかっている定期検診。
このために、今日は遊ぶ約束しないで帰ってきてね、と言っておいたのに
ふたりともすっかり忘れていて、のんびりおやつを食べたり自分の部屋で遊んだり(私は家のことをしてた)
5時20分になって思い出した。眼科は6時まで!慌てて駆け込む。セーフ…
目薬は、明日お母さんが薬局に行ってもらっておくよ。

*夜ごはんは
・鶏もも肉とかぼちゃの炒め物(焼肉のたれで味付け)
・レタスときゅうりとプチトマトとウィンナーとゆで卵のサラダ
・コーンスープ(子どもたちリクエスト)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/23(火)】
*今日のプラスワン掃除(5/19)は、庭の草取り。
ガーデニング手袋をはめて、帽子を深くかぶって、朝の涼しいうちに始める。
前回草取りしてから半月ほど経つが、日当たりがいいこともありまたあっという間に植物の芽だらけ。
数を頭の中でカウントしながら抜いていくと、雑念が入らずに作業に集中できる。
今日抜いた数、630本。
まだ1,2センチの芽のうちに摘むからそんなに力も要らない。
土も柔らかいので、すっと抜ける。

手洗いついでに外水道で貝殻(おととい拾った)を洗っていると、隣のおばあさまに「こんにちは。暑いですね」と声をかけられる。
同じく、庭仕事をされていたよう。
といってもうちの小さな庭とは違って、お隣は色とりどりのお花や樹木を美しく茂らせている立派なお庭。
大きな庭木は庭師さんにときどき剪定を頼んでいるようで、その庭師さんは我が家にも「隣に来ている庭師です。お騒がせします。最後にしっかり掃除していきますが、なるべくそちらに落とさないようにします」と丁寧にご挨拶に来てくれる。

私:「暑いですね!草むしりをずっとしてました、雑草の成長するスピードが早くて」
おばあさま:「本当に!早いですよねえ。でも偉いわこの暑い中草とりして」
私:「いえいえ、〇さんこそいつもお庭を綺麗に整美していらっしゃって素晴らしいです」
心底憧れる。
でも、四季折々お隣のお庭に咲き誇る花々を、隣から観賞できる我が家も幸せだ。
春はマンサクがそれは美しくて、主人がお隣の方と会ったときに花の名前を聞いていたものだ。
貝殻をザルに空け、乾かして家に入る。

*タカハシでお買い物。

「花コサージュパイルスリッパ」190円
e0374581_10135107.jpg
タオルみたいなパイル地が、素足に気持ちいい。このペールブルーも大好きな色。2足買った。


「PETIT TERRIER チュールスカート」833円
e0374581_10153900.jpg
海の好きそうなチュールスカートをみつけたので買う。海はガーリー好き、レース好き、薔薇も好き…。
白と黒、どちらも可愛く海の好きな色で決めかねて、両方買ってきた。学校から帰ってきたら選んでもらおう。
…と思って聞いたら、試着してみて、どっちもすごく好きで着たいというので、返品はしないことに。

*主人と雪は横浜DeNAベイスターズの"神奈川県こどもデー 親子ペア無料招待"に当選して(今まで3回申し込んで3回当たってる)、
ハマスタにナイターを見に行った。ドラゴンズ戦。
(並びで追加席を一人2000円で買えるので、お母さんと海も行こうか?と聞いたら、「うーん…お父さんとふたりで行きたい」と雪。では男同士で行ってらっしゃい!)

私と海ふたりで夜ごはん。
何が食べたいか聞いたら「うどん。お手伝いしてもいい?」ということなので、一緒に作ろう!と約束する。
まずは材料の買い出しから。そうだ、プールバッグも見ようね。(幼稚園で使っていたマイメロのはもう子どもっぽくて使いたくないらしい)
大型スーパーに入っている雑貨屋さんへ。
「わあ、いいのがいっぱいある…」と海。
たくさんの候補の中から絞り込んでいく。
ふと気づくと海が誰かににこっとしているのでそっちを見ると、男の子。
「だれ?」「Kくん」「同じクラスなの?」「そう」
お母さんが近付いてきたときに挨拶しようとしたら、お互い顔を見て「あら!」
4月中は私、毎朝海と雪を学校まで送って行ったので、その時に会って何度も挨拶していた、お互いに顔だけは知っているお母さんだった。
初めて自己紹介しあい、「同じクラスだったんですね~」「よろしくお願いします」
そしてなんと、上に5年生のお兄ちゃんがいるのだそう!(雪とクラスは違うけど)
そして、やっぱり今日ベイスターズの試合に当たって、所属のソフトボールチームで見に行っているのだそう!
意気投合し、長々と話し込んでしまった。
とても話しやすく、穏やかで優しく感じのいいお母さんだった。
海とKくんも一緒に雑貨を手に取って仲良くおしゃべりしていた。
プールバッグもいいのが買えた。

家に帰って、さあごはん(うどん)を作ろう。
材用は稲庭うどん、鶏のささみ、人参、甘辛油揚げ、かまぼこ、しいたけ、ねぎ、コーン、卵。
先日Yちゃんからおさがりでもらった中に入っていた可愛いエプロンを着けたい!と言うので着けてあげる。
手をよく洗わせ、踏み台に立たせて、人参、かまぼこ、しいたけ、ねぎを切ってもらう。
「押すんじゃなくて引いて切ってね」「なるべく薄く」「猫の手で」「材料が斜めになってる。まっすぐに直してから」と優しく指導しながら。
怪我することもなく上手に切れた。
材料をお鍋に入れるのもやりたい、卵も混ぜたい、と言うのでやってもらう。
ふたりでおいしいおいしいを連発しながら食べた。
「またおかあちゃんとふたりで夜ごはん食べれる日、あるかな?」と言っている。
そのあと、「さんすうがわからない」と言うので一緒に教科書を開いて勉強して、一通り終わったら
デザートに買ってきたシュークリーム(海はいちご、私はカスタード)を食べる。
それからふたりでお風呂に入り、ふたりでベッドに入る(大人のベッドにご招待)。
海は全部喜んでいる。
「おかあちゃん大好き~おかあちゃんが一番好きな人だから」と言ってくっついてくる可愛い海。
たまにはこんな風におかあちゃん独占デーを作ってあげたいと思う。

*雪と主人は楽し気に、でも疲れて帰ってきた。
ドラゴンズに先制されてその裏ですぐ追いついたり、場外ホームランも出るし、満員御礼だったり、青い風船をみんなでピューと一斉に飛ばしたり、青く星形に光る、LEDのブルーライトスティックをもらって振って応援したり、ベイスターズも9-4で勝ち、すごく楽しかったそう!
ブルーライトスティックは「BLUE☆LIGHT SERIES 2017 見たこともないほど、ハマスタが青く輝く3日間」の、特別プレゼントグッズらしい。
e0374581_11062868.jpg
夜真っ暗な部屋で、二段ベッドの上で、それをつけていた雪。
「綺麗だね。でももう寝なさい」
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/24(水)】
*朝、子どもたちと主人を見送る。
水やりをしていると、海が雪にギャンギャン怒る声が聞こえてくる。それがどんどん遠ざかっていく。
しばらくして主人からメールが来て「どっちが前を歩くかでケンカ。」「海は小さいことで怒りすぎ、雪はルールを守らない。」「その辺、よく言っといて。」
先に準備ができて玄関で靴を履いた方が先頭を歩く決まりなのに(だから今日は海のはずだったのに、雪がへりくつを言って前に出たみたい)。
帰ってきたらもう一度ふたりにしっかり言い聞かせねば!

*今日のプラスワン掃除は、跳ね上げ収納ベッドの収納部に、あれこれしまうこと。
ずっとやりたいと思っていたけれど後回しになっていて、今日こそやるぞと奮い立つ。
以下、入れたもの。
主人と私のスキー板。
同じくふたりのスキーウェア。
主人のボウリングのマイボウル。
主人が趣味で始めようとして、届いて開封しないまま数年経っている、某習い事セット。
お互い独身時代に作ったデータCD。
すっきりおさめられ、まだ半分以上スペースが空いているので、次回は使っていない寝具を入れる予定。
とりあえず今日はここまでで満足。

*庭に、ときおり野良猫が来て、それは子どもたちが「可愛い~」と喜ぶので良かったのだけど、
困ったのは落とし物をしていくこと。
それも、大体見ていないときに来ては落としていくので、その場で怒れないし、あとでみつけてガックリしながら片付ける。
なんとかならないかと考えて、セリアで猫よけマットを買ってみた。
「フラワー猫よけマット」というもの。
プラスチック製のとげとげで、皮膚を傷つけはしないけれど猫が柔らかい肉球で歩くと痛いであろうマット。
2個セットのものと、ワイドサイズと、たくさん買い込んできて、いつもよく落とし物をされている場所や、そこまでの通路に敷き詰める。
同じくセリアで買ってきた、天然素材でできている犬猫忌避剤も、土部分に撒いてみた。
これが連休明けぐらいのこと。
それから猫は1回だけやってきて、あてつけのようにドロドロした落とし物(多分アレかアレ)を置いていったのだけど、その後ぱったり。
たまたまか?それとも、忌避剤かとげとげマットのどちらかが効果あったのか?
また様子を見て、そのうち書きます。【→設置が5月上旬でしたが、6/5現在、猫来ていません!】

*子どもたちのスイミング。

*昨日海は「さんすうがわからない」と言ってきたので一緒に勉強したのだが、今日は学校でも順調だったようで、
「お母さんさんすうの問題出して。もうできる気がする」と言ってくる。
確かに昨日よりもよく理解できている。
順番(上下左右から何番目)や、計算(足し算の準備段階として、ふたつで10になる組み合わせを覚える)。
クイズのように練習する。
これからも、算数でわからなかったところをお母さんと復習しようね、と約束する。
次に国語の宿題プリントをやっている海。
ひらがなの「へ」と「い」を交互に練習するようで、
「つなげて読むとへいへいだ!」と言って笑っている。
同じ部屋で、おやつを食べている雪も笑っている。

私:「わざとかなー。子どもが楽しく勉強できるように」
雪:「いや、わざとじゃないでしょう」
私:「そうだよね、たまたまだよね。でも今日このプリントやってる一年生はほぼ全員、ヘイヘイ言って笑ってるはず!あ、でも気付かない子もいるか…気付いても笑わないまじめな子だっているか…。こんなヘイヘイぐらいで笑わないよっていうクールな子も。
そんな子を笑わせるにはヘイヘイぐらいじゃだめだね。ヘイヘイブーぐらいじゃないと」
この瞬間、子どもたちはワハハーと笑い過ぎて椅子から転げ落ちそうになってた。
「お母さん、それもう一度言って!」とせがまれる。言う。また笑うふたり。
「今日、忘れた頃にも言ってね!」と言われる。

*冷蔵庫の野菜室が半端野菜でいっぱいになってきた…。
新しく野菜を買う前に、まずこれらを整理しなければ。
半端に残っているのは、
博多の長なす2本、1/3ずつ余っている3種類のきのこ(しめじ、えのき、しいたけ)、じゃがいも1個、長ねぎ1/2本。
メニューを考え、鶏挽き肉と豆腐だけ買ってくる。
一品目は、なすと玉ねぎとベーコンのバター醤油炒め。文字通りに炒めて味付けするだけ。
もう一品は、鶏ときのこのあんかけ豆腐。
3種類のきのこを全部みじん切りにして(雪があまりきのこ好きじゃないので気配を消すため)、鶏挽き肉と長ねぎみじん切りと一緒に炒め、鶏ガラスープと砂糖・しょうゆ・酒・みりん・すりおろし生姜で調味したあんかけにして、温めておいた絹豆腐にかける。
そして、じゃがいもとわかめのお味噌汁を作り、卵黄を混ぜた納豆も食卓に出してできあがり。

「さあ食べなさい」と子どもたちに声をかけるも、笑いをこらえたふたりはお互いに顔を見合わせて何か言いたげ。
ん?と思っていると、雪が代表して「お母さんが忘れていることがひとつあります」と言う。
えっなに?全然思い出せない!
…あ、
「ヘイヘイブーか!」
子どもたち、ゲラゲラ笑って撃沈。

*主人が、昨日のベイスターズ試合でもらった、自分の分の星型LEDライトを海にあげた。
雪も海も自分のベッドに持ち込んで、いつもならしばらく保安灯でしゃべっているのに、
「お母さん真っ暗にして!」と言ってライトを点けてた。
私:「ま、眩しい…目に悪いから直視しないで。お母さん、目閉じたら星のかたちの光が見えるよ。真っ暗な中に白く」
雪:「本当だ」
私:「なるべく早く消しなさいね。おやすみ」
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/25(木)】
*横須賀のモアーズシティへ買い物に。
無印とミカヅキモモコであれこれ買い、マザウェイズやアフタヌーンティーでも、何も買わなかったけれどいろいろ見る。
ミカヅキモモコは300円均一の雑貨屋さん。
主に中高生向けのグッズが多いかなと思うけど、大人心をくすぐるアイテムも混ざってる。
去年、伊勢崎モールにある店舗を見て以来のファン。

今日買ったものは

左:コルク鍋敷き「Kitchen Rules」(公式商品紹介Twitter)   
右:ドアストッパー(中に砂が入っていてずっしり重い。)(公式商品紹介Twitter
e0374581_12065651.jpg
雪にお土産、サメの靴下(レディースサイズだけど、今足のサイズ22.5cmの雪は履ける)→雪:「お~!絶対履く」
e0374581_14003131.jpg

海にお土産、髪飾り(海の大好きな色。中に小さいパーツが入ってて動く。海の好きなお菓子ツインクルみたいだと思った)→海:「可愛い!!よくこんなのみつけたね!ありがとう」
e0374581_13563370.jpg

あと、写真は撮りにくいので撮らなかったけど、セキセイインコ柄のビニール傘を買った。可愛いし透明で前が見えるのがいいと思って。
同じ傘を買った方のインスタがあったので貼らせて頂きます。


以前、T子さんに
「横須賀のモアーズに気になる雑貨屋さんあるんだけど行かない?Ruriさんも好きそうな店だよ」と誘われたことを思い出す。
その時は引越し準備に追われていて行ける状況ではなかったのだけど、翌日にT子さんの戦利品を見せてもらって、お店の名前も聞いたのにすっかり店名を忘れてしまった。
帰り道にメールで聞いてみると、「三階のcolon:だよ!」と返事が来る。
次はじっくり見てみよう。小さいお店らしいんだけど。

*海は学校から帰ってきたあと、同じクラスでご近所のお友達、K美ちゃんと公園で待ち合わせして遊ぶと言う。
昨日から約束していた。
初回なので私もついていったら、K美ちゃんのお母さんと2歳になる妹さんも公園に来ていた。
海とK美ちゃんはスケーターで広い公園内を何周もしたり、お花を摘んで親たちにプレゼントしてくれたり、ブランコで立ち漕ぎをしたり…だるまさんが転んだをしたり。
一番最初のお子さんがK美ちゃんで、下の妹さんは幼稚園のプレだというK美ちゃんママに、
「お兄ちゃんは五年生ですよね。五年間早かったですか?いま、一日一日が長くて…」と聞かれ、
「早かったです!本当にあっという間でした。まだ感覚的には二年生の終わりから三年生の初めぐらいの感じなのに、実際は五年生。高学年だなんて!
幼稚園に入っただけでもすごく時間が経つのを早く感じるようになりますが、小学校に上がるとさらに加速が付きます!あっという間に六年間が終わっちゃう感じで焦りすら覚えます(笑)」
「そうですか、とりあえず下も幼稚園に入れば自分の自由な時間ができそうです!」と、一年後を楽しみにしているK美ちゃんママだった。

*夜ごはんは
・エビフライ
・グリーンサラダ
・もやしと油揚げと小松菜のお味噌汁
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/26(金)】
*朝から雨。
朝ごはんを食べていた海が、「頭と足が痛い…」と言う。
成長痛で足はしょっちゅう痛がっている海だけど、頭が痛いというのは心配だ。
体を触ったらなんとなく熱い気がする。体温を計ったら37.1度の微熱。
これくらいの熱があっても(子どもは平熱が高め)本人元気なら行かせるところだけど、海自体に元気がないな。
「どうする、行ける?学校の近くまで車で送って行ってあげようか?今日海の好きな図工もあるし、K美ちゃんとはまっ子で遊ぶ約束してるでしょう?」と聞いても乗り気にならない。
「休む?」と聞くと、「休む」との答え。
幼稚園でもそうだったが海が休むと言うときは本当に具合が悪いときなので休ませる。
連絡帳は雪に持って行ってもらう。

海をソファでごろごろさせながら様子を見る。
熱は昼前には37.7度に上がり、やっぱり安ませてよかったと思う。少し気持ち悪いと言っている。
お昼寝したら?お母さんのベッドで寝てもいいよ、と何度も言うのだが、小さい頃から昼寝が好きじゃない海に「いい」と断られる。
元気を少しずつ取り戻してきて、お絵かきをして遊んでいた。

私:「お昼なに食べたい?たこ焼き?(←海の大好物)」
海:「たこ焼きは今日はちょっと入らない」
私:「海がたこ焼きを食べないって言うなんて!本当に具合が悪いんだね」
お気に入りのパン屋さんのパンが食べたいと言うので、買いに行ってくる。
いつもはパンならみっつ食べる海だけど今日はふたつ。

*今日は私が自治会地区班での、下校時見守り当番の日に当たっている。
わりとしっかり管理されているPTAの見守り当番(立つ場所も時間も指定、やった日は学校まで行って見守りノートに記入し、都合悪く休んだ場合は別日に振り替え、ちゃんと行われたか学期末にPTAチェックが入る)とは違って、
この地区班当番はチェックもないし、見守りの時間も方法も自由(交差点に立ってもいいし、我が子と学校から帰ってくるだけでもいい)で、都合が悪い場合は休んでいいし誰に報告しなくてもいいというゆるい制約のものなのだけど、黄色い旗を持って腕章を付けて見守りに行ってくる。
気になることもあるので学校まで歩いて行くことにした。
ランドセルをしょった児童たちにさようなら、と声をかけながら学校まで逆流していく。
途中で雪とすれ違う。もう雨は止んで晴れてるのに、傘を差して、どうした…。(後で聞いたら、友達が霧吹きで水をかけてくるのでガードしてたそう。)
私:「雪、海の体操袋やうわばき袋も持って帰ってきた?」
雪:「連絡帳しか渡されてないよ!」
これが気になってたこと。
やっぱり。そんな予感がしたんだ。
じゃあちょうどいいから教室まで行って、一式もらってこよう。
海は今週給食当番だったから、給食袋も持って帰らないと。
学校の廊下へ行くと、荷物を提げておく場所に海の体操袋、うわばき袋、給食袋だけが取り残されている。
先生がそれらも連絡帳を頼んだ子に持ち帰らせてくれればいいと思うけど(前の学校ではそうだった)、この学校では頼む子の負担を考えて、持たせないのかしら。
一年生だと、よその子の荷物まで持って帰るの大変だもんね。
それとも先生が忘れたのかしら。
たまたま私が見守り当番の日でラッキーだったと思う。
全部持って帰る。

*雪はおやつを食べたら「誰か遊べる人がいないか○くんちと○くんちピンポンしてくる!」と出かけて行った。
結局ばったり友達と遭遇して、4,5人で遊んだそう。
そのあと、「そうだ、来週の林間学校のお菓子買いに行かなきゃ」と言い出した友達に付き合って、前住んでいた家の近くにあるお菓子専門店まで行ったらしい。
雪はスケーター、何人かは自転車、歩きの子も!頑張れば歩ける、それくらいの距離なのだ。
ちなみにたまたま会った、友達のお母さんもお菓子専門店まで自転車で付き添ってくれたらしい。
そのお母さんは、私が役員で一緒の、前PTA会長だったIさん(5/19)なのだけど。

前住んでいた家のそばだけに、雪は前の学校の友達、8人に会って声をかけられたそう!
ちなみに雪はお小遣いを持っていかなかったし、林間学校のお菓子は後で私と買うことにしていたので、お菓子専門店では何も買わなかったとのこと。
後で雪からそのことを聞き、そういう時のために、一応ボディバッグにお財布を入れて出かけていいよ、流れで、付き合いで、何か少しぐらいお菓子を買ってもいいからね、でも何か買ったらちゃんと教えてねと言っておく。

*夜ごはんは
・ビーフシチュー
・もやしとほうれん草の和風サラダ。

海の熱は平熱に。とても元気。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/27(土)】
*お昼は今季初、冷やし中華。
名古屋の人は冷やし中華にマヨネーズをかける、と最近テレビで見て知り、みんな少しずつかけてみる。
雪:「うん、美味しい!まろやか~」
主人:「美味しいけど、お父さんはなくてもいいな」
私:「私も。冷やし中華の持ち味が消えてしまう気がする…。でも、マヨネーズがかけられている冷やし中華を最初から食べて育ったら、マヨないと物足りなくなるだろうね。それが当たり前の地域で育ったら。」

*家具屋さんを回って、子どもたちの部屋に置く棚を買いに行く。
引越し後の間に合わせとして、前の家のリビングから持ってきた二つの棚(白い本棚&ガラス扉付き白いキャビネット)を子ども部屋にひとつずつ(話し合って、本棚は雪へ、ガラス扉付きキャビネットは海へ)割り当てていたけれど、
やっぱりそれでは足りないらしいので、自分たちが気に入るものを選ばせて買う。

雪はダークブラウンの大きいオープンキャビネットと、それとおそろいのガラス扉付きキャビネットにした。
この二つがあれば、本も、趣味の雑貨もたっぷり置ける。
今使っている白い本棚は、家具をダークブラウンで統一している雪の部屋で浮いていたし、海の部屋にあげると言う。

海は白い木目の、ナチュラルなデザインのキャビネットを選んだ。
本棚部分、ガラス扉のショーケース部分、引き出し部分の三つに分かれていて、見せたいものと隠したいもののメリハリが付けられるのがいい。
今使っているガラス扉付きキャビネットも本人がとても気に入っていて継続して使いたいそうなので、色が白だから並べて使えるね。
しかも雪が要らなくなる白い本棚ももらい受けるから、海の部屋の棚は3つになる。
でも雪が今回買ったオープンキャビネットは大きいので、ふたりの棚のトータル収納量は同じぐらいになるかな。
配達は6月上旬。

*夜ごはんはビーフシチュー後半戦(今日で食べきり)とサラダ。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

これ(文字にして書きたくない)↓、我が家も5月からやっています。


本当に、これ考えた人は天才。
子どもたちの学習意欲向上に、こんなに貢献した教材はかつてあっただろうか?
特に男子に有効だと思います。
毎週漢字テスト前日に、雪と一緒にやっています。
吹き出さずに問題を読むことが難しいのですが…
雪はノリノリ。やる気まんまん。そりゃ楽しいよね。
これを初めてから雪の漢字テストの結果は抜群。
親として大感謝しています。
ぜひ、算数バージョン、社会科バージョンなども作ってほしいです。


最近一番笑い転げたやつ
e0374581_13585470.jpg




*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-05-24 10:59 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)

【5/18(木)】
*朝ごはんは卵がゆ。梅干しも入れて。
私は柚子こしょうふりかけもかけて。

*日中はずっとこの日記を書き上げていて終わった。

*4時頃、空が暗くなり雷がゴロゴロ鳴り出し、大粒のにわか雨!
洗濯物は早々に取り込んでおいたのでセーフだけど、もう雪は学校を出て家に向かっている時間だなぁ、
学校を出たときにはまだ降っていないからきっと置き傘も持っていないだろうなぁと思っていると、
「ただいまー!」と帰ってきた。
私:「おかえり!大丈夫だった!?」
雪:「大丈夫じゃないよ!」
パーカーを脱いで頭に乗せ、友達ふたりと走って帰ってきたらしい。
受け取ったそのパーカーはぐっしょり濡れて重い。
タオルで雪の頭とランドセルを拭き、すぐに部屋着に着替えるよう言う。
さすがにこの雨だし、遊びに行かないと言うので、珍しく雪とゆっくり過ごせる放課後だ。
おやつを出して食べさせながらテーブルに向かい合って、今日の学校での話を色々聞く。
私:「今日学校で何やったの?」
雪:「図工(『切ったねん土の形から』)で、割りばしにつないだテグスで粘土を切って、その断面から何を作るか考えるんだけど、
雪は魚にした」
そこはぶれない雪。
新年度の学級懇談会でも、「生き物が大好きで虫や植物などなんでも育てるのが好きですが、なかでも魚への愛が深く、絵や作品の全ては魚になると思います。なので学校参観の時に魚関係の作品を観たら、『あぁ魚好きのあの子だ』と思ってください」とお母さん方に話した私だった。

おやつを食べ終わったらいったんは自分の部屋に戻って行った雪が、「お母さん!」と興奮して階段を降りてきて、
「今ね、ベランダでサニーくん(クサガメ)見てたら、サニーくんも雪のことじっと見てるから、あっそうだ!と思って試しに餌をつまんで差し出してみたら、雪の指から食べたんだよ!」
私:「それは嬉しいね!初めてだね!雪に慣れてるんだよ」
雪:「うん。かわいい~」

*雨はすぐに止み、はまっ子で5時まで遊んだ海が帰ってくる頃にはいい天気。
私が海に教えると、「えっ雨そんなに降ったの?それですぐやんだの?」と驚いていた。
そんな海を連れて以前からのかかりつけ耳鼻科へ。
耳掃除をしてもらいに行ってきた。
ここの耳鼻科の耳掃除は子どもが全然痛がらないし、ウェブ予約できるので待たないのがいい。
2年前に私が鼓膜切開したのもこの耳鼻科。

*雪、からっぽの写真注文袋だけをランドセルに入れて持ち帰ってきて、お知らせ用紙もなければなんの写真なのかも分からないと言う。
出た…。
あの、きょとんとした目。腹が立つ(笑)
「ちゃんと聞いてきてよ~」とぶつぶつ言い、Yくんのママにメールで聞く。
Yくんママはこの学校で一番最初(入学転校二日目)にできたママ友で、上の子も下の子も同じ学年同じクラス。
気取りがなくフレンドリーで、いろんなことを教えてくれて、私にとっては女神のような存在なのだけど、
それとは知らずに子ども同士も偶然仲良くなり、放課後しょっちゅう一緒に遊びに行く仲。
Yくんは三人兄妹の一番上ということもあり、すごくしっかりしていて学級委員だとか運営委員もやっている。
Yくんママからお返事が来て、それは学級集合写真で料金は400円とのこと。
スマホで撮った、A・Bから選ぶという2種類の写真まで親切に添付してくれる。ありがたや!
私:「雪、お知らせも持って帰ってきてなくて」
Yくんママ:「それが、お知らせは来ないんだよ。毎回子どもの口から聞くだけ。」
私:「そ、それはやばい…雪に、もっと先生の話をよく聞くよう言っておくわ」

同じ男の子でも、こんな風にしっかりしている男の子もいるんだよね…。
かと思えば、後日、役員仲間で、雪と同学年の男の子ママが、
「うちの子が集合写真は一枚350円と言うから写真注文袋に350円入れて持って行かせたのに、400円だった!恥ずかしい!」と言っていたので、同士よ…と嬉しくなる私。
勝手な50円減額に、「右半分」と同じ匂いを感じる(笑)

*夜ごはんは
・花鯛の塩焼き(と聞いた雪がわーすごい、見たい!と興奮したので、焼く前の切り身を見せてあげる)
・春キャベツとふわふわ卵のバター炒め
・えびシュウマイ(海リクエスト)←シュウマイが出るときは毎回海のリクエストです
・大根とえのきと油揚げのお味噌汁
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/19(金)】
*家族を送り出したあと洗濯物を干し、掃除をする。
と書くとシンプルだけど、今日はこの流れを細かく書き出してみる。

朝一番に起きるのは私。
みんなにおはようと声をかけて(第一弾)、カーテンや窓を開けながら階下に降り、雨戸を開け、全部の窓を網戸にして風を通し、
洗濯機にランドリーバスケットの中のものを全部入れて、洗剤、柔軟剤、お湯で溶いた粉末の酸素系漂白剤も入れ、5分ほど回してから一度止める。(このあと衣類やタオルがしっかり漂白除菌消臭できるよう30~40分ほど浸けておき、最後に主人と子どもたちが着替えて脱いだものや、ベッドからはがした寝具を加えて再度回し始める。)
ゴミをまとめて集積場に出す。家の前に落ち葉やごみが落ちていたらさっと履き集める。
まだ寝ている家族に本格的に声をかけて起こし、朝食を出す。
海の髪の毛をむすび、身支度の点検(歯は磨いたか、名札は付けているか)をする。
途中まで一緒に出勤・登校する主人と子どもたちを行ってらっしゃいと見送り、そのまま庭の植物に水をやる。
みんなが使った食器をシンクに下げて洗ったり、前の晩から出しっぱなしだった物や家族が朝使った物を元の場所に戻したり、
そんなことをしているうちに洗濯が終わるので、洗濯物を詰めたランドリーバッグをふたつ持って二階へ上がり、ベランダに干す。
日差しが強いので室内で全部ハンガーやピンチハンガーにセットしてからベランダの物干し竿に手早く移動する。

次に掃除へ取り掛かる。
私の基本の掃除は…
ハンディモップ(クイックルワイパーハンディ)で全室の家具や棚やサッシの埃を取ったあと、
掃除機をかけ、最後にクイックルワイパーにウェットシートをセットして床を水拭きする。
床にガラスのフロアコーティングがしてあるので、普通のウェットシートだとフローリング上に洗浄液の成分が残り、
素足で歩くとややべとつきを感じ、靴下で歩くと滑ってしまう(体重の軽い海はつるんと転ぶ)のが気になって、
電解水ウェットシートか、重曹セスキウエットシートに変えてみたらとってもいい!
素足で歩いてもさっぱりするようになった。海も転ばない(笑)
次に、片手にウエス、片手にアルカリ電解水スプレー(「アクアショットプラス」)を持ち、家中を点検する。
クロスや家具などの汚れに、滴るほどスプレーしてウエスで拭くと綺麗に落ちる。
最後に洗面所ボウルとトイレを掃除して終わり。

この基本のお掃除に加えて毎日どこか一箇所のプラスワン掃除をすることにしているのだけど、今日はお風呂場にする。
排水口は、外せる限りのパーツを外して洗浄、浴槽のエプロンも取り外して洗った。
ついでに洗面所、トイレ、キッチンなど水回りの水栓を全部ピカピカに磨く。
アルコールで拭いたあと、乾いた布で力を入れてしっかり磨き上げると鏡のような輝きに戻るのだ。

掃除が終わってからがいつも私の朝ごはんタイム。
掃除を終えるまでは落ち着かず、空腹も感じず、何も食べようという気にならないのだ。
朝ごはんと言っても、コーヒーを淹れてトーストを1枚焼き、家族に出した朝ごはんの残り(サラダとか、ウィンナーとか卵とか)を食べるという簡単なもの…。
録画しておいた自分用の番組を見ながら30分~1時間ほどゆっくり過ごす。
これが私の家事習慣。

*今日は午後が予定で詰まっているので、朝ごはんを食べたらすぐ立ち上がって買い出しに!
食料、飲料、掃除用品、お米などOKストアでどっさり買って帰る。

*午後は、学校主催の保護者向け説明会(45分)に出席し、そのあとPTA主催の総会(40分)に出席。
PTA会長を3年も務めて、この総会を最後に新会長へバトンタッチするIさんの素晴らしいスピーチに感動し、涙ぐむ。
転校してきた私はこれまでのこの小学校のことは何も知らないけど、Iさんとは今回小学校の役員で一緒になって、もう何度も顔を合わせているのでそのお人柄はよく知っている。
どれだけ周りから慕われているかということも。
Iさんは、会長を務めた3年間の中で形式にとらわれていた枠組みをとっぱらって実を取り、
無駄を極力省いてPTAや役員の負担を減らし(そのために校長や先生方に何度もかけあった)、
後進が仕事をやりやすいよう革命を起こしてくれた英雄としてみんなが称え、感謝しているのだ。
そんな経緯を何も知らない私から見ても、気さくで優しくすごく包容力あるひと。そして頼もしい。

PTA総会のあとは、成人保健委員会のメンバーで集まって打ち合わせ。
Iさんに、委員会のみんなが口々に「さっきのスピーチ感動した」「泣きそうになった」と声をかける。
Iさんは「いやいやスピーチなんてそんなすごいものじゃ」と手を振って謙遜してる。
打ち合わせでは主に月末の給食試食会の件について話し合う。
まだ学校自体が迷路の私にとっては会場設営も司会も不安があるけど前日にリハもするので大丈夫だろう…
試食会で取った保護者アンケート集計とそれをもとにしたお便り作成はIさんと私の分担になっているのだけど、
Iさんが「Ruriさん一緒にやろうよ!うちで!別々に作るよりいっぺんにやる方が効率的だし楽しいもん。試食会終わったら日取り決めようね」と誘ってくれたので、とても楽しみ。
Iさんとは家が7,8軒しか離れていない近所なのと、子ども同士が5年生で同級生なので、いろんな意味で距離が近くて嬉しい。

*雪はランドセルを置いて遊びに行ったあと暗くなるまで帰って来なくて、ツノを生やした私に玄関で出迎えられた。
私:「遅い!」
雪:「ごめん」
私:「しかもなに持ってるの(→泥だらけの水槽を見て)」
雪:「あ、これ、どじょう入ってる」

今日は仲良しのKTくん、KSくんが川に連れて行ってくれたそう。
ザリガニやどじょうをいっぱい捕ったんだって。
ザリガニはクラスで飼うため、同じ飼育委員のKTくんが明日クラスへ持ってくるそう。
危なくない川なの?→すごく浅いそう
遠いの?→ちょっぴり遠いけど、まあ安全な場所だった
などと確認し、次からもっと早く帰ってきなさいと念を押す。

*夜ごはんは、ハンバーグとサラダ。なかなか夜ごはんの写真を撮る余裕がない…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/20(土)】
*雪、生まれて初めての床屋さんへ。
2/24に最後のママカットと書いたけれど、なかなかいい床屋さん(安過ぎず、もちろん高過ぎず、キッズカットの値段が最初から設定されていて、子どもが行きやすい明るい雰囲気の、家から近く、あまり混雑していない)がみつからず、このあともう一回私が切った。
最近、やっと良さそうな美容院をみつけたので、雪を連れて行く。
こんな店内。これは半面で、真ん中に仕切りがあり、店内にはこの4倍のカットスペースがある。
e0374581_12100888.jpg
雪:「あ、アンスリウムだ(赤い花)」
私:「パキラの横にある黄色い器具が巨大なバナナに見えた」

予約はしていなかったけれど、開店5分前に行ったらふたり待っているだけで、すぐに始めてくれたので良かった。
待っている間、「赤い車の席へ通されたらどうしよう」なんて雪と冗談を言っていたら本当に車の幼児席へ通されたので
慌てて雪が「いや、そこは(笑)」、結局普通の席にしてもらった。
美容師さん:「どんな感じにしますか」
私:「床屋さん初めてなんですけど、全体の雰囲気は変えずに短くしてください」
美容師さん:「耳は出しますか」
私:「出してほしいです」
美容師さん:「わかりました」
それでスタート。
「いつもお母さんが切っていたんですか、髪の量が多いから大変だったでしょう」と言われる。
美容師さんはクリップで雪の髪をいくつかのブロックに分け、手際良く切って行く。
30分ほどで終了。途中バリカンも使って産毛を刈り上げていた。
すごくさっぱり!そしていい感じ。
雪もまんざらでもなさそう。
私:「初めての美容院、どうだった?痛くなかった?」
雪:「痛くはなかった。ただ顔がかゆかった、手が出せないから…」
私:「そういう時は、顔がかゆいからかいていいですか、って言っていいんだよ」
「この美容院どう?これからも来る?」と雪に聞いたら「とりあえずはここでいい」と言うので、髪が伸びたらここにまた来よう。

同じビルにあるお店で、雪が「雪!」と友達に声をかけられていた。
知らない子なので聞いたらKSくんだって。昨日一緒に川へ行ってザリガニ捕りをした子だね。
お父さんとお買い物に来ていて、レジのあと「じゃあな雪。また月曜日にな」とわざわざ言いに来てくれたので、
「バイバイ!雪のお母さんです」と私も手を振る。

*午後は海の幼稚園同窓会。
遠くへ引越して行ったM紀さん(雪親友Hくん、海と幼稚園同級Sくんママ)にも久しぶりに再会、N沙さんにも。
海も、幼稚園時代のお友達と久しぶりにいっぱい遊べて喜んでいた。
(↓小花柄ワンピースを着ている子が海)
e0374581_12213573.jpg


e0374581_12335144.jpg


年長さんのとき担任してもらった先生と(初めて年長さんを受け持つのが海のクラスで、卒園式で泣き通しだった優しい先生)
e0374581_12244082.jpg
園バスも一緒で家も近所で、登園後も毎日遊んでいた仲良しRくん、Sくんと
e0374581_12304067.jpg
この3人はみんな違う小学校。
でもこれからもずっと友達。ずっと会える。


*インテリアコーディネーターさんに照明器具のアドバイスに来てもらう。

*夕方、家族4人で街探検(森の中を抜けて)
e0374581_12531694.jpg


*夜ごはんは
・アジフライ
・レタスときゅうりとハムとクリームチーズのシーザーサラダ
・もずく酢
・うずら豆
・わかめと豆腐のお味噌汁
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/21(日)】
*三浦海岸へ貝拾いに。
行きたがったのは雪だけど(オカヤドカリの引越し用貝を拾いたいからと)、主人も海も行くと言ってくれたので家族4人で行く。
e0374581_12383242.jpg

e0374581_12371763.jpg

e0374581_12555754.jpg
貝殻は全くと言っていいほど拾えなかった。
潮回りは若潮。同じ若潮でもこの日はいっぱい拾えたのにな…

メノウは綺麗なものがいくつか拾えた。
e0374581_12540188.jpg
とにかく暑くて、真夏のよう。
まだ海開きには遠いのに浮き輪に水着で海に入って遊んでいる家族もいっぱい。

雪、拾った綱に海藻をくくりつけ、「わかめペット~」と言って喜んでいる。

e0374581_15170485.jpg
このあと波に綱ごと持って行かれ、追いかけたけど「ああーもう回収できない」と諦めていた。

帰りにコンビニアイスで涼を取って帰る。

*夜は、
「疲れたから豚肉が食べたい」と言う主人のため

・スタミナ炒め(豚の肩ロースににんにくすりおろしと片栗粉を揉み込んで、しめじ、輪切り茄子、細切りピーマンと甘辛く炒める)
・春雨サラダ(みんな大好きでお代わり連発)
・豆腐とわかめのお味噌汁

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

主人お気に入り、熱伝導のアイススプーン(貝印)が、ぱったり見当たらなくなった。
あまりに小さくて薄くて軽いので、私がシンクのごみとまとめてうっかり捨ててしまったようだ…。
これでアイスを食べるのを楽しみにしていた主人が落胆。ああごめんなさい。
しかも先日義母から「ハーゲンダッツを買ったら付いてきたのだけど要らないから使って」ともらったものだ!
お義母さんにも、せっかくくれたのに捨てちゃってごめんなさい。
似たようなものを買ってみたけど、主人:「悪くないけど前のやつのほうが使い勝手が良かった」そうなので、
メルカリで探してみたらことごとくSOLD OUT。またどなたかが出品してくれるのを待ちます。


「似たようなもの」
e0374581_10124067.jpg


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-05-22 14:42 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)

【4/30(日)】
*横須賀のうみかぜ公園で磯遊び。
e0374581_15384170.jpg
干潮でカラカラになっている遊び場で、夢中で生き物を探す雪と海。
私は隣接しているLIVIN(ショッピングモール)の無印良品に寄り、ポリプロピレン収納ケースをふたつ買う。
ひとつはキッチン横のパントリー用。
もうひとつはウォークインクローゼット用。
既にこの収納ケースを大量に重ね置きして、なんでもすっきりしまっているのだけど、「まだ置ける!」とみつけた隙間のサイズを測って追加分を買いに来たのだった。
さまよって泣いている迷子(推定3歳男の子)を一人保護して店員さんのところへ連れて行き、お母さんすぐ来るからね、大丈夫だよと言ってから去り、
目当てのケースを買って、持ちやすく束ねてもらって遊び場へ向かう。
LIVINの出口で、ばったり出会ったのは、スイミングで一緒の(そして幼稚園が同級だった)Kくんとお母さん。
「こんな(遠い)ところで!」
「しかもこのタイミング!」
「2秒ずれていたら会えませんでしたね」
Kくん家族はうみかぜ公園の、アスレチックに遊びに来たそう。

*トイザらスで、海のアクアビーズ(足りなくなった6色)、雪のスケーター(壊れてしまったので)を買って帰る。

*夜は豚汁(人参、大根、里芋、ごぼう、豚肉、油揚げ、こんにゃく、ねぎ、もやし)、豚肉とれんこんの炒め物、たけのこご飯。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/1(月)】
*ベイサイドの三井アウトレットへ。
ここの某ブランドショップで働いているY子さんが、GWは連日シフトが入っていて、
外の噴水前で特設販売もしていると聞いていたのを思い出したから。
平日とはいえやっぱりGW中なので駐車場に入るまで10分ほど渋滞した。
噴水前広場に向かうと特設ブースが賑わっていて、お、いたいた。
Y子さんがお洋服を広げて年配の方に接客しているのが見えたので遠巻きに見守り、
客足がいったん途絶えた瞬間に近づいて声をかける。
「こんにちは、お疲れさま!」
「来てくれたの、ありがとうー。Ruriさんが好きそうなのは~」と探してくれる。
一緒に探したけれど今回の希望(半そでお出かけ着、綿素材、襟元の開きが大きくないもの)に合うものがみつからず、「お店(実店舗)の方も行ってくるね」と言って別れた。
頑張ってね、と腕にタッチして。
超働き者のY子さん。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/2(火)】
*小学校へ行き、今月末に開催する給食試食会の打ち合わせと、配布物の印刷。
正副委員長が作っておいてくれた当日の流れと役割分担を見たら、私、司会!
副委員長:「去年までと全く一緒で、しゃべるマニュアルがあるので大丈夫です!」
よ、良かった~。それならなんとか…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/3(水)~5/6(土)】
*主人の実家へ帰省。
体調の悪い主人に代わって私が全部運転して栃木まで行く。
高速道路も下道も、特に事故や渋滞もなく快適に走れた。
東北道のSAではTBSの情報番組がロケに来てた。
e0374581_14311522.jpg

パン屋さんでロケをしたあと、一杯のラーメンをじ~っくり、驚くほどの時間をかけて撮影してた。
e0374581_14314578.jpg


*今回の手土産は、(いつも主人が選んで東京で買ってきてくれるのだけど)
鎌倉五郎本店の「冷やし生ようかん」
e0374581_09591601.jpg
さらっとしていて冷たく喉ごしのいい水ようかん。

*お義父さん義母さんが用意してくださっていたのは
蛸屋総本店の「きすげサブレ」「しあわせの黄の花サブレ」。
どちらも味は似ているんだけど、「しあわせの黄の花サブレ」はあられ入りでざくざくした食感で、「きすげサブレ」は厚みがあってバターの香り。
「きすげサブレ」の方が子どもたちに好評。
e0374581_10012656.jpg


*雪は連日生き物採集。

e0374581_14325076.jpg
毎日泥だらけになって
e0374581_15555671.jpg

どじょう、ざりがになどを捕まえる(また横浜に持ち帰って家で飼うそう)
e0374581_15581154.jpg

かえるは捕まえてもすぐに逃がす
e0374581_09515257.jpg

ジャングルジムの上から紙飛行機も飛ばした
e0374581_15512415.jpg


*海も野山を歩き回るけど
e0374581_09525437.jpg

目的は主にお花摘み
e0374581_15553383.jpg

「お母さんも一緒に摘もう」と誘ってくれて、
e0374581_09541058.jpg

e0374581_09553460.jpg

摘んだミニブーケをおばあちゃんちの空き瓶に活ける
e0374581_15502136.jpg


てんとう虫は大好き
e0374581_10225444.jpg

しゃぼん玉もした
e0374581_15500056.jpg


*スーパーで鑑賞用のサワガニを1匹50円で売っていて、ほしがる雪におばあちゃんが1匹買ってくれる
e0374581_11223026.jpg

e0374581_11243289.jpg


e0374581_11275294.jpg
こんな小さい、食用でないカニも「1パイ」と数えるんだね、と可笑しくなる私。
海にも聞いたけど要らないって。海はお菓子を買ってもらってた。


*翌日私と主人が家具屋さんへ行くと聞いて、雪はその途中にある大型ペットセンターへ行きたいと言ってついてきて、

ずっとほしがっていた念願のオカヤドカリを買う(自分のおこづかいで1匹、主人が「沢山いた方が見て楽しいから」と追加で3匹買ってあげてた)
e0374581_09572864.jpg


e0374581_10291272.jpg

*その間海はおばあちゃんと家にいて、昨日スーパーで買ってもらった「たのしいケーキやさん」を一緒に作っていた
e0374581_09561958.jpg

完成品
e0374581_09583279.jpg
作るのは楽しかったけど味はそんなに美味しくないと言っていた(おばあちゃんも味を見て、「確かに…」)


*雪は百均でいろいろ買い揃えてオカヤドカリのおうちを作る
e0374581_10045287.jpg

e0374581_10174518.jpg

e0374581_10194289.jpg


*ペットセンターでヒメダカを2匹プレゼント(クーポンで)してもらえたのでメダカ用の水槽も買う
e0374581_10060737.jpg



*玄太はもう9歳。うたたね中
e0374581_10294681.jpg


*GWに帰省するといつも藤の花が満開で圧倒される
e0374581_15505098.jpg

田んぼにはカルガモがいた
e0374581_15594837.jpg

*滞在中の夜ごはんの記録。

◆初日◆
胃腸の調子が悪く、食欲もない主人が食べられるものを考える。
ドクターから当面の間禁止するよう言われている食材(ねぎ、にら、にんにく、酸っぱいもの、辛いもの)を省いて作らなければいけない。
何がいいかお義母さんがあれこれ考えてくれて、「にゅうめんはどうかしら?」→主人「食べれそう。にゅうめんの他にはなんかある?」→「あとは、煮物なら作れるけど」→主人「じゃあそれでお願い」
この流れを見守っていた私…。
心の中では(やった、珍しくお義母さんの手料理が食べられるぞ!)

夕飯の支度をするときになって(自宅では遅い私も義実家では早めに取り掛かる。まださんさんと明るいうちに)、
エプロンを付けながら「じゃあにゅうめんの準備だけしちゃいますね。お母さん煮物のほうお願いします!」とお願いすると
テレビを見ながらお義母さん「はあい」

そうめんだけ茹でて、ざるに上げておく。
煮汁用に大きな鍋に湯を沸かし、根菜から具を煮ていく。
お義母さんの煮物の具を聞きに行ったら人参、里芋、椎茸、鶏のささみとのことなので、
私もにゅうめんにささみを入れようと思っていたのを変更して鶏挽き肉で団子を作り、あとは人参、大根、玉ねぎを入れる。
そこでお母さんのために台所を空ける。

お母さんが煮物を作っている間に、子どもたちが遊んでいる公園と田んぼに合流し、一緒に遊ぶ。
そして、一緒に帰ってきて子どもたちをお風呂に入れる。

お母さんの煮物が完成したら今度は私が台所に戻り、にゅうめんの煮汁に味付けをし(白だし、みりん、しょうゆ)、
茹でておいたそうめんを鍋に戻し、最後に溶き卵でとじ、主人の分以外に、小口にした青ねぎを加える。

お義母さんに「どうしてこんなに溶き卵がふわっとするの?私いっつもぺっちゃんこになっちゃうの」と聞かれたので
私:「ああ、なりますよね!私も、そうなっちゃう時あります。運かも(笑)。多分、成功した時は、煮汁を充分沸騰させてから卵を少しずつ加えた時だと思います。いっぺんに流し込まずに」

お義母さんの煮物、「味が濃いかしら?大丈夫?」と気にされていたけど全然濃くない。
とっても優しい味がして美味しかった!


◆二日目◆
ピーマンの肉詰め、フリルレタスときゅうりと笹かまとチーズ(カマンベール入り)のサラダ、えびシュウマイ(海のリクエスト)、煮物の残りとお味噌汁。
e0374581_10140859.jpg
作っているのを見て海が「もしかして、ピーマンのにくづめ?」
私:「そうだよ」
(海、居間に走って行って雪に教えに行く)
雪も台所へ見に来て「やったー、ピーマンの肉詰めだ!ここでこんなごちそうが食べられるとは!」と舞い上がってる。
本当にふたりともピーマンの肉詰めが好きだよね。

私がおかずをお皿に盛り付けているのを見てお義母さんが「何か手伝うことある?」
私:「じゃあご飯とお味噌汁をよそっていただけますか」
「わかった」と台所へ向かったお義母さんが炊飯釜をパカッと開けて
「Ruriさんごめん、ご飯炊くの忘れてた!」
(炊事担当は私だけど、毎回ご飯を炊くのだけはお義母さんがやってくれることになっている。)

主人:「どうしてそんなことになるの!?」
お義父さんが「この前(大晦日)と全く同じだ」と怒りながら、すぐコンビニに自転車でパックごはんを買いに行ってくれた。
お義母さんはうろたえるあまり、お味噌汁をよそってくれている途中にお椀を倒してしまい、みんなでティッシュやら布巾やらかき集めてテーブルを拭く。
ダブル失敗でお義母さんは見ていられないほどものすごく落ち込み、台所に引きこもって目頭を拭っているので「おかあさん!大丈夫です大丈夫です、すぐにおとうさん買ってきてくれますから、おかずから食べてましょう」と励ます。

お義父さんとごはんが来て、夕飯開始。
サラダに入っているこのチーズが美味しい、どこの?とお義母さんに聞かれたのでカマンベール入りのQ.B.B.ベビーチーズです、と答える。
このシリーズではカマンベール入りがまろやかで料理にも合って一番おすすめですよと。

◆三日目◆
ぶりの塩焼き、いんげんの胡麻和え、茶碗蒸し(ささみ、椎茸、ほうれん草、コーン)、ミニハンバーグ(ピーマンの肉詰めで余ったタネで)、もずく、お味噌汁。
e0374581_10143978.jpg

e0374581_10145812.jpg
器がないため子どもたちの茶碗蒸しは普段コップ代わりに使っているそばちょこ(上の写真)に入れ、お義母さんと私のはそれより一回り大きい器、お義父さんと主人の茶碗蒸しはスープが入るぐらい大きなボウルに入れて作る。この二人分だけすごいボリューム(笑)
「多かったら残してくださいね」と言っておいたのだけど
「美味しくてぺろんと食べちゃった(笑)」とお義父さん。

ぶりの塩焼きが、主人にも義両親にも大好評。
主人:「うまかった」
お義母さん:「ぶりで塩焼きは思いつかなかったけど、こんなに美味しいなんて」
私:「この前お魚屋さんに行ったら、売り場に手書きのポップで『この時期はぶりは塩焼きが一番!』って書いてあったんです。それを思い出して今回やってみました。」
ちなみにグリルではなく(義実家の魚焼きグリルは昔から一度も使われることなく新品状態、さすがにこれに手を付ける勇気はない…)
フライパンで、油を薄く敷いて焼き、パリッと焼き目が付いたらお酒を入れてフタをして蒸し焼きにした。

*楽しい滞在はあっと言う間に終わり、4日目の朝、向こうを出て(また私の運転で)お昼過ぎに帰ってくる。
ザリガニの赤ちゃん2匹、どじょう2匹、サワガニ1匹、メダカ2匹、オカヤドカリ4匹も連れて帰ってきたから、水をこぼさないように運転はいつも以上に気を遣ったな…

いつも私のために珍しいものを買っておいたり取り寄せておいてくれているお義母さんから今回頂いたものは
e0374581_10280993.jpg
タリーズのレモンハニー(オレンジハニーもすごく美味しかったらしい)
ふき味噌(おにぎりの具に美味しいらしい)
かぼちゃ種子油(パンプキンシードオイル)

前回頂いたバルサミコ、まだ使っていないのを思い出した…使わなければ。

【2017/6/5追記】
お義母さんにお聞きした「ミルクくず湯」のレシピ。
主人が小さい頃からおかあさんに作ってもらって好きだったというこの飲み物、
結婚してから飲みたいと言われ、私も何度か作ってみたのだけど(ネットで探したレシピを参考にして)、どうも違うらしい。
今回、お義母さんにお願いしてレシピを教えてもらった。
分量なんていうほどのものはないのよ~と困りつつ、わざわざ紙に書き出してくれたお義母さん。
一回、これでちょうどいいか作ってみて、主人に飲ませて確認するという念の入りよう(笑)
そして私に「作ったけど、誰も(主人&雪、海)何も言わずに飲んでいたの。きっと美味しくなかったんだわ」としゅんとして報告してくるので、
即、私(大声で):「○○(主人)~、ミルクくず湯どうだった?いつもの味だった?」
主人が「うん、これ」と言うので「この味だそうです!」とそのままレシピを頂戴する。
忘れないよう、なくさないよう、ここに書き起こしておく。

『牛乳20cc
 片栗粉20g
 砂糖25g
 全て鍋に入れてよく混ぜ、火にかけて沸とうするまで混ぜ続ける。』

このメモを見た私:「葛粉を入れないんですね!片栗粉だったんですね!」
お義母さん:「そうなの、片栗粉で作るからくず湯といってもとろみがしっかりつくの」

ミルクくず湯と聞いて、葛粉を使う以外頭になかった。
それは再現できないはずだ。
そしてこれからはいつでも、作ってあげられる。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/7(日)】
*最近建て替えしたM美さん&Yちゃんのおうちへ遊びに行く。
床も天井も無垢の板貼りで、壁は珪藻土、モデルハウス以外でこんなに素敵なおうちにお邪魔したのは初めて!

(帰宅してからM美さんに送ったメールに感動が溢れているので残しておく→「すみずみまで機能的なうえ、お洒落で美しい設計、光のたっぷり入る開放的な室内、家族の触れ合いがたくさん生まれ、24時間木の香りに包まれている家…この家で成長していくYちゃんはなんて幸せなお子さんなのでしょう。これ以上ないほどYちゃんへの愛情をこめたおうちを作られましたね!」)

短い時間だったけれど子どもたちは大はしゃぎで遊び、心の友・M美さんと私はたくさん語り合い、
Yちゃんのおさがりをたくさん頂いて帰宅。
それを車に積んでおいたままいったん家に入り、数時間後にまた車に乗って出かけようとしたとき、
車の中に木のいい香りが漂っているのに気が付いた。
もしや、と思いおさがりの入った紙袋をクンクンして見ると、ああやっぱり
フィトンチッドの発生源は、このお洋服たち!
家の中のみならず、家に置いておいたものにまで深く染み込む木の香り!
M美さんちは森そのものに近い。

*夜ごはんは主人リクエストでオムライス。
サラダにかけた、新しいドレッシングが家族にことごとく不評。
ちなみにキユーピーの「コクのたまごドレッシング」。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/8(月)】
*帰省の採集日に雪が足の裏を虫に刺されたらしく(気付いたら両足の裏とかかとが真っ赤になっていた)、それが猛烈にかゆいと言うので、皮膚科に連れて行く。
赤ちゃんの頃からの雪と海かかりつけのこどもクリニックと歯医者さんがあまりにもいい病院なので、引っ越してからまだひとつも病院は変えていない。
皮膚科も信頼できていい先生だけど待つのだけがネックなので、よほどいいところを今のエリアで発掘するまでは、ここにかかるつもり。
雪と海が学校から帰ってきたら、ふたりを車に乗せて、車でブーンと10分かからず前の家へ到着。
駐車場も(半永久的に)使っていいと管理人さんから言われているので、ゲスト用のスペースに駐車。
ママ友たちに連絡しておいたので、雪海の友達がたくさん待っていた。
「雪くん雪くん雪くん」「海ちゃーん!」と、車に駆け寄ってくるので危ないから、駐車するまで下がっていてもらう。
海は手をひっぱられて消えていったが雪もサッカーボールを蹴って遊び始めるので、「違うでしょ雪は病院に行くんでしょ!」と引き留めると「えー」と後ろ髪引かれまくり。
振り返り振り返り、病院へと向かう。
…やっぱり、すごく待った…1時間以上。
ここもこどもクリニックや耳鼻科みたいにウェブ予約ができるといいのにな。
診断結果は、片方の足(かかと)は虫刺されだけど、もう片方(足の裏)は樹木の汁にかぶれた感じだそう。
かゆみが猛烈なのと、足だから多少強い薬で大丈夫という理由で強めのステロイドと、飲み薬(アレグラ)が処方される。
「薬はお母さんがもらっておくから、雪はもう行っていいよ、遊びたいんでしょ?と」聞くと喜びに目を発光させてダッシュして行った。
迎えに行ったら、総勢8人でどーんジャンケンポンをして遊んでいた。

ちなみに、雪の大親友だったHくんは、我が家と同じタイミングで家を新築し、うちの引越しの一週間後に横浜の別の(遠い)区に引っ越ししていった。
雪とHくんが、引っ越しを打ち明け合ったのはこの日、12/26。(日記にもその時のことは、内容を伏せて書いている。)

仲良し三人組の雪、Hくん、Fちゃんはこれまでたびたび私のブログにも登場した。
たとえば2015年10月のエビプロ、たとえば2016年3月のグリーンセンター、2016年10月のハロウィン
幼稚園から一緒の仲良し幼なじみトリオだ。
雪とHくんが3月末に同時に引っ越すことを新年最初の登校日にふたりの口から聞いたFちゃんは、
「えっ嘘でしょ」「ドッキリだよね!」と信じようとせず、本当だと分かったあとは「じゃあ私も雪の隣に引越してって頼む!」なんて言って、
行きも帰りもふたりの前では普通にしていたけれど、帰宅するなりお母さんの前で号泣したそうだ。
「ほんとうに悲しい」「明日から学校に行きたくない」と言って。
次の日も、その次の日もFちゃんは変わらず朝、待ち合わせ場所に来て二人と一緒に元気に学校へ行っていたけれど、
二人の前で一滴の涙も見せることはなかったけれど、
何日もの間、家へ帰ってからは思い出すたびわんわん泣いていたのだそう。
それをT子さんから聞いて私も泣いた。
ごめんねFちゃん。
雪とは特に仲が良かったから、Fちゃん、「雪の家の隣に家を買って!」とお母さんに本気で懇願したらしい。

(去年の夏、一緒に育てた野菜を収穫するFちゃんと雪。0歳からの幼なじみで同じ幼稚園、同じ小学校に進んだふたりは動植物好きなところも手先が器用なところもそっくりで、ただの一度も喧嘩することなく姉弟のように仲良く親密に育った)
e0374581_12174950.jpg

(おととしの秋、一緒にどんぐり拾いをしているところ。背はFちゃんの方がぐんと高いので、姉弟のように見える)
e0374581_22030066.jpg

だからFちゃんとHくんと雪は1月、2月、3月はいつもにも増してたくさん遊んで、2/26の「思い出に残る子どもたちだけのシーパラ」は、今だから書けるのだけどこの三人組のお別れ会だったのだ。

そんなFちゃんは、今でもしょっちゅう「雪遊べますか?」とお母さん(T子さん)のスマホを使って遊べるか聞いてくる。
そして、実際よく遊んでる。私が雪を、Fちゃんちの近くまで連れて行ったり、Fちゃんを迎えに行ってログハウスまで連れて行ったり。
夏には雪の家とHくんの家でお泊まり会しようね!と約束しているそうだ。しようしよう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/9(火)】
*上大岡でお買い物。
上大岡は大きいセリアと大きいCandoと無印良品が揃っているから、嬉しい。
また、ポリプロピレン収納ケースを買ってしまった…。いったい家に何個あるのだろう。

*私がブログをやる前にやっていたSNSがあり、またそのひとつ前にやっていたSNSがある。
独身時代~結婚直後までやっていたものだ。
私、恥ずかしながら告白するが昔の自分の文章のファンなので、そのSNSに書いたものを抜粋して最後の六年分、プリントアウトしてファイリングしてあるのだ。
ご丁寧に、写真(風景や友達との記念撮影)もところどころ差し込んで。
抜粋したのにA4クリアファイル13冊にもなる!
ごくごくたまに開いて読み返す。
それを、数年ぶりに最近読み返しているのだけど、いや我ながら本当に面白いし読み応えがある。
この頃が私の最後の青春だったと切に思う。
夢中で仕事に生き、休みの日は野山に鳥を見に行ったり友達とランチしておしゃべりしたり、
何気ない日常の中でひとつひとつ自然の美しさに感動し、恋をし、恋が叶い、恋を終わらせ、
生涯愛する人と巡り会い、やがて結婚する…。
全身全霊で生きていた自分。どんなことを考えて生きていたのか。
どれだけ仕事を愛していたか。そして職場からも必要とされていたか。
何に喜び、何に悲しみ、何に感動していたのか。
どんな友がいて、一緒にどんなものを見て、何をして、どう心を通わせていたか。
そういったことを思い出せるから、残しておいてよかった。
(自分の文章だけでなく、心を打たれた誰かの書き込みも一部残してあるのだけど、このSNSの途中からまちんちゃんと出会い、
まちんちゃんの書き込みが素敵だったり嬉しかったりで、多くを残してある…)

今日も数冊読みふけって、時間があっという間に経ってしまった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/10(水)】
*引っ越してきてまだ未開拓の方面を、歩いて散歩してみる。
紅茶葉専門店、珈琲豆専門店、曜日限定オープンの小さいカフェ、店主一人しかいないローカルな古本屋さん(ドアを開け放していて入りやすい)などをみつけた。
お花屋さん、美容室もたくさん。
この区内で一番美味しいと家族全員が思っているケーキ屋さんも、引っ越しによって近くなり、頑張れば歩いて行ける距離になった。
このケーキ屋さん、人気なのに駐車スペースが少なくて難儀していたけれど、これからは歩いて行けるのが嬉しい。

*海が学校のどこかで落としたハンカチを、ごそごそ探していたら隣の男の子が「どうしたの?」と聞いてくれて、わけを聞いたら
「そりゃ大変だ!」と大騒ぎし、クラスの子たちに声をかけて、帰りかけていたみんなが教室に戻ってきてくれて探してくれたらしい。
結局みつからなかったのだけど、隣の男の子は「また明日も探してあげるよ。きっと君のお母さんに知られたらものすごく怒られるから黙ってたほうがいいよ」と助言してくれたらしい(笑)
海は、「うちのお母さんそんなことで怒らないからだいじょうぶ」と言いかけたけど、せっかくその子がそう言ってくれたのだから気を悪くしないように言葉を呑み込んで、「わかった」と言ったらしい。
海はそういうところ、すごく大人。
そしてその男の子、優しいね。
クラスのみんなもありがとう。
(結局次の日、「お母さん、あのハンカチ体操服のズボンに入ってた」と持って帰ってきた)

*スイミング。
例の(4/26、そして4/30にバッタリ会った)Kくんママと隣に座って話す。
今日も「男の子というものは…」ばなしで盛り上がる。

Kくんママ:「Kは、この前宿題のプリントを、右半分しかやってなかったの。なんで右半分だけなの?こっち(左半分)は?って聞いたら、先生が右側だけでいいって言ってた!ってきっぱり。ホントかな~って思ったけど、子どもを信じなきゃ!って思ってそのまま提出させたの。そしたら次の日、こっち側もやりましょうと赤ペンで書かれて返されてきた(泣)」

Kくんママ:「持ち物とかもKに聞くとあやふやで、心配だから、いつも〇〇ちゃん(Kくんも海も幼稚園で一緒だった女の子)のママにラインで聞いてるのね、同じクラスだから。そうすると、『これとこれとこれを持って行くって言ってる』と初耳のことが判明したり、『宿題は何ページまで出てる』とか、正解が分かるの…。」
私:「分かる分かる!女の子ママに聞いて答え合わせするんだよね。私も雪のとき、Fちゃんちに聞いてた…」

ところで、Kくんちは、上にお嬢さんがいる。
落ち着きがあってしっかり者。

Kくんママ:「上の子(女の子)と同じクラスの男の子のお母さんが近所にいるの。そのお母さんからラインで『うちの息子がもう音読の宿題は出なくなったって言ってるけど本当?』とか『〇〇のプリントなんか配られていないって言ってるんだけど本当?』とか聞かれて、そのたび『いや、音読の宿題ずっと出てる』『そのプリントはだいぶ前に配られた』とか返事してたのね。それが、うちも下の子(男の子)が小学校に入って、まっったくおんなじことやってて、『ああ…ついにこっち側に来ちゃったか…』って思うの」

私:「うちは下が女の子なので逆に衝撃を受けるよ。女の子ってこんなにしっかりしてるんだ!って(笑)。時間割自分からやるし、忘れ物しないし」

Kくんママ:「忘れ物といえばね、Kは今年の3月にこのスイミングスクールに入ったんだけど、3回目か4回目でゴーグルをなくしたの。買ったばかりの新品のゴーグルを!…で、数週間待っても出てこないからもうあきらめてまた買い直したんだけど、念のために忘れ物ボックス(受付前にある)を来るたび確認してるんだけど、入っている忘れ物は9割方、男の子もの
私:「あー。黒いゴーグルとかね(笑)」
Kくんママ:「黒、黒、青。ピンクのゴーグル(女の子物)なんか1個もないの。あとは男の子の靴下、男の子水着、男の子の上着…」

ほんと、面白い。涙を流して笑った。

*夜ごはんは
かじきの塩麹漬け焼き、ポテトサラダ、茄子と油揚げのお味噌汁。
お味噌を変えたらすごく不評。
海は気を遣って「お味噌、なんかいつもと違う」という言い方。そして「残していい?」
雪も「この味はちょっと…」
主人なんか、「これあとどれくらい続くの?」と聞く。
3人から「今までのは美味しかった」と言われて、
私:「今までと言われても、今までもいろいろ変えてるんだよ。どれのこと?」
主人:「何も思わず飲んでいたから昨日までのは美味しかったんだと思う…」
私:「みんな美味しいときは何も言わないのに!どれが好きかわからないから色々変えてるのに!美味しいときは言ってよね!」

ちなみに昨日までのは「雪ちゃんの日本海」。
今回変えたのは(ごめんなさい)「歳月」。
翌日、フンドーキンの麦味噌(「無添加 あわせ味噌」)を買ってきて合わせ味噌にして出す。
もう、誰も何も言わず普通に飲んでいた。
たぶんうちは日本海とか、麦味噌とか、甘めのお味噌が好きなんだと思う。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/11(木)】
*小学校へ行き、林間学校の説明会。
後から来たWさんが「ここいい?」と私の隣に座ってくれた。
WさんちのKちゃん(女の子)と雪は小学校の同級生で家も近所で仲が良く、
時々一緒に遊んでいたのだけど(そして親同士は読み聞かせチームが一緒で仲良しに)、3年生の時におうちを買って引っ越していったのだ。
2年後に私たちがそのエリアに引っ越し!子どもたちの小学校も再び同じ!
お互い喜び合う。

*夜ごはんはOKストアで買ったプルコギビーフにピーマンと玉ねぎを足して。それからひじきと油揚げと人参の煮物。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/12(金)】
*テレビが壊れる。
電源が突然切れ、赤いランプが点滅する。
また点けると、少しして唐突に電源が切れる、の繰り返し。
パナソニックに修理依頼する。
点滅は何回ですか、と聞かれ「等間隔で3秒おきに点滅する」と答える。
それは1回点滅なんだそう。
何回点滅かで、どこが故障しているか分かるのだそうだ。
電話口のオペレーターが、延長保証(5年)も切れてしまっているのでおそらく高額修理になりますと申し訳なさそうにおっしゃる。
それは仕方ないし、買うよりは安いだろう。
明日見に来てくれることになった。

*雪が帰ってきて、すぐ友達と遊びに出かけ、海は5時まではまっ子。
私は雑用をするため前住んでいた家の方面へ行き、駐車場に駐車していると、ちょうどFちゃんが友達と帰ってきた。
「あ~~!!」と歓声を上げて、走ってくる。
慌てて窓を開けて顔を出し、「ごめん!私だけ!」と謝ると、雪が乗っていることを期待していたらしいFちゃんはがっくり地面に崩れ落ちた。
Fちゃん:「雪はまだ学校?」
私:「いや、もう帰ってきて友達と遊びに出掛けてるよ。今度連れてくるからね!」

*夜ごはんはさばの味噌煮、ひじきの煮物残り、デリのたまごポテマカサラダ。
にんにく以外は禁止食材解禁になったので、お味噌汁に久しぶりにねぎ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/13(土)】
*パナソニックの人が点検に来てくれる。
赤ランプ1回点滅は液晶の故障なのだそう。
そしてなんと、もうこの品番の液晶は工場生産していなくて、
正確には作っていた工場がなくなってしまい、次の工場を探しているところで、
"お客様をお待たせしてしまうのは申し訳ないから、「新品の同等商品と交換対応」をさせて頂くということでいかがでしょうか"という提案をされる。
液晶の部品代(と、出張料&技術料)のみで、新品のテレビに変えてくれるというのだ。
同等商品のカタログを見せてもらう。
本当は、広い家に引っ越したこともありテレビの液晶サイズを上げたいと思っていたのだけど、料金を追加するから上のサイズに交換…というわけにはいかないそうだ。
あくまでも「同等商品交換」しかできないという。まあ当たり前だね。
そのご提案を受け入れることにした。
火曜日に届けに来て、接続して見られるようにしてくれるそう。

*夜はカレーライス。グリーンサラダ添え。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/14(日)】
*朝は子どもたちのリクエストに応えてフレンチトースト。
メイプルシロップはダーク。写真にはないけど、小さめのボウルに入れたカレーやいんげんサラダも添えて。
e0374581_14352226.jpg
*地区センターに行って、海と私は図書館で読書。ついでに図書館カードの住所変更もした。
雪と主人は体育館でバドミントンをする。

*夜は二日目のカレーライス。
スーパーのお惣菜を見ていて美味しそうだと思ったサラダを再現してみる。
レタス、かにかま、きゅうり、蒸したかぼちゃをキューブ状に切ったもの。
美味しかった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/15(月)】
*雑用&買い出しのために前住んでいたところの駐車場に停めて、歩きで色々回る。
M弥さんをみつけ、「M弥さん!」と腕を広げると、目を真ん丸にしたM弥さんがハグしてくる。
仕事中で、役所へ向かうところだと言う。
おうちを完全に片付けたら、M弥さんを迎えに来る(M弥さん、運転できないので)約束をしている。
待っててね、あと少し…。まだ家具も照明も完全には揃っていないので…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/16(火)】
*夜ごはんはやみつきカフェ丼
豚肉と玉ねぎを甘辛く炒め、千切りキャベツ→マヨネーズ→豚&玉ねぎの順でごはんの上に乗せ、半熟茹で卵をトッピングするもの。

海:「お母さん今日の夜ごはんなに?」
私:「豚玉丼」
海:「豚の王様なの?」
私:「なんで?」
海:「ぶたさまどんって」


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

長いダイアリーでした!
読んでくださった方ありがとう!
もう、長すぎるのではしょってはしょって10行ぐらいにまとめようかと思って書き始めたら、
結局ほとんど全部を書き出していました。
これからは、溜めずにちょこちょこと…書いていきたいです…
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-05-18 15:36 | Daily Diary | Trackback | Comments(6)

【4/24(月)】
*注文してあったテレビボードが届く。
ようやくテレビがちょうといい高さで見られるようになった。
対面キッチンからもお料理しながら見られる。
まだまだ揃っていない家具も多く(気に入るものがみつかるまで探しているので)、連休中にまた大さん橋ホールのインテリアフェアへ行く予定。
Rooms大正堂主催の大規模なフェア。
2月にここでソファとコーヒーテーブルも買ったのだ。
主人が大正堂の家具をかなり気に入っている。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【4/25(火)】
*雪、学校で習字の日だった。
いつもなら気を付けて色物の服を着せるのだけど転校してから最初の習字の授業で油断していた!
見ごろは黒いけど袖部分が白いTシャツで行かせてしまった。
案の定、落ちない墨の汚れを付けて帰ってきた。
これはもう、部屋着行きだな。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【4/26(水)】
*子供たちのスイミング。
引越しても、前通っていたスイミングスクールに引き続き通ってる。車だと10分も違わない。
母から京都の「小倉山荘」のおかきがたくさん入った缶が送られてきたので、スイミングも幼稚園も海と一緒のKくんのお母さんにおすそわけ。
今日が一年生の授業参観だったそうで、「計算ブロックの落し物がさっそく届いてます、と先生が言って悪い予感。やっぱりうちの子だった」「うわばきを脱いで足でいじって遊んでる」と嘆くお母さん。家でも夕べ、
「これなに?と言いながら消火栓カバーをパカッと取ってた。どうしてこれなに?と言いながら触っちゃうんだろう、しかも壊すんだろう」
私:「それ五年生でもやってるから!これなに?と言いながら同時に触るから!ほんと、わからないものは触らないで指さして聞きなさいと何べん注意したか~」
私&そのお母さん「本当に男の子って…。」

だがそこが可愛い。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【4/27(木)】
*ナチュラルで可愛いキッチンワゴンを探していて、理想的なものをみつけた。
山善の「キッチンワゴン MMG-7030C」。
楽天だと4,990円で、私がほしいナチュラルメイプル色は完売してしまっている。
Amazonで探してみたら、ナチュラルメイプル色の在庫もあって4,003円、300円オフのクーポンが付いていて3,703円。
購入した。

*海がつつじの花の写真を撮りに行きたいと言うので、これから一緒に公園へ行ってくる。
お花の写真をたくさん撮って、自分だけのアルバムを作りたいそう。
お兄ちゃんがやってるのを見て憧れていたんだね。
(雪、自分が撮った水族館の魚や植物の写真をアルバムに入れてコレクションしてる)

交差点で信号を渡り始めたら、後ろで自転車の倒れる大きな音がして、横断歩道の途中で振り返る私と海。
小学校1,2年生の男の子が横断歩道の手前の歩道で自転車ごと転んでいた。
かなり痛かったようで泣き出したので、そちらへ引き返そうとしたけれど信号が点滅し始めたので、まずは海の手を引いて横断歩道を渡りきってしまう。
信号が赤の間、海も私も心配でずっとその子を見ていた。
その子は少しだけ泣いたあと、果敢にも自転車を起こして立ち上がったので、「大丈夫そうだね」と海に言う。
だが今度は転倒した衝撃でハンドルが変な向きで固定されてしまっていて、まっすぐにならず苦戦している。
力いっぱいハンドルの向きを直そうとするけれど、元に戻らず漕ぎ出せずにいる男の子のもとにやっぱり行くことにして、
信号が変わった瞬間、海の手を引いてその子の所へ走る。
私:「だいじょうぶ?」
男の子:「自転車が…」
私:「ちょっと待ってね」(と、自転車を直す。大人の力ならすぐできた)
男の子:「ありがとうございます」
「痛かったでしょう偉かったね、頑張った!気を付けて帰ってね」と頭を撫でて、海と帰ってきた。

*3時間近く散歩してきて帰宅。雪は友達と遊びに出かけていてまだ帰っていない。
海、つつじの他にもたくさんのお花の写真を撮っていたなぁ。(後日写真掲載予定)
海は本当に花が大好きで、自分の部屋にも造花をあちこちに飾っている。
全国都市緑化よこはまフェアにも「絶対行きたい」と言っているから連休中に連れて行ってあげたいな。
くりはま花の国のポピーまつりも、ずっと「今年も行きたい」と言っている。これは6月に入ってから行くつもり。

*夜ごはんは、キハダマグロのメンチカツ(業務用スーパーで買ってみた)、なすのおろし煮、もずく酢、豆腐とわかめのお味噌汁。

*さっきAmazonで注文したキッチンワゴンがヨドバシ.comで3,400円(しかも340ポイント付く)で販売されているのをみつけたので、
ヨドバシで購入手続きをし、Amazonの注文をキャンセルした。
まだお金を払っていなくて良かった。(Amazonはいつもコンビニ前払い)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【4/28(金)】
*時はひと月ほど遡って4月1日、宅急便が届いた。
受け取った主人が「Ruriあてに、チョコレート10箱届いたよ」と言うので、
てっきりエイプリルフールを仕掛けてきたと思いきや、本当にチョコレート10箱!
e0374581_16402192.jpg
モラタメさんに応募してあった森永製菓「ビフィズス菌チョコレート」10箱モニターに当選したのだ。
e0374581_16405094.jpg
チョコレート大好きの主人が誰よりも大喜び(笑)
だって、Cacao70って、いつも主人が買ってるやつ…一番お気に入りのやつだから。
多分、ファン歴は10年を超える。
そのCacao70シリーズの新商品がこの、「ビフィズス菌チョコレート」
主人:「カカオ70のビフィズス菌の入ってるチョコでしょ?前から気になってた!」と、既にチェック済みだったのね。
なぜ10箱入りかというと、9人におすそわけしてください、というミッション付きだから。
ズルは致しません、自分で10箱着服したりせず、ちゃんと9人に配ります。ママ友が多いので9人なんてすぐ!
でも、真っ先に配る3人は決まっていて、
「はいどうぞ」→主人へ
「はいどうぞ」→雪へ
「はいどうぞ」→海へ。
大事な家族は、貴重なモニターでもある。家族だからこそ、気を遣わない本音が聞けるから。
私:「これただのお菓子じゃなくてモニターだからちゃんと、率直な感想を聞かせてね!」

主人:「(従来のCacao70と違って)個包装なんだね。うん、美味しい。Cacao70なのに、苦くなくて美味しい。」
雪:「最初食べたときはちょっと苦いかなと思ったけど、後味がまろやかで美味しい。」
海:「すっごくおいしい」

もと住んでいた家の周辺に遊びに行ったときに、N沙さん、T子さん…と会うお友達会うお友達に1箱ずつ配ってきた。
子育てママたちの癒しはなんたってチョコレート。喜ばないママはいなかった。
「モニターだから、ぜひ後で感想を聞かせてね!」と念を押して来た。
そんな皆さんの声をまとめてみる:
「とにかく美味しくて幸せ。新しいチョコを教えてくれてありがとう」
「個包装だから取っておこうと思ったのに、ちょこちょこ食べてしまってあっという間になくなった(笑)」
「知ってるこれ!ビフィズス菌入ってるチョコなんて珍しいなと思ってたの。お腹に良さそうで嬉しいわ」
「自分へのごほうびに、子どもたちに隠しながら食べてます(笑)超美味しい(ハートマーク)」
「このチョコ美味しいね!みつけたら買うよ」

私の感想:
口いっぱいに広がる上品な甘さと、ほのかな苦みがたまらない。
我が家は食後によくヨーグルトを食べるのだけど(本当にジャストタイミングで森永のビヒダスを食べているので一緒に撮ってみた)、
e0374581_16413536.jpg
おやつでもビフィズス菌を取り入れられたら鬼に金棒。
チョコで健康習慣が促進できるなんて、チョコ好きさんにはこの上ない朗報だね。
なんと、1箱に生きたビフィズス菌を100億個配合してるそう!100億個!

*夜ごはんは
・新じゃがの煮っ転がし(挽き肉あんかけ)
・かぼちゃとクリームチーズのサラダ
・豆腐と水菜のお味噌汁
食後にコージーコーナーのチョコレートシュークリーム。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【4/29(土)】
*はまぎんこども宇宙科学館に雪と海を連れて行った。
今日から企画展「びっくり、大魚ー展(だいぎょーてん)!」をやっているから、学校で配られたチラシを手に、先日雪が「これ行きたい!」と頼んできたのだ。
でもとにかく、常設展の科学体験が面白すぎて、ほとんどの時間常設展のほうで遊んでいた。

「びっくり、大魚ー展」の方では、ツチクジラの頭の骨に触れたり、
e0374581_15463528.jpg
マグネットのお魚釣りをしたり、
e0374581_15470042.jpg
実物大のお魚標本模型を見たり、
e0374581_15474837.jpg
トリックアートで鯉のぼりになって写真を取れたり、
鯉くぐり(丈夫で困難にもくじけない鯉にあやかる縁かつぎ)をしたり、展示を見ながら考えるクイズラリーでは全問正解するとお魚カードがもらえ、しかも何度もやっていいと言われたので雪は3枚、海は2枚お魚カードをもらっていた。

*夜ごはんは、
・たけのこご飯
e0374581_15483137.jpg
・長芋の豚肉巻き
・小松菜と厚揚げの煮びたし
・じゃがいもとわかめのお味噌汁

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

転校&新入学したこどもたちの様子を書きます。

雪は環境の変化への順応力が高く、かつコミュ力も高く、素直で明るく気さくなところが周りから好かれるようで(今年のバレンタインにチョコレート12個)、雪は友達作りの達人!と私も常々思っていたので高学年での転校も心配していませんでしたが(なにしろ本人が「よーし、転校した初日から友達作るぞ!」と明るく宣言)、やっぱりすぐになじんでお友達も次々増えていき、転校した翌日には休み時間に友達8人でドッヂボールをして遊ぶようになり(なりゆきを聞いてみたら、自分からクラスメイトに「俺も入れて~」と声をかけたそう)、
一週間経たずに仲良しの友達と下校してくるようになり、放課後はいろんな友達と代わる代わる遊びに出かけて行き(家の周りに公園が幾つもあって飽きないようです)、4月の半ばには友達4人で自転車でシーパラへ遊びに行く計画まで立てていました。
4月後半の授業参観では、積極的に手を挙げてみんなの前で発表する姿も見られました。
とにかく緊張とか気後れとかのない雪です。
林間学校のしおりの表紙に絵を描いてくれる人ー!という先生の問いかけにも、絵が好きだから描きます、と進んで引き受けたそうです。
行く場所の特徴をパソコンで調べて絵を描いていました。
放課後はゆっくりおやつを食べることもなくすぐスケーターで遊びに出かけて行ってしまう(それでも待ち切れない友達が玄関先まで迎えに来ていることもしょっちゅう)ので、一日の中で私が雪に会える時間は朝起きてから登校するまでのわずかな時間と、遊びから帰ってきて寝るまでの数時間だけ!
こうして少しずつ親から離れて(自立して)いくのですね。

海は雪と比べるとナイーブで控えめ、さらに内弁慶の緊張屋なので親は心配していましたが、本人はあまり不安がることもなく、毎日笑顔で登校していき元気に帰ってきて、初めての学校生活をとても楽しんでいる様子で安心しました。
豚汁、肉じゃがなど給食の美味しさにも感動を受けていました。(中でも楽しみにしているのが揚げパン!いよいよ5月の半ばに出ます)
4月の最初のうちは特定の仲良しさんはいなかったようで、休み時間になると一人で校庭や図書室を探検し、時には他学年の廊下まで遠征して上級生の様子を観察したりしていたそうです。
連休明けになって、その休み時間の学校探検には他の女子たちも加わるようになり、8人ぐらいでわいわい楽しく歩き回っているようです。
仲良しさんの名前も海の口からたくさん出てくるようになり、放課後遊びの「はまっ子」でもお友達ができ、一緒にフルーツバスケットをしたり、プラ板を作ったり、楽しくて仕方ないようです。
毎日学校やはまっ子でどんなことがあったかを、リアルに教えてくれます(海の記憶力の確かさと再現性の高さは昔から先生や周囲の人からの折り紙付き)。
もちろん楽しいことばかりではなく、幼稚園でも学校でもどこにでも、気が強く些細な意地悪をしてくる子はいるものですが、海は多少の嫌な出来事があっても、くよくよ悩んだりせず、嫌だからやめてと相手にしっかり伝えたり、言い争いになっても最後まで主張を続けてひるまず、勇敢に立ち向かっています。
時には別の方面からアプローチ(その子の好きなことをさりげなく聞き出して提案したり、よその子と協力したり)して解決したり、
それでも相手に分かってもらえなそうなときはもう別にいいやと自分の中で割り切って解消し、そう思ったことを私にさらりと報告してきます。
末っ子で女の子でかつ見知らぬ環境に放り込まれて、絶対守ってあげなければと無意識で過保護になっていたことを反省し、親が思っている以上にこの子は柔軟でたくましいのだと思い知らされました。
海の長い髪をひっぱったり、帰り道に海が拾った木の実を奪って逃げたりとちょっかいを出してくる男の子たちのことも
「男子ってしょうがないよねー」と仲良しの女の子と帰りながら話したそうで、そうした悟りを開いているのは、上にお兄ちゃんがいるからかもしれません(笑)
お洒落好きの海は毎日のお洋服を選ぶのも楽しいようで、そんなところは私の子ども時代(洋服に無頓着、小学校はグレーな思い出多し)と全然違うな…と思うのでした。

こんな感じでふたりとも、とても楽しく快活に学校生活を送れている様子です。
しばらく更新が途絶えてしまっていましたがまたDaly Diaryを再開して、子どもたちの日常も記録していこうと思います。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-04-27 15:33 | Daily Diary | Trackback | Comments(2)

更新が滞っており、すみません。
3月の終わりに自宅もお引越ししました。
住み慣れたこの街で、ほんの少しだけ移動して、静かな通りのお日様のたっぷり当たって明るい一画に、新しく居を構えました。
引越し、卒園、転校、入学と続いて大変忙しく、さらに10年以上住んでいた旧居の片付けと掃除(現状復帰)に数週間費やし、
4月上旬までは新居と旧居を毎日往復しておりました。
旧居が綺麗になってからようやく新居の片付けに本腰を入れることができ、やっと最近段ボールを全部空にしてたたんで、引っ越し屋さんに持って行ってもらったところです。
段ボール、実に100個近くありました…(引越しも壮絶なもので、朝9時から夜7時までかかったのです、超短距離引越しなのに)

新居は丘の上にあり、きらきら輝く青い海が自宅から眺められます。
緑多く静かで、鳥のさえずりが聞こえてきます。
ここから新生活が始まっています。
周りの景色になじむような、そして青い空と海に映えるような色の外壁にしてもらいました。
悩みに悩んで色合いを決めたポーチタイルを、雨のあとの晴れた日にデッキブラシで水洗いするのが気持ちのいい仕事です。
白くて大きな食器棚にはお気に入りのお皿たちがおさまり、カーテンもラグもひとつひとつ家族で吟味して楽しく揃えました。
お庭には子どもたちがグリーンセンターで選んできて植えた青や水色の花々が可憐に揺れています。

もう少し落ち着いたら、また日々の暮らしを記録していこうと思います。
ようやく作れたお引越しはがきがお友達に到着したころを見計らってこの記事を書きました。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-04-21 00:57 | Daily Diary | Trackback | Comments(4)

【3/5(日)】
*ナノブロック好きの雪を見てきたせいか、海もやりたがるようになり、ついに本日ナノブロックデビュー。
ヨドバシで買ったセキセイインコを、雪に手伝ってもらいながら完成させた。
雪も、おこづかいで買ったナノブロックの「シロナガスクジラの骨格モデル」を完成。
写真は一眼レフが修理から戻ってきたら撮ります。

*登録したまま売りも買いもしていなかったメルカリから、「明日1,000ポイントが有効期限切れになります」というメールが届いた!
その1000ポイント、なぜ付いてるんだ?と調べたら、初めて購入キャンペーンとかで、最初に1000ポイントプレゼントされていたことが分かる。
急いであれこれ見て、雪がほしがっていた廃番のナノブロックを購入。
アマゾンだと3000円近くするものを、新品で安く出している方がいたので。
ボタン一つで購入できてしまうのが、楽天よりも早く簡単で、逆に怖い。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【3/6(月)】
*雪の傘が壊れたのでタカハシで購入。390円。
雪のジーンズも2本購入。各980円。
インディゴブラックとインディゴブルー、雪の気に入るか&(足の長さが足りるか)分からなかったので家で試着させて決めようと2色買う。

最近雪のパンツがサイズアウトしたり、膝に穴が開いてしまったり、穴が開いたらボーダー柄の布で内側から当て布をしてリメイクしているのだけど破れ方が繕いの限界を超えたり(笑)、とズボンが3本くらい寿命を迎えたので、ずっといいパンツを探してた。
1本は先月ユニクロで一緒にイージースリムフィットパンツを買ったのだけど、それ以外では雪の気に入るものがみつからなくて…

タカハシのこれ、本人に見せたらはいてみて「うん、いいね!」
色も、「どっちもいいな~」と迷っているので、2本とも購入。
1年半前に買ったのびるっちパンツは全く破れることもなく、大のお気に入りでまだはいているし、
膝が破れてボーダー生地チラ見せで直してあるジーンズもあるので、5本もあれば秋冬パンツは充分だろう。
あ、この5本は全部ジーンズ生地なので、内側フリースの暖パンが2本ぐらいあるといいな。
(雪の暖パンはいつもお尻側から裂けて、どうしようもなくなる。この冬2本だめにした)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【3/7(火)】
*雪の友達(よく登場する子だけど今回はイニシャルも伏せる)がお母さんと喧嘩して家を飛び出したのが18:30、
その子が直前に見ていたYoutubeでは「死ぬ方法」を検索していたことも分かり、1時間ほど探し回ったお母さんが周囲にもその子を見なかったか尋ね始めたのが19:30頃。
連絡を受けた私もすぐに探したかったけれどちょうど手の離せない時間帯で、雪と海のお世話を色々済ませてから、
20時過ぎから捜索に加わる。
大人5人で方々探す。公園、ショッピングモール、駐輪場…
結局20時半に大人の一人がある場所で、人目もはばからず泣いているその子を無事発見したのだけど、
頑なに帰宅拒否&お母さんの迎え拒否で、その大人がなだめ続ける。私もその場所へ合流。
激しく泣きじゃくっているその子の言い分を聞く…
お母さん側の言い分もその子の言い分もどちらも分かるんだよね。
結局らちが明かないので、お父さんの帰宅を待ってお父さんに迎えにその場所まで来てもらい、泣きながらファミレスへ連れて行かれた。
私の知る限り、その年齢の誰よりも大人びてる子なので、まだ小4なのに、考え方や言動が中2のよう。
感情の振れ幅と、母親へのぶつけ方がかなり激しい。
それだけお母さんに一番分かってほしいという願いの裏面なのと、気兼ねなくストレートになんでもぶつけられる、甘えられる存在がお母さんだということ。
本人も苦しいだろうけど、母親もつらいね。(よく頑張ってるよ)
この子が実際中2になる頃には、かなり突き抜けて達観しているに違いない。
だから、将来が楽しみで仕方ない。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【3/8(水)】
*家事をしながらカルテット第7話鑑賞。
今回はすずめちゃん(満島ひかり)の回だな。
6話のマキさん夫婦(松たか子・宮藤官九郎)の回もそうだったけれど、
とても叙情的に描かれていく、人が人を想う、あるいは想えないことの切なさと残酷さ。
その細やかな描写が息苦しくて心に痛くて、もうやめて!と願うほどに続いていく。

そしてこの回ラスト、このドラマ過去最大級の衝撃が待っていた。
あの瞬間、「えっ!」と声を上げてしまった人が、日本中でざっと千人はいるはずだ。
ここへ来てそんな展開、嘘でしょう?

*夕方から子どもたちのスイミング。
一回帰らずに全部見学できるよう、14時半から夕飯準備に取り掛かる。
お米を研いで水に浸け…
お湯を沸かして春雨を茹で(ついでに冷凍コーンも)、
別のお鍋で大根と油揚げのお味噌汁を作り、
きゅうりを薄切りにして塩をまぶし10分置いて、固く水気を絞り、
ロースハムを細かく切り…
甘い炒り卵を作り、冷まし…
鶏もも肉を切って片栗粉をまぶし、フライパンで両面きつね色に焼き、裏面は火を弱めてふたをしてじっくり焼き、
ケチャップ・砂糖・酒・しょうゆの合わせダレを絡める。
ぽん酢とごま油、砂糖で味付けした春雨サラダに、最後に炒り卵を加えて混ぜ、冷蔵庫へ。
昨日多めに作っておいたバターナッツかぼちゃの煮物も一度火を入れてある。
これで、帰宅すればごはん鍋でお米を炊くだけでOK。
お風呂のお湯も溜めておいた。

前回日記のちょこっとおしゃべり欄に、キヤノンから修理見積りが来たことを書いたが、
今日またメールが届き、

「修理に取り掛かりましたところ、ご指摘外の内容が確認され、前回ご案内いたしました修理内容及び修理料金が変更となりましたので、以下ご案内申し上げます。」

「確認内容】<追加>カメラの使用頻度が高く、メカ機構部に摩耗が見受けられます。現状、正常に作動しておりますが、今後ご使用頂くにあたり、精度や動作に支障をきたす恐れがございますので、摩耗部品(シャッターユニットを含む前板ユニット)の交換をお勧めいたします。」

「お見積り金額は以下の通りです。お見積り金額¥19,720(税込)」

これに、レンズの方の修理代¥7,560も合わせて、

「お見積り金額¥27,280(税込)」

とのこと。
高額修理になってしまうが、新品を買うよりは(略)なので、再び修理続行をお願いした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【3/9(木)】
*海、今日が最後のお弁当。
…ということを忘れていて、いつも通りの、スペシャル感ゼロのお弁当にしてしまったよ。
チキンのケチャップソテーと、春雨サラダと、チーズイン卵焼き。
星型に抜いたおにぎりに、海の一番好きな豚そぼろふりかけをかけておいて良かった。ゆかりと迷ったんだけど。
デザートはいちごたっぷり。

…って、4年前にも同じことをやってるし!
…ってことは、今日食べてきたお弁当箱の包みには、あれが付いてくるのか?
考えただけで、涙が。

*↑帰ってきてお弁当包みを開けたら、手紙はなかった。フフ。
まあ泣かされなくて良かった(笑)

が、今日のバス担当だった、海の担任の先生が
「海ちゃん、さかあがりができるようになりました!4回も5回も、ひとりで回ってくれました」と教えてくれたので、
嬉しくて目がうるうる。

*ごみ集積場に、マナーを守らない人がごみの曜日も時間もまるで無視して、生ごみ回収の日でない今日の、しかも午後(回収は朝8時)に、しかもネットの外に生ごみを出したらしく、カラスが10匹近くたかってた。
カラスたちはその近くの駐車場に停めてある車の屋根やボンネットにも乗って、拾ってきたごみを食べたり突いたりするので、うちの車に乗られたくないな~ましてガツガツくちばしで突かれて屋根がへこんだりしたらいやだ!と思い、
幼稚園から帰ってきた海に「一緒に掃除しない?」と聞いてみたら即答で「いいよ!!」と大はりきり。
一回帰宅して園服から着替えさせたら、ゴミ袋と、ちりとり代わりの段ボールの板、ビニール手袋を持ってごみ集積場へ行く。
海にほうき(集積場備え付け)で履き寄せてもらったごみを、私が段ボールの板を両手に持ってはさんでは、ゴミ袋へ入れていく。
最後に水を何回か流して細かいごみを取って終了。
綺麗になった。

*夜ごはんは、クロカジキの西京漬け、大根のそぼろあんかけ(海リクエスト)、春雨サラダ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【3/10(金)】
*高島屋でお買い物。

*鼻風邪気味の海を小児科へ連れて行く。

*夜ごはんは、野菜(玉ねぎ、ピーマン、ズッキーニ)と豚の生姜焼き、ブロッコリーサラダ、豆腐と水菜のお味噌汁。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【3/11(土)】
*午前中、雪はFちゃんとバドミントン。
海は2個上のHちゃん、Mちゃんと混ぜてもらって遊んでいた
午後は、雪はFちゃんと川へカメを探したりぶらぶら探検したりすると言うので、海は主人と私とお買い物。

*震災特集番組を見て、涙する。
天災は一瞬のうちに無慈悲に、大切なものたちを奪い去る。
失われたものはあまりに大きい。

*先日の二分の一成人式で雪の夢(「ダイバーになってグアムやサイパンなどの海で泳ぎ、たくさんの魚たちと出会いたい」)を聞いた仲良しNちゃんママから「雪くん、ダイバーは儲からないよ!(笑)私もダイバーです。でも海の中は最高、ぜひ色々な海に潜って大好きな魚を沢山見ていただきたい。そして新種を探して!」との伝言が。
私:「確かに、よほどの腕前でないと儲からなそうだからダイビングは仕事ではなく趣味にしてもらいたいと願う母でした…」

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

花粉なのか風邪なのか分からない症状が、今年も…。
2011年3月にも同じこと書いてる。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
by ruricafeonthehill | 2017-03-08 16:38 | Daily Diary | Trackback | Comments(0)