Daily Diary【4/30-5/16】GW義実家帰省、お義母さんのミルクくず湯レシピ、オカヤドカリが来た、三人組のうち二人が引越し&転校を打ち明けた瞬間のこと、「男の子って…」話続編

【4/30(日)】
*横須賀のうみかぜ公園で磯遊び。
e0374581_15384170.jpg
干潮でカラカラになっている遊び場で、夢中で生き物を探す雪と海。
私は隣接しているLIVIN(ショッピングモール)の無印良品に寄り、ポリプロピレン収納ケースをふたつ買う。
ひとつはキッチン横のパントリー用。
もうひとつはウォークインクローゼット用。
既にこの収納ケースを大量に重ね置きして、なんでもすっきりしまっているのだけど、「まだ置ける!」とみつけた隙間のサイズを測って追加分を買いに来たのだった。
さまよって泣いている迷子(推定3歳男の子)を一人保護して店員さんのところへ連れて行き、お母さんすぐ来るからね、大丈夫だよと言ってから去り、
目当てのケースを買って、持ちやすく束ねてもらって遊び場へ向かう。
LIVINの出口で、ばったり出会ったのは、スイミングで一緒の(そして幼稚園が同級だった)Kくんとお母さん。
「こんな(遠い)ところで!」
「しかもこのタイミング!」
「2秒ずれていたら会えませんでしたね」
Kくん家族はうみかぜ公園の、アスレチックに遊びに来たそう。

*トイザらスで、海のアクアビーズ(足りなくなった6色)、雪のスケーター(壊れてしまったので)を買って帰る。

*夜は豚汁(人参、大根、里芋、ごぼう、豚肉、油揚げ、こんにゃく、ねぎ、もやし)、豚肉とれんこんの炒め物、たけのこご飯。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/1(月)】
*ベイサイドの三井アウトレットへ。
ここの某ブランドショップで働いているY子さんが、GWは連日シフトが入っていて、
外の噴水前で特設販売もしていると聞いていたのを思い出したから。
平日とはいえやっぱりGW中なので駐車場に入るまで10分ほど渋滞した。
噴水前広場に向かうと特設ブースが賑わっていて、お、いたいた。
Y子さんがお洋服を広げて年配の方に接客しているのが見えたので遠巻きに見守り、
客足がいったん途絶えた瞬間に近づいて声をかける。
「こんにちは、お疲れさま!」
「来てくれたの、ありがとうー。Ruriさんが好きそうなのは~」と探してくれる。
一緒に探したけれど今回の希望(半そでお出かけ着、綿素材、襟元の開きが大きくないもの)に合うものがみつからず、「お店(実店舗)の方も行ってくるね」と言って別れた。
頑張ってね、と腕にタッチして。
超働き者のY子さん。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/2(火)】
*小学校へ行き、今月末に開催する給食試食会の打ち合わせと、配布物の印刷。
正副委員長が作っておいてくれた当日の流れと役割分担を見たら、私、司会!
副委員長:「去年までと全く一緒で、しゃべるマニュアルがあるので大丈夫です!」
よ、良かった~。それならなんとか…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/3(水)~5/6(土)】
*主人の実家へ帰省。
体調の悪い主人に代わって私が全部運転して栃木まで行く。
高速道路も下道も、特に事故や渋滞もなく快適に走れた。
東北道のSAではTBSの情報番組がロケに来てた。
e0374581_14311522.jpg

パン屋さんでロケをしたあと、一杯のラーメンをじ~っくり、驚くほどの時間をかけて撮影してた。
e0374581_14314578.jpg


*今回の手土産は、(いつも主人が選んで東京で買ってきてくれるのだけど)
鎌倉五郎本店の「冷やし生ようかん」
e0374581_09591601.jpg
さらっとしていて冷たく喉ごしのいい水ようかん。

*お義父さん義母さんが用意してくださっていたのは
蛸屋総本店の「きすげサブレ」「しあわせの黄の花サブレ」。
どちらも味は似ているんだけど、「しあわせの黄の花サブレ」はあられ入りでざくざくした食感で、「きすげサブレ」は厚みがあってバターの香り。
「きすげサブレ」の方が子どもたちに好評。
e0374581_10012656.jpg


*雪は連日生き物採集。

e0374581_14325076.jpg
毎日泥だらけになって
e0374581_15555671.jpg

どじょう、ざりがになどを捕まえる(また横浜に持ち帰って家で飼うそう)
e0374581_15581154.jpg

かえるは捕まえてもすぐに逃がす
e0374581_09515257.jpg

ジャングルジムの上から紙飛行機も飛ばした
e0374581_15512415.jpg


*海も野山を歩き回るけど
e0374581_09525437.jpg

目的は主にお花摘み
e0374581_15553383.jpg

「お母さんも一緒に摘もう」と誘ってくれて、
e0374581_09541058.jpg

e0374581_09553460.jpg

摘んだミニブーケをおばあちゃんちの空き瓶に活ける
e0374581_15502136.jpg


てんとう虫は大好き
e0374581_10225444.jpg

しゃぼん玉もした
e0374581_15500056.jpg


*スーパーで鑑賞用のサワガニを1匹50円で売っていて、ほしがる雪におばあちゃんが1匹買ってくれる
e0374581_11223026.jpg

e0374581_11243289.jpg


e0374581_11275294.jpg
こんな小さい、食用でないカニも「1パイ」と数えるんだね、と可笑しくなる私。
海にも聞いたけど要らないって。海はお菓子を買ってもらってた。


*翌日私と主人が家具屋さんへ行くと聞いて、雪はその途中にある大型ペットセンターへ行きたいと言ってついてきて、

ずっとほしがっていた念願のオカヤドカリを買う(自分のおこづかいで1匹、主人が「沢山いた方が見て楽しいから」と追加で3匹買ってあげてた)
e0374581_09572864.jpg


e0374581_10291272.jpg

*その間海はおばあちゃんと家にいて、昨日スーパーで買ってもらった「たのしいケーキやさん」を一緒に作っていた
e0374581_09561958.jpg

完成品
e0374581_09583279.jpg
作るのは楽しかったけど味はそんなに美味しくないと言っていた(おばあちゃんも味を見て、「確かに…」)


*雪は百均でいろいろ買い揃えてオカヤドカリのおうちを作る
e0374581_10045287.jpg

e0374581_10174518.jpg

e0374581_10194289.jpg


*ペットセンターでヒメダカを2匹プレゼント(クーポンで)してもらえたのでメダカ用の水槽も買う
e0374581_10060737.jpg



*玄太はもう9歳。うたたね中
e0374581_10294681.jpg


*GWに帰省するといつも藤の花が満開で圧倒される
e0374581_15505098.jpg

田んぼにはカルガモがいた
e0374581_15594837.jpg

*滞在中の夜ごはんの記録。

◆初日◆
胃腸の調子が悪く、食欲もない主人が食べられるものを考える。
ドクターから当面の間禁止するよう言われている食材(ねぎ、にら、にんにく、酸っぱいもの、辛いもの)を省いて作らなければいけない。
何がいいかお義母さんがあれこれ考えてくれて、「にゅうめんはどうかしら?」→主人「食べれそう。にゅうめんの他にはなんかある?」→「あとは、煮物なら作れるけど」→主人「じゃあそれでお願い」
この流れを見守っていた私…。
心の中では(やった、珍しくお義母さんの手料理が食べられるぞ!)

夕飯の支度をするときになって(自宅では遅い私も義実家では早めに取り掛かる。まださんさんと明るいうちに)、
エプロンを付けながら「じゃあにゅうめんの準備だけしちゃいますね。お母さん煮物のほうお願いします!」とお願いすると
テレビを見ながらお義母さん「はあい」

そうめんだけ茹でて、ざるに上げておく。
煮汁用に大きな鍋に湯を沸かし、根菜から具を煮ていく。
お義母さんの煮物の具を聞きに行ったら人参、里芋、椎茸、鶏のささみとのことなので、
私もにゅうめんにささみを入れようと思っていたのを変更して鶏挽き肉で団子を作り、あとは人参、大根、玉ねぎを入れる。
そこでお母さんのために台所を空ける。

お母さんが煮物を作っている間に、子どもたちが遊んでいる公園と田んぼに合流し、一緒に遊ぶ。
そして、一緒に帰ってきて子どもたちをお風呂に入れる。

お母さんの煮物が完成したら今度は私が台所に戻り、にゅうめんの煮汁に味付けをし(白だし、みりん、しょうゆ)、
茹でておいたそうめんを鍋に戻し、最後に溶き卵でとじ、主人の分以外に、小口にした青ねぎを加える。

お義母さんに「どうしてこんなに溶き卵がふわっとするの?私いっつもぺっちゃんこになっちゃうの」と聞かれたので
私:「ああ、なりますよね!私も、そうなっちゃう時あります。運かも(笑)。多分、成功した時は、煮汁を充分沸騰させてから卵を少しずつ加えた時だと思います。いっぺんに流し込まずに」

お義母さんの煮物、「味が濃いかしら?大丈夫?」と気にされていたけど全然濃くない。
とっても優しい味がして美味しかった!


◆二日目◆
ピーマンの肉詰め、フリルレタスときゅうりと笹かまとチーズ(カマンベール入り)のサラダ、えびシュウマイ(海のリクエスト)、煮物の残りとお味噌汁。
e0374581_10140859.jpg
作っているのを見て海が「もしかして、ピーマンのにくづめ?」
私:「そうだよ」
(海、居間に走って行って雪に教えに行く)
雪も台所へ見に来て「やったー、ピーマンの肉詰めだ!ここでこんなごちそうが食べられるとは!」と舞い上がってる。
本当にふたりともピーマンの肉詰めが好きだよね。

私がおかずをお皿に盛り付けているのを見てお義母さんが「何か手伝うことある?」
私:「じゃあご飯とお味噌汁をよそっていただけますか」
「わかった」と台所へ向かったお義母さんが炊飯釜をパカッと開けて
「Ruriさんごめん、ご飯炊くの忘れてた!」
(炊事担当は私だけど、毎回ご飯を炊くのだけはお義母さんがやってくれることになっている。)

主人:「どうしてそんなことになるの!?」
お義父さんが「この前(大晦日)と全く同じだ」と怒りながら、すぐコンビニに自転車でパックごはんを買いに行ってくれた。
お義母さんはうろたえるあまり、お味噌汁をよそってくれている途中にお椀を倒してしまい、みんなでティッシュやら布巾やらかき集めてテーブルを拭く。
ダブル失敗でお義母さんは見ていられないほどものすごく落ち込み、台所に引きこもって目頭を拭っているので「おかあさん!大丈夫です大丈夫です、すぐにおとうさん買ってきてくれますから、おかずから食べてましょう」と励ます。

お義父さんとごはんが来て、夕飯開始。
サラダに入っているこのチーズが美味しい、どこの?とお義母さんに聞かれたのでカマンベール入りのQ.B.B.ベビーチーズです、と答える。
このシリーズではカマンベール入りがまろやかで料理にも合って一番おすすめですよと。

◆三日目◆
ぶりの塩焼き、いんげんの胡麻和え、茶碗蒸し(ささみ、椎茸、ほうれん草、コーン)、ミニハンバーグ(ピーマンの肉詰めで余ったタネで)、もずく、お味噌汁。
e0374581_10143978.jpg

e0374581_10145812.jpg
器がないため子どもたちの茶碗蒸しは普段コップ代わりに使っているそばちょこ(上の写真)に入れ、お義母さんと私のはそれより一回り大きい器、お義父さんと主人の茶碗蒸しはスープが入るぐらい大きなボウルに入れて作る。この二人分だけすごいボリューム(笑)
「多かったら残してくださいね」と言っておいたのだけど
「美味しくてぺろんと食べちゃった(笑)」とお義父さん。

ぶりの塩焼きが、主人にも義両親にも大好評。
主人:「うまかった」
お義母さん:「ぶりで塩焼きは思いつかなかったけど、こんなに美味しいなんて」
私:「この前お魚屋さんに行ったら、売り場に手書きのポップで『この時期はぶりは塩焼きが一番!』って書いてあったんです。それを思い出して今回やってみました。」
ちなみにグリルではなく(義実家の魚焼きグリルは昔から一度も使われることなく新品状態、さすがにこれに手を付ける勇気はない…)
フライパンで、油を薄く敷いて焼き、パリッと焼き目が付いたらお酒を入れてフタをして蒸し焼きにした。

*楽しい滞在はあっと言う間に終わり、4日目の朝、向こうを出て(また私の運転で)お昼過ぎに帰ってくる。
ザリガニの赤ちゃん2匹、どじょう2匹、サワガニ1匹、メダカ2匹、オカヤドカリ4匹も連れて帰ってきたから、水をこぼさないように運転はいつも以上に気を遣ったな…

いつも私のために珍しいものを買っておいたり取り寄せておいてくれているお義母さんから今回頂いたものは
e0374581_10280993.jpg
タリーズのレモンハニー(オレンジハニーもすごく美味しかったらしい)
ふき味噌(おにぎりの具に美味しいらしい)
かぼちゃ種子油(パンプキンシードオイル)

前回頂いたバルサミコ、まだ使っていないのを思い出した…使わなければ。

【2017/6/5追記】
お義母さんにお聞きした「ミルクくず湯」のレシピ。
主人が小さい頃からおかあさんに作ってもらって好きだったというこの飲み物、
結婚してから飲みたいと言われ、私も何度か作ってみたのだけど(ネットで探したレシピを参考にして)、どうも違うらしい。
今回、お義母さんにお願いしてレシピを教えてもらった。
分量なんていうほどのものはないのよ~と困りつつ、わざわざ紙に書き出してくれたお義母さん。
一回、これでちょうどいいか作ってみて、主人に飲ませて確認するという念の入りよう(笑)
そして私に「作ったけど、誰も(主人&雪、海)何も言わずに飲んでいたの。きっと美味しくなかったんだわ」としゅんとして報告してくるので、
即、私(大声で):「○○(主人)~、ミルクくず湯どうだった?いつもの味だった?」
主人が「うん、これ」と言うので「この味だそうです!」とそのままレシピを頂戴する。
忘れないよう、なくさないよう、ここに書き起こしておく。

『牛乳20cc
 片栗粉20g
 砂糖25g
 全て鍋に入れてよく混ぜ、火にかけて沸とうするまで混ぜ続ける。』

このメモを見た私:「葛粉を入れないんですね!片栗粉だったんですね!」
お義母さん:「そうなの、片栗粉で作るからくず湯といってもとろみがしっかりつくの」

ミルクくず湯と聞いて、葛粉を使う以外頭になかった。
それは再現できないはずだ。
そしてこれからはいつでも、作ってあげられる。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/7(日)】
*最近建て替えしたM美さん&Yちゃんのおうちへ遊びに行く。
床も天井も無垢の板貼りで、壁は珪藻土、モデルハウス以外でこんなに素敵なおうちにお邪魔したのは初めて!

(帰宅してからM美さんに送ったメールに感動が溢れているので残しておく→「すみずみまで機能的なうえ、お洒落で美しい設計、光のたっぷり入る開放的な室内、家族の触れ合いがたくさん生まれ、24時間木の香りに包まれている家…この家で成長していくYちゃんはなんて幸せなお子さんなのでしょう。これ以上ないほどYちゃんへの愛情をこめたおうちを作られましたね!」)

短い時間だったけれど子どもたちは大はしゃぎで遊び、心の友・M美さんと私はたくさん語り合い、
Yちゃんのおさがりをたくさん頂いて帰宅。
それを車に積んでおいたままいったん家に入り、数時間後にまた車に乗って出かけようとしたとき、
車の中に木のいい香りが漂っているのに気が付いた。
もしや、と思いおさがりの入った紙袋をクンクンして見ると、ああやっぱり
フィトンチッドの発生源は、このお洋服たち!
家の中のみならず、家に置いておいたものにまで深く染み込む木の香り!
M美さんちは森そのものに近い。

*夜ごはんは主人リクエストでオムライス。
サラダにかけた、新しいドレッシングが家族にことごとく不評。
ちなみにキユーピーの「コクのたまごドレッシング」。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/8(月)】
*帰省の採集日に雪が足の裏を虫に刺されたらしく(気付いたら両足の裏とかかとが真っ赤になっていた)、それが猛烈にかゆいと言うので、皮膚科に連れて行く。
赤ちゃんの頃からの雪と海かかりつけのこどもクリニックと歯医者さんがあまりにもいい病院なので、引っ越してからまだひとつも病院は変えていない。
皮膚科も信頼できていい先生だけど待つのだけがネックなので、よほどいいところを今のエリアで発掘するまでは、ここにかかるつもり。
雪と海が学校から帰ってきたら、ふたりを車に乗せて、車でブーンと10分かからず前の家へ到着。
駐車場も(半永久的に)使っていいと管理人さんから言われているので、ゲスト用のスペースに駐車。
ママ友たちに連絡しておいたので、雪海の友達がたくさん待っていた。
「雪くん雪くん雪くん」「海ちゃーん!」と、車に駆け寄ってくるので危ないから、駐車するまで下がっていてもらう。
海は手をひっぱられて消えていったが雪もサッカーボールを蹴って遊び始めるので、「違うでしょ雪は病院に行くんでしょ!」と引き留めると「えー」と後ろ髪引かれまくり。
振り返り振り返り、病院へと向かう。
…やっぱり、すごく待った…1時間以上。
ここもこどもクリニックや耳鼻科みたいにウェブ予約ができるといいのにな。
診断結果は、片方の足(かかと)は虫刺されだけど、もう片方(足の裏)は樹木の汁にかぶれた感じだそう。
かゆみが猛烈なのと、足だから多少強い薬で大丈夫という理由で強めのステロイドと、飲み薬(アレグラ)が処方される。
「薬はお母さんがもらっておくから、雪はもう行っていいよ、遊びたいんでしょ?と」聞くと喜びに目を発光させてダッシュして行った。
迎えに行ったら、総勢8人でどーんジャンケンポンをして遊んでいた。

ちなみに、雪の大親友だったHくんは、我が家と同じタイミングで家を新築し、うちの引越しの一週間後に横浜の別の(遠い)区に引っ越ししていった。
雪とHくんが、引っ越しを打ち明け合ったのはこの日、12/26。(日記にもその時のことは、内容を伏せて書いている。)

仲良し三人組の雪、Hくん、Fちゃんはこれまでたびたび私のブログにも登場した。
たとえば2015年10月のエビプロ、たとえば2016年3月のグリーンセンター、2016年10月のハロウィン
幼稚園から一緒の仲良し幼なじみトリオだ。
雪とHくんが3月末に同時に引っ越すことを新年最初の登校日にふたりの口から聞いたFちゃんは、
「えっ嘘でしょ」「ドッキリだよね!」と信じようとせず、本当だと分かったあとは「じゃあ私も雪の隣に引越してって頼む!」なんて言って、
行きも帰りもふたりの前では普通にしていたけれど、帰宅するなりお母さんの前で号泣したそうだ。
「ほんとうに悲しい」「明日から学校に行きたくない」と言って。
次の日も、その次の日もFちゃんは変わらず朝、待ち合わせ場所に来て二人と一緒に元気に学校へ行っていたけれど、
二人の前で一滴の涙も見せることはなかったけれど、
何日もの間、家へ帰ってからは思い出すたびわんわん泣いていたのだそう。
それをT子さんから聞いて私も泣いた。
ごめんねFちゃん。
雪とは特に仲が良かったから、Fちゃん、「雪の家の隣に家を買って!」とお母さんに本気で懇願したらしい。

(去年の夏、一緒に育てた野菜を収穫するFちゃんと雪。0歳からの幼なじみで同じ幼稚園、同じ小学校に進んだふたりは動植物好きなところも手先が器用なところもそっくりで、ただの一度も喧嘩することなく姉弟のように仲良く親密に育った)
e0374581_12174950.jpg

(おととしの秋、一緒にどんぐり拾いをしているところ。背はFちゃんの方がぐんと高いので、姉弟のように見える)
e0374581_22030066.jpg

だからFちゃんとHくんと雪は1月、2月、3月はいつもにも増してたくさん遊んで、2/26の「思い出に残る子どもたちだけのシーパラ」は、今だから書けるのだけどこの三人組のお別れ会だったのだ。

そんなFちゃんは、今でもしょっちゅう「雪遊べますか?」とお母さん(T子さん)のスマホを使って遊べるか聞いてくる。
そして、実際よく遊んでる。私が雪を、Fちゃんちの近くまで連れて行ったり、Fちゃんを迎えに行ってログハウスまで連れて行ったり。
夏には雪の家とHくんの家でお泊まり会しようね!と約束しているそうだ。しようしよう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/9(火)】
*上大岡でお買い物。
上大岡は大きいセリアと大きいCandoと無印良品が揃っているから、嬉しい。
また、ポリプロピレン収納ケースを買ってしまった…。いったい家に何個あるのだろう。

*私がブログをやる前にやっていたSNSがあり、またそのひとつ前にやっていたSNSがある。
独身時代~結婚直後までやっていたものだ。
私、恥ずかしながら告白するが昔の自分の文章のファンなので、そのSNSに書いたものを抜粋して最後の六年分、プリントアウトしてファイリングしてあるのだ。
ご丁寧に、写真(風景や友達との記念撮影)もところどころ差し込んで。
抜粋したのにA4クリアファイル13冊にもなる!
ごくごくたまに開いて読み返す。
それを、数年ぶりに最近読み返しているのだけど、いや我ながら本当に面白いし読み応えがある。
この頃が私の最後の青春だったと切に思う。
夢中で仕事に生き、休みの日は野山に鳥を見に行ったり友達とランチしておしゃべりしたり、
何気ない日常の中でひとつひとつ自然の美しさに感動し、恋をし、恋が叶い、恋を終わらせ、
生涯愛する人と巡り会い、やがて結婚する…。
全身全霊で生きていた自分。どんなことを考えて生きていたのか。
どれだけ仕事を愛していたか。そして職場からも必要とされていたか。
何に喜び、何に悲しみ、何に感動していたのか。
どんな友がいて、一緒にどんなものを見て、何をして、どう心を通わせていたか。
そういったことを思い出せるから、残しておいてよかった。
(自分の文章だけでなく、心を打たれた誰かの書き込みも一部残してあるのだけど、このSNSの途中からまちんちゃんと出会い、
まちんちゃんの書き込みが素敵だったり嬉しかったりで、多くを残してある…)

今日も数冊読みふけって、時間があっという間に経ってしまった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/10(水)】
*引っ越してきてまだ未開拓の方面を、歩いて散歩してみる。
紅茶葉専門店、珈琲豆専門店、曜日限定オープンの小さいカフェ、店主一人しかいないローカルな古本屋さん(ドアを開け放していて入りやすい)などをみつけた。
お花屋さん、美容室もたくさん。
この区内で一番美味しいと家族全員が思っているケーキ屋さんも、引っ越しによって近くなり、頑張れば歩いて行ける距離になった。
このケーキ屋さん、人気なのに駐車スペースが少なくて難儀していたけれど、これからは歩いて行けるのが嬉しい。

*海が学校のどこかで落としたハンカチを、ごそごそ探していたら隣の男の子が「どうしたの?」と聞いてくれて、わけを聞いたら
「そりゃ大変だ!」と大騒ぎし、クラスの子たちに声をかけて、帰りかけていたみんなが教室に戻ってきてくれて探してくれたらしい。
結局みつからなかったのだけど、隣の男の子は「また明日も探してあげるよ。きっと君のお母さんに知られたらものすごく怒られるから黙ってたほうがいいよ」と助言してくれたらしい(笑)
海は、「うちのお母さんそんなことで怒らないからだいじょうぶ」と言いかけたけど、せっかくその子がそう言ってくれたのだから気を悪くしないように言葉を呑み込んで、「わかった」と言ったらしい。
海はそういうところ、すごく大人。
そしてその男の子、優しいね。
クラスのみんなもありがとう。
(結局次の日、「お母さん、あのハンカチ体操服のズボンに入ってた」と持って帰ってきた)

*スイミング。
例の(4/26、そして4/30にバッタリ会った)Kくんママと隣に座って話す。
今日も「男の子というものは…」ばなしで盛り上がる。

Kくんママ:「Kは、この前宿題のプリントを、右半分しかやってなかったの。なんで右半分だけなの?こっち(左半分)は?って聞いたら、先生が右側だけでいいって言ってた!ってきっぱり。ホントかな~って思ったけど、子どもを信じなきゃ!って思ってそのまま提出させたの。そしたら次の日、こっち側もやりましょうと赤ペンで書かれて返されてきた(泣)」

Kくんママ:「持ち物とかもKに聞くとあやふやで、心配だから、いつも〇〇ちゃん(Kくんも海も幼稚園で一緒だった女の子)のママにラインで聞いてるのね、同じクラスだから。そうすると、『これとこれとこれを持って行くって言ってる』と初耳のことが判明したり、『宿題は何ページまで出てる』とか、正解が分かるの…。」
私:「分かる分かる!女の子ママに聞いて答え合わせするんだよね。私も雪のとき、Fちゃんちに聞いてた…」

ところで、Kくんちは、上にお嬢さんがいる。
落ち着きがあってしっかり者。

Kくんママ:「上の子(女の子)と同じクラスの男の子のお母さんが近所にいるの。そのお母さんからラインで『うちの息子がもう音読の宿題は出なくなったって言ってるけど本当?』とか『〇〇のプリントなんか配られていないって言ってるんだけど本当?』とか聞かれて、そのたび『いや、音読の宿題ずっと出てる』『そのプリントはだいぶ前に配られた』とか返事してたのね。それが、うちも下の子(男の子)が小学校に入って、まっったくおんなじことやってて、『ああ…ついにこっち側に来ちゃったか…』って思うの」

私:「うちは下が女の子なので逆に衝撃を受けるよ。女の子ってこんなにしっかりしてるんだ!って(笑)。時間割自分からやるし、忘れ物しないし」

Kくんママ:「忘れ物といえばね、Kは今年の3月にこのスイミングスクールに入ったんだけど、3回目か4回目でゴーグルをなくしたの。買ったばかりの新品のゴーグルを!…で、数週間待っても出てこないからもうあきらめてまた買い直したんだけど、念のために忘れ物ボックス(受付前にある)を来るたび確認してるんだけど、入っている忘れ物は9割方、男の子もの
私:「あー。黒いゴーグルとかね(笑)」
Kくんママ:「黒、黒、青。ピンクのゴーグル(女の子物)なんか1個もないの。あとは男の子の靴下、男の子水着、男の子の上着…」

ほんと、面白い。涙を流して笑った。

*夜ごはんは
かじきの塩麹漬け焼き、ポテトサラダ、茄子と油揚げのお味噌汁。
お味噌を変えたらすごく不評。
海は気を遣って「お味噌、なんかいつもと違う」という言い方。そして「残していい?」
雪も「この味はちょっと…」
主人なんか、「これあとどれくらい続くの?」と聞く。
3人から「今までのは美味しかった」と言われて、
私:「今までと言われても、今までもいろいろ変えてるんだよ。どれのこと?」
主人:「何も思わず飲んでいたから昨日までのは美味しかったんだと思う…」
私:「みんな美味しいときは何も言わないのに!どれが好きかわからないから色々変えてるのに!美味しいときは言ってよね!」

ちなみに昨日までのは「雪ちゃんの日本海」。
今回変えたのは(ごめんなさい)「歳月」。
翌日、フンドーキンの麦味噌(「無添加 あわせ味噌」)を買ってきて合わせ味噌にして出す。
もう、誰も何も言わず普通に飲んでいた。
たぶんうちは日本海とか、麦味噌とか、甘めのお味噌が好きなんだと思う。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/11(木)】
*小学校へ行き、林間学校の説明会。
後から来たWさんが「ここいい?」と私の隣に座ってくれた。
WさんちのKちゃん(女の子)と雪は小学校の同級生で家も近所で仲が良く、
時々一緒に遊んでいたのだけど(そして親同士は読み聞かせチームが一緒で仲良しに)、3年生の時におうちを買って引っ越していったのだ。
2年後に私たちがそのエリアに引っ越し!子どもたちの小学校も再び同じ!
お互い喜び合う。

*夜ごはんはOKストアで買ったプルコギビーフにピーマンと玉ねぎを足して。それからひじきと油揚げと人参の煮物。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/12(金)】
*テレビが壊れる。
電源が突然切れ、赤いランプが点滅する。
また点けると、少しして唐突に電源が切れる、の繰り返し。
パナソニックに修理依頼する。
点滅は何回ですか、と聞かれ「等間隔で3秒おきに点滅する」と答える。
それは1回点滅なんだそう。
何回点滅かで、どこが故障しているか分かるのだそうだ。
電話口のオペレーターが、延長保証(5年)も切れてしまっているのでおそらく高額修理になりますと申し訳なさそうにおっしゃる。
それは仕方ないし、買うよりは安いだろう。
明日見に来てくれることになった。

*雪が帰ってきて、すぐ友達と遊びに出かけ、海は5時まではまっ子。
私は雑用をするため前住んでいた家の方面へ行き、駐車場に駐車していると、ちょうどFちゃんが友達と帰ってきた。
「あ~~!!」と歓声を上げて、走ってくる。
慌てて窓を開けて顔を出し、「ごめん!私だけ!」と謝ると、雪が乗っていることを期待していたらしいFちゃんはがっくり地面に崩れ落ちた。
Fちゃん:「雪はまだ学校?」
私:「いや、もう帰ってきて友達と遊びに出掛けてるよ。今度連れてくるからね!」

*夜ごはんはさばの味噌煮、ひじきの煮物残り、デリのたまごポテマカサラダ。
にんにく以外は禁止食材解禁になったので、お味噌汁に久しぶりにねぎ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/13(土)】
*パナソニックの人が点検に来てくれる。
赤ランプ1回点滅は液晶の故障なのだそう。
そしてなんと、もうこの品番の液晶は工場生産していなくて、
正確には作っていた工場がなくなってしまい、次の工場を探しているところで、
"お客様をお待たせしてしまうのは申し訳ないから、「新品の同等商品と交換対応」をさせて頂くということでいかがでしょうか"という提案をされる。
液晶の部品代(と、出張料&技術料)のみで、新品のテレビに変えてくれるというのだ。
同等商品のカタログを見せてもらう。
本当は、広い家に引っ越したこともありテレビの液晶サイズを上げたいと思っていたのだけど、料金を追加するから上のサイズに交換…というわけにはいかないそうだ。
あくまでも「同等商品交換」しかできないという。まあ当たり前だね。
そのご提案を受け入れることにした。
火曜日に届けに来て、接続して見られるようにしてくれるそう。

*夜はカレーライス。グリーンサラダ添え。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/14(日)】
*朝は子どもたちのリクエストに応えてフレンチトースト。
メイプルシロップはダーク。写真にはないけど、小さめのボウルに入れたカレーやいんげんサラダも添えて。
e0374581_14352226.jpg
*地区センターに行って、海と私は図書館で読書。ついでに図書館カードの住所変更もした。
雪と主人は体育館でバドミントンをする。

*夜は二日目のカレーライス。
スーパーのお惣菜を見ていて美味しそうだと思ったサラダを再現してみる。
レタス、かにかま、きゅうり、蒸したかぼちゃをキューブ状に切ったもの。
美味しかった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/15(月)】
*雑用&買い出しのために前住んでいたところの駐車場に停めて、歩きで色々回る。
M弥さんをみつけ、「M弥さん!」と腕を広げると、目を真ん丸にしたM弥さんがハグしてくる。
仕事中で、役所へ向かうところだと言う。
おうちを完全に片付けたら、M弥さんを迎えに来る(M弥さん、運転できないので)約束をしている。
待っててね、あと少し…。まだ家具も照明も完全には揃っていないので…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【5/16(火)】
*夜ごはんはやみつきカフェ丼
豚肉と玉ねぎを甘辛く炒め、千切りキャベツ→マヨネーズ→豚&玉ねぎの順でごはんの上に乗せ、半熟茹で卵をトッピングするもの。

海:「お母さん今日の夜ごはんなに?」
私:「豚玉丼」
海:「豚の王様なの?」
私:「なんで?」
海:「ぶたさまどんって」


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

長いダイアリーでした!
読んでくださった方ありがとう!
もう、長すぎるのではしょってはしょって10行ぐらいにまとめようかと思って書き始めたら、
結局ほとんど全部を書き出していました。
これからは、溜めずにちょこちょこと…書いていきたいです…
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafe on the Hillにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


[PR]
トラックバックURL : http://ruricafe2.exblog.jp/tb/25782070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Ruri at 2017-05-18 20:27 x
*さっき非公開コメントをくれたお友達へ*

読んだよ!
夕飯後にお返事を書こうと思っていたら、どうやら考え直して消してしまったのね。
消さなくていいのに!
嬉しかったよ。
コメントをくれたことも、頑張っている貴方の近況が分かったことも。
またいつでも、非公開でいいからコメント欄で近況を知らせてください。
単純に言えば、生きていることが分かるだけでも私には大切なことです。

これまでも、あれからも、たくさん大変なことがあったんだね。
ひとつひとつに慰めの言葉をかけたいけれど、たくさんあり過ぎて、そしてここでは書けないね。

弱り目にたたり目が残酷に思えることもあるけれど、苦労したぶんいいことがある世界だと、やっぱり私は信じてる。
試練ばかりの世界だとはどうしても思えなくて。
貴方には、これからただただ幸せばかり訪れるよう、全力で願います。
Commented at 2017-05-18 20:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-05-18 21:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Ruri at 2017-05-18 21:27 x
*非公開コメントをくれたお友達へ*

再度コメントしてくれてありがとう。
私から見ても、今の貴方が今までで一番幸せそうです。
数年前の激動期からは考えられないぐらい。
本当に良かった。
穏やかに、ひたひたと幸せを感じられる生活っていいよね。
お掃除やお料理、楽しんで頑張ってね!
Commented by kiko at 2017-05-22 10:58 x
Ruriさん、遅ればせながらお引越しおめでとうございます!!
海が見えるおうちなんて、最高ですね・・。おうらやましい。

海ちゃんが、GWに買ってもらっていたお菓子、うちも娘がおじいちゃんに帰省中に買ってもらっていてちょっと笑ってしまいました。普段、買えないやつ・・。(笑)
で、机をびちょびちょにして苦労して作り上げたあげく、おいしくなくて「もう買わない・・」と。
内心、だよね、と思いましたが、これも勉強ですよね。一度やればわかることなので。

息子は、よく夫に「話、聞いてんのか~!!」と叱られてます。上の空というか、会話が成立しないというか。で、「え?」とまた聞き返してしまって余計地雷踏むという悪循環です。
来年小学校に上がったら、しっかり者のお友達のお母さんを同じクラスの中で確保しないと・・。(汗)
Commented by Ruri at 2017-05-22 15:41 x
*kikoちゃん*

同じく「人の話が上の空」な雪の最新話が、最新日記(次の日記)にありますよ(笑)

引越し、我が家もようやくです。
県にこだわらずあちこち探してましたが結局横浜に落ち着きました。
っていうか、車で10分の距離に動いただけ…
住み慣れた街は愛着があるし、安心感がありますね。

「たのしいケーキやさん」、いつも「それはダメ!」って言っている高額お菓子でした。
こういう時、ここぞとばかりに(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by ruricafeonthehill | 2017-05-18 15:36 | Daily Diary | Trackback | Comments(6)